もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

携帯電話

携帯電話の事情

先日に続き安くインターネット環境・通信を確保する方法を考えています、もぐらです。
(そんなこと考えている暇があったら仕事をしろと現場の人から突っ込まれそう・・)


image  image  image


今年になってキャッシュバックは無しとか実質0円は無しとかいろんな料金改正やキャンペーンが飛び交って余計に煩雑化してきた感じがします。


「通話料金を安くしました!」と掲載されるも、「パケット通信は○GB以上でないと適用でありません」といことでよく考えておかないと結果高くなってしまうこともあるようになりました。

各社あの手この手と頑張って営業してあるのですが、携帯電話が発売され出した頃は”高根の花”または”贅沢もの”でしたが、近年では公衆電話の消滅化や、人口減少やお年寄りの一人生活が増え、生活の必需品ともいえるようになりました。


オイラが建設会社に入ったのがかれこれ25年前。初任給はその当時と変わっていないのが現状でしょう。その当時と変わったことといえばこの電話の携帯が必要になったという事。宿舎にはインターネット環境と携帯電話を装備していたら月に約12000円程度の通信費の出費。年間約15万円が通信費で飛んでいくことになります。高校卒の初任給ぐらいですかね。


そのうえ車の価格は安全装置などで高くなる一方で、若者の貧困化が進む環境が揃ってきました。(笑)
でも、年間15万円で”人とのつながり”を作っていることは確かで、この対価に合っているかどうかは個人それぞれでしょう。


ここで携帯電話や通信コースを選ぶにあたりひとつヒントを


 携帯電話会社が料金の掲載する方法は

 

   支払い料金 = 分割金額掲載 (一日当たり○○円 や 月々○○○○円)

  

 大きな金額を見せない方法


   割引料金  = 合計金額掲載 (まとめて○万円 や ○年で○万円)


これは各社同じ方式の広告なのですが、良く計算して決めてください。

オイラは2年間を基本にして2年間支払う 

 機種の購入金 + 月々の料金 + 月々割引 + 購入店のポイント

で計算しています。

image


セコイ話となりましたが、知らなければ損をする時代です。今の料金体制では2年ごとに上手に機種交換するほうがお得でしょうね。
ま、オイラはこれに”格安SIM”も混ぜて考えていましてまだ煩雑ですわ。(笑)

インターネット環境を作る

本日はつぶやきなもので、文字が多くなりますので時間が少ない方は飛ばしてお読みください。

昨日は近所の娘さんが「調べものがあるからインターネットを使わせて」と言って事務所に来ていました。
彼女は大学生で、今は帰省しているだけですが、大学のアパートにはインターネット環境が無いそうだ。
そこでおせっかいもののオイラは、スマートフォンをWiFi環境にしてノートPCをインターネットを使えるように設定しようと考えたのですが・・・・。
そう、このおせっかいが大変な一日の始まりであった。

まずは「どんな契約になっているかドコモの請求書を見せて」とおかあさんに相談すると・・・・
おかあさん「見たらすぐにゴミ箱に入れるから全くなんですよ」
もぐら「じゃ、契約書などは?」
お「それも無い」
とりあえずFOMA契約であることはわかった。

テザリング機能を使うには、まずはXi(クロッシー)契約にしておかないと通信費だけでも9000円に跳ね上がってしまいますのでそこは避けたい。
とりあえずドコモに連絡をして契約内容を聞き、Xiに契約変更をお願いしてみると
「Xi契約は店頭でないとできません」と来た。

しかたがない。そのことをお母さんに話をすると夕方にお店まで付いてきてほしいと。
乗りかかった船ということで承諾したのだが、とりあえずノートPCを設定しようと開いてみますと・・・
2013-08-22 06.08.57
Windows Vistaであるが、今までアップデートもなにもしていない状態。そして・・・・ウィルスソフトも入っていないときた。
ひたすらアップデートやデフラグ、ウィルスソフトのインストールなどこれは夜まで続いた。

夕方になり30分車で走ってお店に。
まずは機種変更をしてXiにする検討。 このスマホは買ってまだ8カ月。Xiにする時点で「毎月割」が無くなり高くなると。
なのであっさりと機種変更の方がお得な場合もある。
そして説明の中で新契約にした場合は 「7GB 」 を超えると通信速度が遅くなりますよ、と言われ
もぐら「では先月の通信パケット量を教えてください」

すると・・・・

「お客さま、先月は11GBご使用されています。このままでは通信制限を超えますので、タブレットもご一緒にどうですか?」
と来たものだ。

すかさずその子に
「11GBも何使っているんだ!!動画か? やめなさい。せめて7GBまでにしなさい!」
と説教に。
「でもひとり生活で、テレビもあまり見れないし・・・・今の生活をやめたくない・・・」
おじさんは困り果ててしまいまして店員さんに
「すみません今までの話はなかったことに。また検討してきます・・・」
結局FOMAのまま使って使い、大学のインターネットでの調べ物などは学校や人のところでやることに。
その子にとってはまずは自分の生活を守ることが一番になってしまいました。

こんなところで引っかかってしまうとは・・・。今日一日いらぬお節介で自滅してしまいました。
ある意味その子の”素性調査”をやっただけとなり悪かったかなーという気持ちです。

でも・・・・娘がいないオイラにとってはちょっと嬉しかったのもありましたわ。(笑)

携帯電話でのフィルタリング

このたび携帯電話の問題が久々に出てきたのですが、「学生の携帯電話・パソコン・インターネットのあつかい」。

手軽に出来る携帯電話からのプロフやブログ。”書き込む内容が適切でなかった”と言う問題であるが、「家庭での責任で」、とか「使わせない方が良い」などいろんな意見が有ると思う。
オイラの考えは「危険を知って安全な使い方をする」である。
では”危険である”事をどうやって知らせればよいのか?ここは難しいでね。我が家で実行していることはありますが、はたして全家庭で出来るかというと難しいかも。
高校生の立ち位置を”陸地”とすれば社会人は”海原”。そして大学・専門学校生は”海が見える陸”。
陸地はまだ安全地帯であるが、海原に出ると危険がいっぱいというたとえであるが、携帯電話を持つことでいきなり危険がいっぱいある地帯が有るのである。
問題が起こる = 携帯電話を持たせる前に”海を見せに行ったのか?” とオイラは言いたい。

でも”この海”が曲者で、親はこの海を見に行ったことが無いときた。 そりゃそうだろう、8割〜9割が女子高生が使っている” プロフ ”にオヤジが入っちゃまずいだろう。(笑)

でもオイラの家では「オヤジフィルタリング」なるものをかけているのだ。(今はパソコンのみ)
どんなものかって? それは「おまえたちがどんなホームページを見たか、全部父ちゃんは調べることが出来るからな!」と。言い聞かせている。
子どもたちは「エーそんなことできるの? でも父ちゃんならやってしまいそう!」と信用している。
でもパソコンの履歴を調べると簡単に調べることは確かです。(最初のころは時たまチェックしていました)
携帯電話も「携帯電話を持たすに当たり、1カ月に1度チェックをする」という言葉を最初にしておくことも大切です。(途中からは嫌がるに決まっていますから)
などの我が家ではしばらくの間は”使い方講習で携帯電話を覗く”や”契約パスワードを教えない”などと、どんな使い方をしているかを見ています。

「10代のネット利用を追う」    (安全・危険を教えている様子)

事前に海を見せに行くことも大切ですが、一緒に海に行くことでも良いかもしれませんね。

通信料金は高い?

通信料金。計算するとびっくりするぐらい使っていないでしょうか?
固定電話料金、携帯電話料金(家族全員)、インターネット契約料金、プロバイダー料金、テレビ受信料・・・など
皆さんは1年間通して計算したことが有りますか? おそらくびっくりする金額になると思います。

おそらく1〜2か月の給料分を使っていることになっていると思いますよ。

若手の会社社員に「車と携帯電話はどっちが欲しい」とちょっと聞いてみると
「車は持たなくてもいいが携帯電話は絶対にいる!」

オイラが若かったころは携帯電話という選択肢は無かったが車は絶対持ちたいという願望は大きかったです。
「いつかはクライン」といういつかは高級車に乗ろう、というトヨタのキャッチコピーですが”車=高級車がほしい”という図式が有ったから車が欲しかったのであろう。
でも最近は”車=移動 する手段”の感覚が大きくなったのではと思う。

価値観

個人なりにその時その時で価値観が変わっていくものであるが、”携帯電話=通信・情報を得る道具”として生活用具の一つになってしまったのでしょう。
なので車の購入は生活コストに見合っているか? と聞くとそれは無いであろう。
これと同じく携帯電話も生活に見合った金額を使っているか? と聞くとそれも無いであろう。

つまり發ぜ屬鯒磴ぐ飮していくお金と,携帯電話の發つ命料を払っているのは同じことになっているのだと。

しかし・・・両方を持つ今日。生活するのに結構苦しくないですか?(苦笑)

携帯電話のアドレス管理 ― datalinl

携帯電話のアドレスが年末に消えてしまい、復旧作業を行っていましたが、昨日それなりに終わりました。
(やっぱり消えた電話番号は出ませんので)

で、先日から使っているのはパソコンで電話帳などを一括整理できるソフトです。
以前は市販のソフトを使っていましたが、年々携帯電話の機種が多くなって対応できなくなっていました。
そこで今回使ってみたのがドコモの付属ソフト「datalink」です。

datalink ダウンロードページ  (無料)

aホーム.jpg

以前から知ってはいたけれど、今回初めて使ってみました。

事前に携帯電話とパソコン(USB)につなぐケーブルの用意が必要です。(1000円ぐらいですね)

a読み込み.jpg

まず携帯電話本体から、情報を読み取ってきます。

a電話帳.jpg 

オイラのアドレスを整理していると・・・「誰?この人?」 と、近年つきあいが無い人の名前があり、”こんなの削除じゃ!!”と独り言を発生しながら編集していました。(笑)

aスケジュール.jpg

このほかにも携帯電話内のスケジュール管理も簡単にできましね。
メールの送受信データも取り込めば、スケジュール表からメールの確認も出来ます。

音楽・データなども直接入れることが出来、数年整理していない携帯電話には便利なソフトでしょう。
オイラは今回いつも出先で携帯電話に入れていない住所録をExcelからPDF変換して、携帯電話に入れました。

携帯電話でPDFファイルを開くと、きっちりと読み取れ、これで300件overの住所録を持って歩くことが出来るようになりました。
応用ですが、現場の発注図面や必要なデータをすべてPDFにして携帯電話に入れて持ち歩くことが可能です。

申し訳ありませんが他社携帯電話会社についての情報はかけませんのであしからず。

いつも持ち歩いている携帯電話。 仕事の無駄時間を減らすことに一役買ってくれそうですね。

携帯電話がつながらないときはお試しを!

現場に行っていたら、何かと携帯電話がつながらないところが多くて困っている人が多いこと。
「携帯電話がつながらないから会社・発注者から連絡が無くて清々しているよ!」と言う人も時たま。(笑)
オイラもその手のアイテムを持っているもののいつも持ち歩いていないので、長時間電波の届かない地域にいるときは、いつも気になってしかたがありません。

そんな現場に居る方に 「携帯電話の室内アンテナがあるの知っています?」と、話すと、 「そんなものがあるの?」とだいたいびっくりされます。


FOMA用室内アンテナ docomo     ケータイウエーブスプリッターau専用 au

SoftBank 室内アンテナ ソフトバンク    ワンセグ用



オイラは上にあるdocomoのアンテナを使っていますが、受信強さ表示が”0〜1本”の場合、3本をキープしてくれるようになります。
メーカーからいろいろと出ていますので、お試しを。

携帯電話に音楽を転送

この週末はちょっとのんびりとパソコンを使ってみました。
「携帯電話に音楽を入れる」
これまで何度かいろんなソフトでやっていましたが、今回はWindows Media Playerを使ってみました。

(仕事人には音楽は必要だ!:爆)

はてさて、自分に興味がないことはあまり深く掘り下げていないオイラは、音楽のファイル形式がどのように入れればよいのか???なわけです。

しかし携帯電話に音楽を送信するにしても、いろんな方法があるのですね。(おじさんびっくり:笑)

でもここを見てやったら簡単にできますね。(実はここは後から気付きました)

今回はWindows Media Playerを使うので、事前に音楽ファイル形式を「WMA」形式にしておきます。

Windows Media Playerの10以降のバージョンではこのような画面になります。そこで上の”同期”タブ”を選択します。
操作方法3 手順3のイメージ

携帯電話の通信モードを「MTPモード」にして専用USBケーブルでつなぎます。

すると「新しいハードウェアの検出」が、ありますので携帯電話についているCDを入れます。

何度か認識しますのですべて終わると左側に自分の携帯電話の機種名が現れます。

その自分の機種部分をクリックした状態で右側のこの部分に  同期-.jpg 

音楽をドラッグアンドドロップして、”同期の開始”ボタンを押すと、転送ができます。

操作方法3 手順4のイメージ


そして携帯電話内の不要な音楽や入れ替えもWindows Media Playerからできますね。

時代遅れな記事を書くかもしてませんが、やったことのない作業はちょっとくたびれましたね。(笑)

AutoCadファイルを携帯電話で取り扱うには

最近ちっちゃなパソコンが家電で売られているのをよく見かけますよね。

インターネット加入でパソコンは100円!! と張り紙がされていればついつい見入ってしまいますよね。

「こんな小さなパソコンがあれば、外交するときにも便利だな〜、それとインターネットができればもっと便利かな〜」と考えてしまいますね。
オイラも外出しているときにデータを送りたいことがいつもあります。

現場によってはインターネットを接続していない現場事務所などもありまして、このご時世ですから、発注者から
「ちょっと〇〇箇所の図面を送ってくれませんか?」 と言われたりもするでしょう。

そんな方に携帯電話から図面データが送れます ので、紹介します。

※オイラは”docomo携帯”ですので、他社・機種によっては操作が違うことがあります。
  機種はP704(2年前の機種)です。

  携帯 1.jpg

まずパソコンから携帯電話のmicroSDカードにデータを入れる手順から行きます。

    Autocadファイル.jpg

microSDカード内のOTHER”AutoCadファイル 横断図”をコピーします。
  ※OTHERフォルダが無い人は、一度パソコンからデータを送って、受信したデータをフォルダに保存してみてください。
  OTHERフォルダではなく違うフォルダに保存されるようであれば、そちらにコピーしてください。

microSDカードを携帯電話に入れ替えまして、”メールの添付ファイル”の時に先ほどの”OTHER=そのた”フォルダに行き先ほどの”横断図”を選択します。


携帯 2.jpg  携帯 3.jpg

するとこのように通常写真を添付する手順と同じにAutoCadデータが添付され送信されます。

   メール送信.jpg

   メール受信.jpg

すると、パソコンのメールにデータがやってきました。
このほかにもExcel,Word,圧縮ファイルなど携帯電話で取り扱えないものでも送ることができます。
やはり注意したいことは、容量ですね。通信速度が遅い+携帯パケット料金が加算される で、料金に気を付けてください。

もちろんパソコンから携帯電話へもデータ送信ができますので、会社から携帯電話に送ってもらって事務所で開いて見ることもできるでしょう。
(最近の携帯電話はExcel,Word,PDFは直接見ることもできますね)

これでインターネット環境がないところでも携帯電話があれば、そこそこ便利にデータ送信ができます。  お試しを!!

多様化の中にもビジネスが

現代のこの世の中では、求められていることが多数あり、一つの商品では
売れない時代となっています。

携帯電話で、そのことが分かりますが、以前は通話が出来れば携帯電話の
役目が出来ていましたが、最近ではそれだけでは売れない世の中になっています。


携帯電話を持つ理由として、

  1.電子メールを使用するために持つ人

  2.基本に従事した、電話をかける・受けるに特化した人

  3.ゲームをするため

  4.音楽を聴くための人

  5.写真を撮りたい人

  6.仲間はずれにされない為に持っている人

  7.辞書代わりにしている人

  8.インターネットを見るために持っている人

  9.万歩計代わりにしている人

    10.自分の位置を知らせる為に持たされている人


ふ〜う、どんな使用方法を使用とも、毎月お金は要ります。

先月のオイラの携帯使用料金。16000円。

高いと見るか、安いと見るか。


多様化する時代でこそ、金銭感覚がマヒしてお金を使ってしまうんだな〜。

ライフラインの電波

最近どうも携帯電話の電波状況が悪いので困っています。

事務所からは山の上に携帯電話のアンテナが建っているの見えるの
ですが、最近通話中になると電波状況が悪くなっていました。

「やっぱり田舎だから仕方ないか」

と半分あきらめモードになってしまいます。
田舎 = 不便は仕方が無い
という式がオイラの中で成り立っている証拠でしょうかね。

カタログを見ると室内に付けれるアンテナがあるではないですか。
仕事で出かけた昨日、ショップに寄り購入の話を。

これまた田舎だ、取り寄せになるとのことです。

店員さん「ちょっと携帯電話のチェックをしてみましょう」

数分後

店員さん「携帯電話がおかしいですね、修理に出されますか?」

「・・・・・・ 裏切り者はお前だったのか!!!」

オイラが勝手に電波が裏切り行為をしていると思い込みをしていました。
電波が裏切り行為をしてくれていたら今後携帯電話が使えなくなりますので
機械が悪いと判り、ちょっとホッとしたところです。

※注意事項  オイラの住んでいるところはdocomoしかまともに使えません。

以前携帯電話が人間性を大きく変えてしまったと投稿しましたが、この世の中
携帯電話が無い社会は考えられない時となってしまいましたね。
問題も多くありますが、人とつながる道具では非常に便利です。

今やライフラインと化した携帯電話ですが、使えなくなってアリガタミ?が
身にしみます。

つながる会社にしよう(その2)

昔と社会が大きく変わり、人間関係や会社における価値観の違いを
オイラなりに考えています。

本日は2回目。
昔(15〜10年前)と今とを比べて大きく3つ列記してみました。

1、今ほど生活の物があふれていない (物の不足)
2、共通の事を探していた (人との同調)
3、規制による安心 (誰かが守ってくれた)

本日は「1」についてです。

昨日書きましたが、生活習慣が大きく変わった物の一つには
携帯電話だと思います。
今までは、お父さんが仕事に行ってしまえば、帰宅まで連絡が
付かないのは当たり前でした。

「おとうさん、帰りに大根と人参を買ってきてよ!」

会社へ電話してくることはありませんでしたが、今は日常的?に
なっているのではないのでしょうか。
(いや、過去に現場事務所へこんな電話があったっけ)

欲しいものが欲しいときに手に入る

最近はインターネットによる物品の購入により、近場の店にないものも
1,2日後には手に入るようになりました。
以前は日曜日に1,2時間車を走らせて購入しに行ったものです。
(田舎に住んでいますので2時間は走らないと都会にいけません)

このほか以前は高価だった物が手に入りやすくなり、必要がないものまで
購入してしまう現象。
100円均一のお店に行ったときにみなさんこんなことがありませんか?
「おっ、これ面白そう。とりあえず買っとこう!」と今の生活にほとんど
必要が無いものまで買ってしまう。
そして家の中で転がって、邪魔になったからごみに出す。

こんな中で我慢することが非常に減ったのではないでしょうか。
つまり自分をコントロールする力が知らないうちに衰えてきています。

自分が欲しいもの、やりたいことがわからなくなって目標に
たどり着く力が衰えていると言ったほうが良いかもしれません。

目標が無いからいろんな事をしてしまう     多様化人間
物があふれて人より違うものを求めてしまう  異色化人間

今の人は 「多様化人間と異色化人間」になっていると思われます。

これが組織の中でどうなるか? 続きは後日に。

田舎の携帯電話事情

突然ですがオイラの携帯電話を換えました

以前はP506を使用していましたがこのたびはN902を手に

入れました。なんでこんなことことを急に書いたか?

実はうれしいだけである。確かに新しい携帯はうれしいもので

すが、今までの携帯は1年と半年使っていたもののオイラが

仕事をしている場所では、突然圏外になり、5分くらいして

やっとつながるようになっていたのです。

それが途切れずにつながっているのがうれしいだけです。(単純です)まりもっこり

 

 

 

 

 

続きを読む
もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ