もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

対処

熱中症とは

建設現場で今一番恐ろしい災害は・・・・・  熱中症!

今頃朝から暑い日差しがあって、仕事を行うにも汗だくになってしまいますよね。
だから水分補給と休憩をして体力を温存しなければこの夏は越せないでしょうね。

症状は目が回って、吐き気がする。まるで車酔いをした感じでしょうか。
それとけいれんが起こってくるなど体が思うように動かなくなります。

しかしこの熱中症はある時突然やってくるのですよね。
たとえ内業をやっている時でも体内に熱がこもっていれば、日差しにあたって
いなくても熱中症になってしまうのです。
つまりエアコンをつけずに我慢して内業をやっていても起こりうるのです。

もうひとつ、お酒を飲みすぎて汗だくになって寝ていても起こりうるのです。

ではどうすれば防げるのか・・・・

ストレスと溜めずにあ酒も控え目に涼しいところで仕事をする・・・??

こんなことできるわけないですよね〜(特にお酒は:笑)

ひとつ言えることはこんな時は首筋を冷やし、神経を復活させてやることでしょう。
現場でも手軽にできますよ。
子供など熱を出したときなどに”おでこ”に貼る、「冷えピタ」など。
首筋に張っておくだけで熱を取ってくれるでしょう。(過信はだめですよ)

皆さん夏を頑張って乗り越えましょうね! 

親の連携

先日は子どもの小学校で学習発表会の準備に行ってきました。

準備といっても大道具・小道具を準備するのではなくオイラたち

(保護者と先生)の出し物の準備です。

 

続きを読む
もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ