もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

複合機

冊子印刷

先週はあるところから、「もぐらさんのところでパンフレットをつくって欲しいのですけれど」と頼まれました。
パンフレットの容量は全12ページ、冊子形式にして150部。
「はいはい、このぐらいなら大丈夫ですよ」と簡単そうな上に、イヤと言えないオイラは気軽に受けてしましました。が、これが自分の首を絞めてしまう羽目になるとは・・・

C2270.jpg

元データは引き渡してもらえる。しからば、少しパンフレットらしい専用の用紙を購入しよう、とネットで専用用紙を注文して4日後に到着しました。
よし、印刷だ!  と始めたものの光沢用紙なため、数枚まとめて入っていくでは有りませんか。
紙の間に空気を入れたりしても時々巻き込んでストップ。待てよ、クーラーをつけたら・・・と試してみたら正解。用紙を乾燥させると調子が良くなりましたね。
しかし用紙は底をついて、別な厚紙を使用。それでも・・・・苦労して6時間ぐらいかかってしまいました。
「こんなはずでは・・・」 と、くらんでも仕方がない。次の日に宅急便にかけたが依頼者から・・・・・
「来賓挨拶文章に訂正が入りましたので変更を・・・・」

「えっ?も、もう遅いですよ・・・、専用用紙ももうい1枚も残っていないですし・・・」 
でもどうにか方法は無いものかと思案した結果、専用用紙を作っている会社に直接行けば有るかも。善は急げ・・・ゼロックスに電話。

「その用紙有りますよ」との答えで、「今日伺いますのでよろしく」と市内まで1.5時間かけて出動する羽目に。

しかし用紙は貰っても印刷は家に帰ってでないと出来ない・・・の言葉になんと会社の機械を貸して貰えることになりました。

ゼロックス.jpg でかい・・・
一千万円以上するという機械であっというまに修正部分の印刷が完了しました。(ゼロックスさん有り難うございました)

気軽に請けた仕事・・・イヤ、ボランティアはトホホで何とか完了しましたとさ。(泣)

こんなものでコスト縮減

とうとう買ってしまいました。
欲しかったけれど買えなかった事務器具。

裁断機!
 
20080917561-.jpg 20080917562-.jpg

PLUS PK-513 A4タイプです。(A3を半分にできます)
厚さ15mm(150枚程度)までの用紙を一度に切れます。

今までは最大10枚まで裁断できる手押しカッター(こんな名前かな?)でしたが
きれいに来るには5枚まででした。

さて、何でオイラがこんな事務機が欲しいかったか・・・・
実はセコイ人間と思われますが、ゼロックスの複合機でカラーコピーを
行う際に”カウンター契約”を行っており、A3印刷でも○○円 A4でも同じ。
ではA3印刷してA4に切ってしまえば・・・・・  

半額だ!!

少々手間が要りますがこの機械さえあれば、サクサクでしょう。

コスト計算 ・・・・・ 1年で元がとれますね!(笑)

早速試し切りを・・・(辻斬りではない)

20080917565-.jpg 20080917564-.jpg

不要な通信カタログが・・・綺麗な正方形の・・・・・ おりがみに!

切れ味抜群であっという間に出来上がりました。

でも、早くもカミさん専用の道具になってしまった。(笑)

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ