もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理から建設CALSまで現場の実情を記事にします!!

日彰館

ギネスブックチャレンジ

10月も半分を過ぎ・・・・オイラは月日から取り残されている感じで、

「もうこんなに月日が経ってしまった・・」と、仕事の締め切りと地域行事の準備に追われています。


実はこの週末は2つ行事がありまして、その中の一つ、地元高校の「ギネスブックチャレンジ」の手伝い・・・・いや運営指揮してきました。


事の始まりは10日前のこと学校から

「もぐらさん、10月15日にギネスブックにチャレンジするため、測量士さんを段取りしてもらえませんか?」と。


ということで知り合いの測量会社さんに2名と土地家屋調査士さん1名にお願いしたところOKをもらいました。

そして学校へどんな風に計測するのかと聞きに行きますと・・・

「計測方法は測量士さんにお任せします」


え〜、そんなのギネスへ登録するのに違う方法で計測したんじゃダメでしょ!!調べてくださいよ〜 (泣)

ということで、この10日間オイラが仕事の合間・夜間を使い計画・準備をしていました。

ギネスの計測立会人は関係者はできず、オイラは息子3号が通っていますので、オイラは”補佐”
としてなのですが。

では何をギネス記録チャレンジしたか言いますと・・


image


image


このような『顔出しパネル』をたくさん作り顔を出す記録を更新することでした。
このパネルは高校生やこの地域のいろんな団体が描いて作成をしました。


延長250mぐらいになるので河川敷に並べるということで、事前に平面図や基準点を作成し、並べる個所に測量ピンを付けるなど、計測準備をしていましたが、当日はあいにくの雨で体育館でのチャレンジとなりました。(前日に体育館で計測の準備も)

image  


image


基本、パネルが何枚並んでいるかなのですが、延長も計測もしました。


image

自動追尾のトータルステーションを持ち込み計測を行いました。
しかし床が板なので、歩くたびに気泡が動く。チョットひやひや物でしたね。

今のところ海外の300枚が最高なのですが、このたび372枚の記録が出ました。


認定には測量士・土地家屋調査士の認定書やビデオが切れずに計測風景を撮影したデータやパネルを1枚ずつ写真を撮ったりと、提出物はたくさんあります。

これをこれから申請手続きを行い、認定してもらえるかを待つのですが、認定してもらえると嬉しいのですけどもね。

準備

ゴールデンウィーク。なんて輝いている言葉なんだろう・・・(笑)
しかし、行事・農作業の山積みの人も多いかと思いますね。そんなオイラもそんな感じなのですが、息子3号が剣道をやっている関係で、ここ10年間は4/29に行われますこの地域の剣道大会のスタッフをやっています。

昨年からここの高校生になりましたので、”保護者バザーのスタッフ”になってしまいました。
この田舎の大会に中国5県、四国から参加してくださっています。今年は約150チームの申し込みがあり、保護者や審判員の方々も合わせれば約1500人ぐらいの訪問客がある予定です。
(人口3000人ぐらいの町なんですけどもね)

今年のバザーメニューは 「うどん、おにぎり、フライドポテト、たこやき、やまのいもコロッケ、ドリンク(ホット・コールド)」

自慢ではないのですが、スポーツ大会ここまで種類があるところは見たことないですね。小・中学生・高校生が来られるのですが、”おもてなし”の気分で食べ物の楽しみを。 やまのいもコロッケはこの町の特産でして、早い時間に売り切れてしまいます。

ここ1カ月買い出しや準備をしていましたが、昨日はこんな幟を作ってみました。

2016-04-28 07.33.40


A1プロッターで布印刷で作ってみました。だしを作るのにこだわりを持った担当者がおり、気温・天気によって味を変えていくという”こだわり”。

今夜から会場準備。この大会が終わったらゴールデンウイークという言葉が見えてきます。(笑)

第37回日彰館館祖祭記念剣道大会

昨日はオイラの母校で近県の剣道大会があり、準備・記録係をやってきました。

第37回日彰館館祖祭記念剣道大会
 
場所:広島県三次市吉舎町吉舎
  ふれあい祭り

この高等学校、過疎の影響もうけ、現在1学年2クラス。約240人の学校です。オイラがいたころは”少ない”といっても5クラスはありましたからね。寂しくなりました。
0904291938-.jpg 

しかし昨日は別物。中国地方5県各地から小学、中学、高等と194チームが参加。付き添いも合わせると約1500人ぐらいの人がこの学校に集結しました。
オイラも朝6時頃から駐車場整理で携わっていましたがピークの7時半頃には、いつもガラガラの道路が渋滞ぎみに。今年は車の台数が多かったのか、予定している駐車場に入らず緊急に別な駐車場を用意し、参加してくださった方が戸惑う場面もあって申し訳なかったです。

この大会のオリジナルルールとして、中学・高校生の部では、勝ち抜き戦となっており、5人抜きをする人もいました。
この勝ち抜き戦をやっている大会は珍しいそうで、強い人を先方に持ってきていれば大将の出番が無い試合もあるのです。
腕に自信がある選手は、”5人抜き”を目指してこの大会に参加している人もいるそうです。

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介
アクセス(ユニーク)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ