もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

日暈現象による天気予報

昨日(6/7)広島周辺では太陽の周りに虹が出る「日暈(ひがさ)現象」が有ったようです。

昼ごろオイラもたまたま空を見上げたら出ていましたのでダメもとで持っていたコンパクトカメラで撮影をしてみました。

  虹.jpg

撮れるものですね。以前のフィルムカメラではこうは簡単に行かなかったでしょうね。(日食などを撮影するときには偏光フィルターを使っていました)
この現象は上空7000―8000メートルの薄い雲に含まれる氷の結晶に太陽光が屈折してできるそうです。

昔から「太陽がかさを被ると雨になる」と言われています。それと「飛行機雲が長いと雨になる」とも言われますよね。
実はこの写真、両方が写ってるのですよね。

しかしここ2日間は晴れの予報。でも土木ではこんな気象現象を考慮しながら次の日の作業を決めたりもしますよね。

さて、工事現場のお方。 今回はどちらを信用しますか?(笑)

虹です

夏も真っ盛りで昼は暑く、夕方は・・・・局部的な夕立ち!
こんな天気を体感すると、

夏だな〜!

と感じるのはわたしだけ?(笑)

夕立ちのあとはこれですね。

    虹.jpg

この日は、二重の虹が出ていました。

写真では表現できない空一面の虹は、生で見ないとその素晴らしさを
感じることは無理ですね。

日本では一般的に七色(赤、橙、黄、緑、青、藍、紫)となっていますが、
なかなかそこまでは確認できませんね。

もうひとつこの写真で気づいたこと。
下のはっきりとした虹は、上側が”赤”ですが、上のうっすらとした虹は
下側が”赤”となっていますね。

こんなにはっきりとした虹を見るのは、何年ぶりでしたでしょうかね?

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ