もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

安全

年度末工期って品質には?

今年は晴れと雨が3日ごとにやってくる転機となっていますが、工事現場では最後の仕上げ(路床)ができずにもう1か月も何もできていない現場もあります。

「冬だから仕方がないよ」といえばそうなりますが、オイラも2,3月に雨が降って路床をもう一度掘削して、濡れていない地山を切って路床を作ったことがあります。役所では見てもらえない工事となりますが、工期や人件費を考えるとやむを得ないこともありますね。


昔みたいに「公共工事が何が何でも3月末にすべて終わり」というものが、年度をまたいだ工事も増えて事故の減少や人員配置が楽になってきました。


考え方ですが、道路など雨や気候の悪い時を工期にするのって、「悪いものを作れ」っていうようなものですよね。最後の仕上げは気候の良い春、秋にするなど頭を柔軟にして公共工事を発注してくれれば良い気がしますね。(笑)

取り戻せない時間と命

GWに予定していたことが出来なかったもぐらです。
”休み!”と有れば、あれもしたい!これもやりたい!と思っただけで
どれも実行できませんでした。(何故なんだ??)
本人も何でこんなに早く休みが過ぎたのか原因不明です。

ともあれ、公共工事においては本格的に工事が進む時期となりました。
以前も書きましたが、時間は取り戻せない物
スタート時の時間を有効に使わないと、後でとんでもないことになってしまいます。

このとんでもないことが起こった事例を今日は書きましょう。

このGWの始まりに、一つの事故が起きました。
この現場は、工事着手時に設計変更や用地の調整等でスタートがだいぶん
遅くなったと聞いています。

工期は2年近くあり、長いものですが、実際に工事を行うに当たり、工程を
組んでみればそれが適正であるかどうかは判断できるものです。
最初の時間ロスで工程が厳しいと聞いていました。

では工事を早く進めるためには何をすれば良いか?
手っ取り早いのが、危険な作業をして工程を進めることです。

その為かこの現場ではGW前に人の命がなくなりました。
事故が起こったということは危険作業をしていた証拠です。

工事はストップ。何の為に工程を縮めていたのか分かりません。

こんなことブログに書くべきことではないのかもしれませんが、
一部の人にでもこれから安全の重要さを今一度思い出して
いただきたかった為です。

工事は生き物、途中で何が起こるか分からないものです。
そのためにも早くスタートをしないといけないのです。
もちろん計画の手順を踏んでからですよ!

時間と命は取り戻せない!  です。






もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ