もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理から建設CALSまで現場の実情を記事にします!!

治す方法

肩こり解消法

1月に降ったドカ雪がまだ日陰に残っている2月ですが、今夜からまた数日冬らしくなるといっていますので、内業の仕事がうれしいな〜。(笑)


内業といえば昨日はとても重たいドローンデータの解析と、別件図面を仕上げていましたが、夜にはとても肩が凝って・・・。一晩寝ると直るかなと思いましたが、あきまへんな。


で、オイラの肩こり解消法を先ほどやりましたので、2時間後には肩こりが治っているでしょう。

その方法とは、これです。


image


竹刀を振ること。


50回〜100回程度振ると、2時間後にはびっくりするほど肩が軽くなります。肩から背中にかけての凝りによく効きます。首のあたりの凝りには速攻性は小さいけど、血行はよくなりますので、次第に良くなることでしょう。

五十肩の人はご注意ですけど。(笑)

でも剣道をやっている人で五十肩になる人はいないと聞いていますね。

(効き目は個人差がありますので・・・)

手前のが本当の竹刀なのですが、使っているうちに先端部分の竹が割れて使えなくなったものを切り落として、狭い事務所でも振れるように作っています。
護身用にもなりますしね。^^)

これも仕事の効率化ですね。(笑)

USBメモリーの認識が悪い

お題のとおり仕事には欠かせない”USBメモリースティック”ですが、使っているうちにパソコンに接続しても”認識しない”、”認識が遅い”などそんなものがありませんか?

image
 

このように認識してもこの中のファイルを見ようとダブルクリックしてもなかなか開いてくれないことがあった場合は、下記の方法を試してみてください。

1、USBメモリーの中身(ファイル)をどこかに仮保存しておく。

2、そのUSBメモリーのディスクアイコンの上で右クリック。

image 

3、その中のフォーマットを選択。

image 

4、そのディスクをフォーマットする画面が出てきますが、この『クイックフォーマット』チェックを外してフォーマットを開始します。

その際結構時間がかかりますので、余裕のあるときに行うとよいでしょう。(8GBで20分ぐらいかな)

簡単にはなしますと、クイックフォーマットは表面的にデータを消すだけ。このチェックを外して通常のフォーマットをしますと、記録するクラスタのチェックなどして、エラーがある部分などを外して(代替)してフォーマットをしてくれますので認識が悪いところを整理(直す)してくれるのです。

セキュリティーソフトが過剰に認識してUSBメモリーの認識が遅い場合もありますけど、とりあえず悪いところを直す方法として書いておきます。

尚、USBメモリーは壊れやすいので、くれぐれも大事なデータを保存するにはご注意を。(笑)

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介
アクセス(ユニーク)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ