もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

関数

Excel & の使い方

久々にExcelのお話を。

セルに数字や文字がたくさん入力してあって、
「このセルの文字とこのセルの文字をくっつけたいな〜」思うことが有りませんか?
そんなとき”Excel関数”の助っ人が役立ちます。

=セル番号セル番号
=”文字”セル番号

ではどんな使い方にするか、

&3.jpg

C、D列に測点の文字列があった際に、 NO. と + いう文字を付けたい。

そんなとき上記のように文字列には両サイドに”  ” を付け、 & で文字をつなげていきます。
すると29行のように表示されるようになります。

でも、E列29行をコピーした際にはまだ数式のままなので、貼り付けの際には
右クリックの ”形式を選択して貼り付け” → ”値” にして貼り付けをすれば文字列として貼り付けれます。

測量を行う座標値でもこれが使えますね。

&.jpg

この様に座標値一覧表がありますが、D列のような " , "区切り (カンマ区切り)をに変換してExcelで
”名前を付けて保存” → ファイルの種類を”CSV(カンマ区切り)”で保存すれば座標値をCAD上にプロットすることが可能なこともあります。(CADによってX座標値をB列かC列に表示させなければなりません)

保存.jpg

AutoCADなら上記のように、上に ”LINE” と書き、D列をコピーして、AutoCADの下側にある”コマンドウィンドウ”に貼り付けをすれば線を描いてくれますね。

CADもExcelを上手に使うだけで、もっともっと便利に成りますよ。


便利なExcel

Excelとは非常に便利なものである!

昔オイラはパソコンをよく知らずワープロのカルク計算とか言うものを使っていたが

ちょっと計算内容や行が多くなると計算できなくなっていました。

今のExcelはほとんど無限大な感じで計算をしてくれます。 Excel関数を使っている人で

「関数では計算は限界である!」

と感じたら、マクロの世界に入ってみましょう。

「マクロは難しいから出来ない!」と思っても実は簡単!

Excelのアイコンから出来ます。これをもう少し複雑に計算しようと思われる方は

 VBAに入っていきましょう。

今後Excelの便利な使用方法も掲載していきます。

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ