もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

活用

新しいアイテム ipad

先月末は”納期期日”に追われる週になっていまして、ギリギリで・・・・間に合いませんでした。

「ギリギリで間に合わない」って変な日本語ですが、データの共同作成の仕事を受けていまして、メールでやり取りしながら仕事を進めていたものの外回りの仕事やら、夜間でのメールやり取りで時間が過ぎてしまいOUTとなってしまいました。(泣) 一人でやっている仕事は時間をかければどうにかやれますが、キャッチボール形式ではお互いの時間調整やお互いの納期も大切だと痛感させていただきました。


そんなドタバタしている中にも”遊び心”?を忘れず、武器を買ってしまいました。

image

2011年に”ipad 2”を買って早5年。ios(AppleのOS)もどんどん上がって今年でios10になり、ipad2はios9でバージョンアップも終了となりました。

それ以前に画面表示や動きが非常に重たくて、以前にみたいに外でのお仕事には使っていませんでした。でも5年使えば十分でしょう。(まずは自分を正当化!!)


今回は ipad mini4 が先月から15%ぐらい安くなりましたので、情報を入れる手段としてアイテムを増やしました。新機種が出るかなーと思っていましたが、”来年春まで出ないであろう”とオイラの”読み”で今の購入になりました。

使用した感想は・・・「軽い!」 ipad2が610gでしたが、これは300g。半分ですね。


スマホの画面サイズは16:9なのですが、ipadは4:3なので、文字を見るにも比較的楽なので、これがipadにこだわる一つの理由ですね。


この週末には測量できるアプリを入れてみました。


image   image

その場で緯度経度を座標で表示してくれる「平面直角座標」を。民間の平板測量をするときには2点の座標を調べて”真北”を決めるのに便利ですね。


そして軌跡を記録してくれる”GPSロガー”は、いろんなアプリが出ていますが今回はこれを選んでみました。

image  image

細かな設定ができる様でしたので「ZweiteGPS」を使ってみることにしました。


後日以前のように、GPS性能をテストしてみることにしましょう。
SONYスマホのAndoroidアプリ VS appleのiosアプリ

昔よりどれだけ性能が上がっているか楽しみです。

3Dデータの活用

もう秋じゃないの?という天気になってしまいましたが、早くも8月が過ぎて行きました。
ぼーっとして8月が過ぎたわけじゃないのですけど、お仕事の方はありがたいことに忙しく走り回らせていただいています。
 

最近導入した新しい3Dソフトを使っていますが、”使い切る”ことにはとてもハードルが高いと感じています。オイラも基本部分だけしか使えていませんが、このたびとても便利であると痛感しました。

CIM(Construction Information Modeling)という土木では3Dデータを取り扱う技術を進めていますが、その中に3DCADなどを使って生産性を上げる取り組みがあります。
しかしなにもかも3Dで取り扱うわけではなく、”住み分け”をきちんとできれば生産性が上がるでしょうね。
image
完成を予想させる3D図面などが一般的ですが、オイラは見た目はどうであれ、”構造物を作る3D”の方に注目しています。
今国土交通省での工事では掘削・盛土において”TSを用いた出来形管理”というものがありますが、これをやると”3Dデータが作れる”と思いがちですが、実質この基準で3Dを作ろうと思うと無理があります。結果的にコスト増しになるでしょう。

今回現場の設計変更する現場があり、現況を図るところから3Dで計画し、3Dから平面図・横断図を作成。それをTSを用いた出来形管理にに反映させ、3DをそのままMG(マシンガイダンス)のデータに変換するととてもスムーズに仕事が流れます。
 

国のある仕様書には「TS出来形管理→3Dに」という書き方がありますが、その言葉は「3D計画→TS出来形管理」変わるのが筋だと思っています。

簡易平面図の作成

今週は現場の照査、測量の準備、電子納品といろいろな業務が入っていました。
そこで遠方へ工事完成時の電子納品データを引き取りに行った際に、別現場の人に
「これから始まる現場の平面図を早急に作って欲しい・・・」
といわれ、「早く言っていただければ測量機を持ってきたのに・・・・」と、悔やまれましたがとりあえず簡単なものでもいいから〜 と頼まれまして緊急に平面図作成の仕事になりました。

ではオイラが行った簡易な図面の作成方法を。
1、携帯電話でノートパソコンをテザリングでネットにつなぎぐ
          ↓
2、工事現場付近のgoogleの地図+航空写真を表示して画面コピー
          ↓
AdobeのPhotoshopにその画像を張り付けて一つの写真に変換
image
        ↓
その画像をCADに張り付ける
(このままでは縮尺が分かりません)
image
        ↓
現場に行って現場踏査(写真撮影・ちょっとしたメジャー計測)
        ↓
ipadを使い航空写真で良く見えるところでGPS機能を使って座標値を数か所計測
地図コンパス(19座標系) というアプリです。すぐに緯度経度を座標値にしてくれます)
__
          ↓
ノートPCのところへ帰ってその座標値をCADにプロット
image
          ↓
ipadによる座標値のところへ航空写真の縮尺・方向を合わせて配置
          ↓
計画図面を張り付け、写真と航空写真でトレース
image 
          ↓
image
       ↓
     完  成

という手順でした。工事を行うところ以外は”他人への図面の分かりやすさ”を作る程度ですので、この程度でも 大丈夫と思います。
実質この作業2時間ぐらいです。

ここで一つ注意がありますが、GPS機能を使っても衛星の補足しだいで大きくずれることもあります。
またGoogleの写真ですが、写真のつなぎ部分になりますと、現況と大きくずれる部分がありますので注意が必要です。

最近のメカや環境はびっくりするぐらい便利となりました。でも、技術者は大変だ!(笑)

20Lオイル缶の利用

週末に仕事が入ってくる予定だったのですが、週明けとなりまして、ちょっとゆっくりとした土曜日となりました。
ということで、”悪いいたずら虫”がうずき出して、焼肉の缶を作ることにしました。
201206233103-
友達のお店で廃材の20Lのオイル缶をもらってきていましたので、台所洗剤で洗浄。
最近の台所洗剤の効き目はすごいですね。こんなオイルの缶でもきれいになります。
しかしこのまま直接”炭”を入れたら、缶がダメになり、炭火からも遠すぎますので中に細工を。
201206233105-
廃材置き場からこれを見つけてまいりました。鍋と炊飯器の窯を炭を入れるモノに加工します。

20L缶に中敷きを作成。
201206233107- 201206233108-
丸い網をホームセンターで120円で買ってきた網と針金で高さ調節が出来るように。
炊飯器の窯にドリルで数か所孔を開け、針金で取っ手を作成。
DSCF7136-
網を乗っけようにしようと思っていましたが、数年前にガスコンロ用に買っていた30cmの丸型グリル(680円)が
ちょうどぴったり。真ん中の鉄板部分を外せば、五徳となっていろいろ事に使えそうです。
昨夜、裏の川で夜釣りをしながら友達とBBQで試してみましたが、なんとも中敷きが低すぎ。
ちょっと高さ調節が必要ですわ。

おまけ。
2012-06-23 23.20.56-
昨夜の釣果は”ギギ”が4匹。さばいてBBQの炭がそのままあぶりの材料となりました。
ギギって三次ではお土産としてワイナリーやバスセンターで売っています。

おふろの活用形

 

皆さんはおふろをどのように活用していますか?もちろん体や髪を洗い清潔を保つために使用することが第一でしょう。しかしおふろを子育てに活用されている方も、いるのではないでしょうか?

この度は我が家のお風呂についてお話しましょう。

続きを読む
もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介
アクセス(ユニーク)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ