もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

安田小学校

今年のユキワリイチゲは

今日は地域のブログでございます。
ここ近年オイラの地域でユキワリイチゲを観光する人が増えてきました。
今年は例年より寒い日が多く、今が見時となりました。昨年の記事を見たら2/23日に書いていましたね。
もう咲いてはいましたが、開花の数が少くいつ記事を書こううかなーと思いながら晴れが無く写真が撮れませんでした。

yukiwari1-

この地のユキワリイチゲの群生は基盤が岩盤ということもあり、花弁(額)が白いということ。この白さが特色です。
201203100382-
この県北の観光ツアーなどがあるようで、先日は観光バス3台で訪れた団体さんもありました。
setubun-
子の対岸にはセツブンソウの群生も。非常に小さな花ですが、このように写真を撮ることで、肉眼で見るよりきれいな花を見ることができます。
201203100405-
地べたに座り込んで写真を撮っている人が多いですね。

昨年から始まったこの地の小学校での課外活動。『こども自然ガイド』
annai-
小学生がユキワリイチゲやその周辺にある山野草を名前の由来や特色などをガイドしてくれます。
まだ大人顔負けの知識を教えてくれます。まだ、学校授業だけの活動ですが、先日は観光に来られた人へ話をする機会がありました。

今が見頃ですので、晴れた日にぜひお越しください。花弁がいっぱいに開いています。
場所:広島県三次市吉舎町安田

地図画像
        atizu.jpg

学校・企業のイメージアップ

今日何気なく地域の小学校のホームページを見ていて気付いたこと。
「昔の小学校の先生には、こんな仕事はなかったんだよなー」と。
 
以前は地域と一体化! でしたが、今は日本国内(世界)に発信する広告を作らなければならないんだなーと。
以前は学校には子供人数が多く、比較的地域へは学校の情報が広がっていたものです。
でも最近は案内や、地域情報かわら版、HPなどいろんな情報を出しても確実には伝わらないことが多くなっています。

これ、「情報が多すぎる」 せいなんでしょうね。

昔は情報を受け止めるときちんと頭に入るだけの情報しかなかったと思いますが、最近は飽和状態。
いい情報を聞いてもなかなか食指が動きませんよね。
でも自分がほしい情報はググっても探し出すんですがね〜、。

でも今回とても楽しみにしている情報が出ていました。
 
広島ガスさんの好意によって10/4 三次市立安田小学校にて「サイエンスショー(燃料電池実験)」が開催されることになりました。(以前の開催模様

科学研究が熱心なこの学校では、アルミホイールと備長炭で乾電池作りや筑波大学の講師などを招いて、子供たちが知りたい「不思議!」を解明することが多いような気がします。

学校行事・企業のイメージアップも多様化となりますが、”うわさ”になるようなことにしないと良い情報は伝わらないでしょうね。
広島ガス チームグルービーさん、期待していますよ。(チームの人が女性だからではありませんよ(爆))

H22年学習発表会

先週この地区にある小学校で学習発表会が有りました。
とても人数の少ない学校なのですが、体育館にいっぱいの声を出して行われました。

研究発表.jpg

歌・演劇などは学習発表会でよく行われているのですが、この学校では、1年生からステージの上に立ち研究発表を行っています。
広島県内の小学校で唯一理科系の教育を推進している学校で、長期にわたり研究している成果などをこの場で地区の人に発表します。

2年前にはこの地に生息している「ダルマガエル」の研究が認められ、東京であった『全国野生生物保護実績発表大会』に出場しています。
そのときの記事
各学年生物、動物などの研究を発表し、大人でもびっくりするような観察をしており、自然を守るためには動物の生態を知り、守ることも大切だと感じさせられました。
子供.jpg 村人.jpg 閉幕.jpg
劇も一風変わっており、この地に伝えられている話を題材にし、大人でも知らないこの地の昔話を披露しています。
今年は「熊崎山」と呼ばれていた地名が言い伝えられている本を題材にし、演劇が行われましたが、子供たちはノリノリ。はっきりとして劇団員かも思うぐらいでした。(笑)
これに負けずと保護者と先生とでこんな出し物も。
ボディーパーカッション.jpg バンブーダンス.jpg 演奏.jpg
ボデーパーカッションやバンブーダンス、オイル缶やペットボトル・竹を使った演奏など今年も盛りだくさんの出し物を行いました。
もちろん毎週学校に集まり練習を行うのですが、これがいいのですよね〜。保護者同士や先生との交流が出来、いつも「全体会議」ですね。(笑)
オイラは・・・撮影隊ですね。出ても音感の悪さにみんなに怒られるかも。(笑)

カエル探し

我が家の稲刈りも終了し、ほっとしています。毎年突風や台風などで稲が倒れてしまうので心配するのですが、今年は・・・雨も強風も少なかったです〜ね。その分暑かったですけれど。

そんな稲刈りをしている田んぼに捜索隊が来ました。

カエル捕り.jpg
玉網を片手に稲を刈ったところを探索しています。
捕まえたのはこれ

カエル.jpg

カエルの調査ですね。この地には「ダルマガエル」と言って絶滅危惧種のカエルが生息しており、小学校で生態の調査や研究をしています。
一昨年には東京で行われる『全国野生生物保護実績発表大会』に出場し、特色の有る小学校を実践してきました。
ダルマガエル.jpg
トノサマガエルによく似ていますが、背中に筋が無くて短足です。
この田では生息が確認されませんでしたが、周辺の田んぼを毎年調査し、ナゼ絶滅の危機に有るのか・・を調べています。
このカエルが住める地を色々と探索しています。

全国野生生物保護実績発表大会

東京であった『全国野生生物保護実績発表大会』へ参加した記事の続編です。

このたびは中央合同庁舎で行われたのですが、内閣府と厚生労働省(社会保険庁)と
環境省が同じ入口となり、厳戒態勢の入口を突破しなければならず、子供たちも荷物
検査と身体検査をされました。(笑)

 0812010050-.jpg  P1010010.JPG

初めての体験かうれしそうに身構える子供もおり、発表前の緊張が少しは和らいだ??
かも。(笑)

       0812010061-.jpg

会場に入ると、ど〜んとステージの上に幕が張ってあり、発表を前にした人には
緊張を誘うものでと思いました。

主催者からの挨拶や審査員の紹介があり、この大会の大きさに気付かされる
思いいでした。
  
  主催:環境省・(財)日本鳥類保護連盟
  後援:文部科学省・林野庁

そして発表校は
  山形県   南陽市立小滝小学校
  東京都   多摩市立南豊ヶ丘小学校
  新潟県   佐渡市立行谷小学校
  広島県   三次市立安田小学校
  鹿児島県  薩摩川内市立藺牟田小学校
  沖縄県   名護市立屋我地中学校
  埼玉県   県立松山高等学校
  千葉県   県立茂原樟陽高等学校
  岐阜県   県立岐阜高等学校
  兵庫県   姫路市立姫路高等学校

上記の10校でしたが、ほんと、全国から集合されていましたね。

午前は小学生の部。午後は中学高校生の発表の順で行われました。

    0812010066-.jpg

オイラの住んでいる学校の発表となりましたが、見ているだけで緊張しますね。
後で子供たちに聞いたのですが、凛として発表していたと見えても、
「前に立った瞬間に真白になってた!」「今ならもっとはっきりと言えたのに!」
と、子供たちは終わった後に自己反省をしていました。
でも、問題なく今まで以上にしっかりと発表は出来ていました。

終りに各賞が発表され、 『(財)日本鳥類保護連盟会長賞』 を受賞することができました。

どこの学校も素晴らしい発表で、環境について考えさせられる思いでした。

オイラも一応建設業の側なので 『環境と両立が出来ないものか?』と耳を傾けて
聞いていますと、人間の作ったものは生物には住みにくく成っていますが、がんばって
生き延びている生物もいます。と発表されていた学校がありました。

しかし、一番良いのは自然のまま。
人間が住みやすく、生物も住みやすい土木設計が望まれますね。

たとえば  「水たまりがある」

土木では測量ミスか施工ミスと思われるものの、環境生物的には大切なものであることを
知らされました。
つまり、水があるあるところには生物も住めることですかね。

小学生ながらこんな大きな大会に出て、人前で発表することなどなかなかできることでは
無いのですが、とても良い体験をさせていただきました。
これを糧にして、もっと伸びていける子どもになってくれることを楽しみにしています。

みよし環境フェスタ2008

秋の気持ち良い気候であるためか、毎週のように各地でイベントが
催されていますね。
昨日は『みよし環境フェスタ2008』に参加するために三次環境クリーンセンターへ
行ってきました。

昨年も開催されたようなのですが、初めて参加させていただきました。
(昨年の様子)

三次環境クリーンセンターとは市内のリサイクルとゴミの処理場を兼ねた施設で
昨日はどんな状況で家庭のごみなどを処理しているのかを見学せきます。
そのほか楽しいイベントや、排出されていた自転車(約30台)などをきれいにして、
抽選会で当たればもらって帰ることがイベントもありました。

実はこのイベントに参加したには理由がありまして、オイラの地域で環境対策を
行っていることが三次市の大賞に選ばれまして、地域振興会の方々が表彰を、
小学校生徒が環境についての実践発表をするため、生徒保護者として参加して
きました。

      みよし環境フェスタ.jpg

オイラの地域に生息している『ダルマガエル』が絶滅危機にあることで保護をする
地域振興会を中心とした地域の取り組み。そして何故絶滅危機に陥っているのか
ダルマガエルの生態調査を小学校で実験・研究をしていることが認められて
この場で発表をすることとなりました。

  だるまがえる.jpg (ダルマガエル)

小学校5,6年生10人と先生で実験・研究結果をまとめて発表を行いました、が保護者で
あるオイラは初めてこの発表を聞きましたが、「なるほど、ここまで研究していたのか」
と、学校での取り組みに感心しました。

昨日は屋外での発表であるため、「めくり」で絵や写真を表示していましたが、
通常はプロジェクターではっきりと絵やグラフを見ながら発表をしていきます。

この発表は三次市だけでは終わらなくなってしまいました。
今年の12月上旬にある

 『全国野生生物保護実績発表会』
    (東京都千代田区霞が関 中央合同庁舎(環境省))

に、全国で10校に中に選ばれまして東京に行くことが先日決まりました。

田舎の学校ですが地域挙げての取り組みを発表してきます。

どんな学校かは、こちらからどうぞ見てやってください。

カヌー教室(土曜学級)

夏休みが終わり、子どもにとっては待ちに待った週末ではないでしょうか?

本日はオイラの子どもの通っている小学校では、”夏のくらし発表”という
夏休みの自由研究や工作の発表がありました。
オイラが小さい頃から毎年行っていましたが、最近は生徒数が減って
1年から6年まで合同で行われます。もちろん地域の方々も一緒に
発表を聞くわけです。

先日紹介した工作も発表となっていましたが、夏休みに学校で自由研究を
グループで(2人ずつ:笑)行っているものを発表もしていました。

     s-20080906505.jpg

最後に校長のお話で「今年は課題をもって発表に取り組んでいます」
と言われ、わかりやすく話す、要点をまとめて話す、1分以内に相手に判るように
説明する、など学年ごとで取り組みがあり、よい発表でした。

さて、発表のあとは”土曜学級”といわれる全校のPTCを行いました。
今年は・・・・

カヌー教室!!

広島市の廿日市から知り合いの方にお願いして、山奥の小学校に来て
いただきました。 で、どこでカヌーを行ったか?

ここです。

   s-20080906534.jpg

もう、プール授業が終わり来年を待つばかりでなく、もうひとつ行事が入りました。

少々狭いのですが、初心者の子どもが練習するには恐怖心が少なく1年生も
問題なしに行えました。

s-20080906510.jpg  s-20080906512.jpg

先生のお話を聞き、パドルでの漕ぎ方を勉強し準備運動を。

s-20080906518.jpg  s-20080906520.jpg

浅いプールで漕ぐ練習をして、さて本番です。

最初のうちはなかなかまっすぐには進めないようでしたが、練習しているうちに
プールでは物足らなくなっていました。(笑)

毎年いろんなことに挑戦している土曜学級ですが、来年はどんなことができるか
わくわくものです。

みんなで止めよう温暖化

本日は6月6日とぞろ目となった日は建設ブロの日と1年前に決まり1周年記念
となりました。そこで来月から洞爺湖サミットが始まり、環境について注目が集まって
います。なら、オイラたちのブログにお越しいただいている人たちにも声かけて
相乗効果が出ればと先月から募集していましたが、本日がその日となりました。

     300x70

この温暖化防止活動はメディアで大きく報道されたりしているので誰もが認識が
有ると思いますが、実は非常に難しい問題そして大きな問題なわけなんですよね。

それは 効果が目に見えない からです。

結果の見えない目標・到達点にみんなで向かっていくことの難しさ。
今の意識を長期に渡り持続させていかないと、結果には結びつかないのですよね。

そこでオイラの住んでいる地域での活動を紹介しましょう。

学校版環境ISO

これは何かというと、市内の小中学校で 
『自分たちは環境保全について取り組みます!!』
と、宣言する学校を認定して、学校内とその地域で環境保全に取組むものです。

昨年度までに6校が、 ”キックオフ宣言”をしてリサイクルや資源の保持、そして
生物などを通して環境保全を子供の頃から取組むことを始めています。

特に目に見えてこない環境でも、絶滅の危機にさらされている生物を学校で飼育
観察していくことで、意識を保持している学校もあります。(オイラの地域の小学校)

ちょっと紹介をすると 広島県には今はこの地域にしか生殖していない 
ダルマガエルを学校の田んぼなどで、飼育しています。

   ダルマガエル.jpg

一時期は数十匹まで減少しましたが、地域で繁殖環境つくりなどを行った結果
今は数百匹(数千匹?)まで増えています。
(繁殖用の場所として地域で作ったもっと大きな田んぼがあります)

今年はこの小学校の田んぼの中で冬眠して、春には何匹かは顔を覗かせてきました。


オイラの町では更なる環境の取り組みとして

家庭版環境ISO(ファミリーISO)の認定制度を行っています。

これは家族一人ひとりが目標を定めて、市に認定してもらいます。
それを3ヶ月ごとに活動結果報告を提出するものです。

オイラの家でももちろん認定は受けていますよ。
ちなみにオイラの宣言していることは
「燃費計が着いている車で、省燃費を目指します!」
まずは、軽く。もしかしたら本物のISOのように目標の進化が必要なら
大変なのでまずはこの辺りで(笑)

まだまだ長〜い活動になるので、まずは無理なく自分たちで温暖化防止を
行えることを考えて行きましょう。

防犯に備えて

地域ぐるみでの防犯活動はいろいろとあると思います。

昨日書いた「防犯ベルは犯罪が起こって使用する」

道具です。

それでは遅いですよね。そこでオイラの地区では写真の

ようなカードを車に張っています。

見守りカード

 

 

 

 

続きを読む
もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ