もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

花火

吉舎 灯ろう祭り

今年も参加してきました、町内のお祭り”ふれあい祭り”。
今年は雨風の問題もなく、順調に準備ができました。
tm_DVC00434-.jpg

15日は朝から小灯篭のを川辺に設置して歩きましたが、今年も中学生、高校生などたくさんのボランティアがあっての祭りとなっています。
今年は約5000個の灯篭を並べましたが、見た感じここ数年にないぐらい密集した配置になったと思います。
というのも、今年は水深が低く、いたるところに島ができていまして、灯篭を並べる面積が多かったかと思います。

tm_DVC00435.jpg 
さて、これは大灯篭の作成模様。大きいため分割になっています。さあ〜何でしょうか?(答えは後の写真で)

DSCF2485-
夕方6時ごろから灯篭の火つけ。ライターとろうそくを持って火つけを行うのですが、朝たてた灯篭はこのように風などで転倒。起こして位置を直しながらの作業となります。

tm_DSC_5017-.jpg


日が落ちるとこのように幻想的な風景となります。 結構カメラマンも多く来られて撮影されていました。

tm_DSC_5042-.jpg tm_DSC_5044-.jpg

tm_DSC_5046-.jpg tm_DSC_5049-.jpg

DSC_5040--

そう、昼間に作成していたのは、アンパンマンの顔でした。(花火の終盤には火花で顔を焼かれていましたけど)

DSC_5070-  最後は花火ですね。

この祭りのよいところの一つとして、打ち上げ箇所が非常に近いということ。大玉は打ち上がらないのですが、迫力はあります。
そしてびっくりなのが、打ち上げ箇所は高校のグラウンドなんですよ。知っている人はびっくりしますが、通常許可が降りないのです。
昔からの伝統行事の一つとして認められているのでしょうね。

今日は片づけで日焼けと水(ビール?)の飲みすぎで体がぼろぼろと。
明日から通常の仕事がスタートしますが・・・気分が重いです。(苦笑)

 

きさふれあい祭り

お盆の行事その2としまして8/15に開催された「きさふれあい祭り」のご報告を。

ここ数年準備人その1として参加していますが、今年も暑かったですね〜。朝スタッフ・ボランティアの人たちが集まり、約5000個の灯籠を川辺に並べていきます。
昼.jpg

川の中に設置するときはちょっと冷たくてちょっと気持ちがいいですね。しかし・・・・深場に行くこともあり、ズボンも濡れてしまい、後々は気持ち悪くなりましたがね。(笑)

さて、今年は風が結構吹いており、灯籠は飛ばされるは、大灯籠は倒れるなど準備には手間取りましたね。

点火1.jpg 点火2.jpg

やっとの事で夕方になり灯籠に火をともしていくのですが、ここでも倒れた灯籠を起こして風が吹く中ライターで火をつけることは大変でした。途中「観客の皆様も一緒にお手伝いして下さい・・・」と放送。するとたくさんの観客のひとも手伝ってくれて無事スタートできました。

パノラマ.jpg

人混み.jpg カタツムリ.jpg

ゴンドラ.jpg ドラゴン.jpg

小さな町なのですが多くの人が来場してくれました。 ここ数年観客数は増えている気がしますね。

最後の締めは花火ですが、この花火は募金や寄付・スポンサーから打ち上げられているのですが、中には「○○先生のベージュを祝って・・」など○○年中学校卒業生一同など同窓会の寄付も多かったですね。

花火.jpg

祭りはここでは終わりません。次の日は会場のお片付けでした。そして・・・・本日は疲労と腰痛が襲っています。(笑)

吉舎ふれあい祭り

お盆の3日間は祭りの準備に始まって片付けで終わってしまいました(笑)

と、言っても”名もない作業員”ですけど(笑)

祭りは”8/14の地区内祭り” と ”8/15の町内祭り”の2種類でしたが本日
紹介するのは町内祭りの 「吉舎ふれあい祭り」です。

場所はこちら

             ふれあい祭り

この祭りの特徴は、 灯篭(とうろう)を川に並べ、灯すことで幻想的な光景を
作ることです。 非常に大がかりな アート ですね。

ではどのようになるか見ていきましょう。

昼灯篭.jpg   夜灯篭.jpg
     (昼の灯篭)                    (夜の灯篭)

河川約700mの区間に、5000個の小灯篭を並べて、ろうそくの明かりで夜になると
灯篭が浮かび上がってきます。

    夜灯篭1.jpg

小灯篭の中にとうろうコンテストで各社・個人で作った大灯篭が並んでします。

今年はどんなものができているか見てみましょう。

s-0808150116.jpg  s-0808150119.jpg

北京スタジアム.jpg  s-0808150127.jpg

写真では小さく見えますが高所作業車2台を持ち込んで作業をしていた会社もあり
ました。


ガンダム.jpg  s-0808150114.jpg

なつかしき、ガンダムやスターウォーズの灯篭もお客さんを待ち受けて
います。(笑)

  s-灯篭と花火2.jpg

締めは花火の打ち上げとなりますが、花火の打ち上げ個所と観客は100mぐらい
しかなく、火の粉が頭に落ちてきそうな感じのところで見ることができ、玉サイズは
小さいけど、迫力のある花火です。


今年はとうろうが綺麗に見えるまでには、ひとつの至難がありました。

それは・・・・夕立ちがあったからです。

 灯篭+ろうそく は、雨、風に非常に弱く、ちょうど火を付けて歩くときに雨、風の
夕立ちに会ってしまい、準備していたものがほとんど吹き飛んでしまいました。
開始時間になってもスタッフだけでは直しきれなくなっていたその時、観客の
人たちも川の中に入ってきて灯篭起こしや火つけを手伝ってくれているでは
ありませんか。
「目の前だけを直していたけど、川まで来ちゃった!」と。
楽しみに見に来てくれていた人に、悲惨な状況が見るに見かねたのでしょうね。

このおかげで約30分遅れでスタートすることができました。

とてもうれしいことでしたね。

灯篭まつり

8/15にオイラの町のお祭りがありました。
祭りの名前は 「ふれあい祭り」
 
     ふれあい祭り

昨年もこの祭りについて紹介しましたが、写真投稿もきちんと
出来ない腕前でしたので、今年は写真も掲載していきます。

今年もボランティア?商工会?で準備より参加しました。
今年も、とても暑い!!

0708150005.JPG0708150001.JPG

大灯篭や小さい灯篭をひたすら設置して歩くのが午前中のお仕事です。
特に小さな灯篭の数。  約6000個!
国道沿いや川の中に設置して歩くものです。

この右側の写真の部分には、町内の保育所・小学校・お年寄りの会など
約400個は今年のオリジナル灯篭です。

描いた人が見にこれるように通路に設置していきます。

汗だくで午前中に灯篭を並べ終え、最終準備は夕方5時より。
20cmぐらいのロウソクとライターを持ち、灯篭に灯りを灯して歩きます。

すると段々と周りが暗くなり、灯篭が幻想的な風景になっていきます。

灯篭祭り.jpg

DSC_0013.JPG 

DSC_0026.JPG

だいぶん前からこの祭りはありましたが、20年前から大きく
祭りの内容が変わり、今みたいな灯篭祭りとなりました。

灯篭コンテスもあり、各企業や団体で作成して展示されます。
DSC_0021.JPG  DSC_0024.JPG

お祭りの閉めはもちろん花火。
しかしこの街中で打ち上げるには巨大な花火は打ち上げることは出来ない
のですが打ち上げるところが非常に近い!迫力は十分にあります。
風向きによっては火の粉が頭の上から落ちてくるような感覚となります。

DSC_0048.JPG

この祭りが終ると・・・・・現実逃避のお時間は終わります。

さぁ、お仕事を開始しますか。

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ