もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

電子納品

道路施設基本データ確認

最近オイラの地域では公共工事に提出された過去の”電子納品”がチェックされていまして、問い合わせが増えています。


「道路施設基本データが電子納品CD(DVD)入っていない」「道路施設基本データにエラーが出る」など調べられていますね。問い合わせ、相談では一番古くて7年前の工事の問い合わせがあっています。

オイラが知る限りこの道路施設台帳は平成13年ごろから作成していましたね。現場監督だった時期にも何度か作成しました。そして会社を作っても時たまこの業務が来ていましたので作成はしていましたが、提出先や問い合わせができていた”道路保全技術センター”が数年前に閉鎖され、データはすべて国交省へ提出するようになりましたが・・・土木業者としては問い合わせ箇所がないので悩まれて作成されていたでしょうね。


さて、今回の問題点の一つとして「道路施設基本データは作成しているが、図面・写真などに統合して電子納品CD(DVD)が作成されていない」ことが多いです。おそらく紙納品している”書類箱”の中には一つの打合せ簿ファイルとして道路施設基本データ資料は入っているはずです。


しかし、今頃になって過去のデータをチェックしなければならない事態、おかしいのですけれどもね。(苦笑)

電子納品チェックソフト

本日はまじめ?な電子納品のお話。

昨日は広島県発注工事の電子納品の作成をしていました。

広島県の工事では国交省と同じように電子納品が定着しており、図面・写真・打合せ簿(ネットから提出)を工事終了時にCD-R(DVD-R)に保存して提出しています。

会社によっては1年に1回または数年に1度しか県の工事をしない会社もあり、電子納品ソフトを買ってバージョンアップ費用を払うより、ある程度のシステムを導入して仕上げを外注した方が安いとみなされている会社も少なくありません。

今回は初めての会社さんですが、会社事情を聴いていると、ネットで打合せ簿を交換するなど年々電子納品の仕様書が変わってついていくのがやっとだと。その上ソフトのバージョンアップだけで1年に数十万円だとか。それと管理する人が1人しかいない会社として、勉強するために仕事がストップしてしまうことは問題ですからね。

さて、本日の問題は、昨日図面を電子納品ソフトに登録していますと、農林基準においてファイル名の不整合が出てきて途中広島県の電子納品チェックシステムでチェックしてみると・・・エラーが。

image

専門のことなので読まれている人には???なのかもしれませんがメモということで。

DTDの基準に不整合なのですが、広島県が使われている基準が古いのか?チェックソフトのエラーなのか?
で、電話で問い合わせたところ

「電子納品のチェックソフトのエラーなのでエラーがついたまま提出し、県の担当者にそのことを・・・」
納得いきませんね。オイラが知っているだけでこれで2回目ですね。
そこでもしやと思って最新の電子納品チェックシステムが公開されていないかとみますと、

ありました。この4月に公開されていました。

広島県電子納品チェックシステム公開HP  (Ver.11.8.2)


これでチェックしてみますと・・・OK!!

電子納品をあまりやったことのない人が、こんなエラーにぶち当たってはたして解決することが出来たであろうか?

デジタル写真データの撮影日付と更新日付が相違 その2

最近年度末工期の現場が分散して、5月や7月末に完成する現場が増えてき感じがします。
オイラ的にはとても良い方向かな。また建設会社としても「職員の有効活用が出来る・・」ということも有るでしょうね。

で、本日は久々に電子納品ネタ。

デジタル写真のデータが撮影日付と更新日付の相違が起こってしまう

以前デジタル写真の更新日付が変わってしまい、写真管理ソフトで”確認・注意”が表示される原因について1つ書きましたが、追加原因をもう一つ。
以前の更新日付が変わる原因その1 記事

本日はデータの受け渡しの時に起こる写真のエラーを書きましょう。 ご参考にどうぞ。

CD−R、DVD−Rに書き込む方法として、
 1,ライディングソフトとを使用する方法
 2,Windowsの機能を使用して書き込む方法    が有ります。
今日は”2”の方法ではデータがどう変化するか見てみましょう。

まずマイコンピューターから DVD-RAM(CD-RAM)ドライブを選択し、写真データをドラッグアンドドロップし、CDに書き込む準備をします。
CD書き込み.jpg

書き込みを開始します。

CD書き込みウィザード.jpg → CD書き込みウィザード(書き込み).jpg

CD書き込みウィザード(完了).jpg

このようにCD−R(DVD-R)に書き込みが終わりました。
さて書き込む前のデータとCD−Rに書き込んだデータを見比べてみましょう。


元の写真データは、写真撮影日付と更新日付が同じななのですが・・・
元データ 写真元データ.jpg

  BlogPaint










CD-Rデータ

このように更新日付が変わってしまいました。
今の写真管理ソフトではこの更新日と撮影日付に相違が有った際に「なぜ相違が有ったのか?理由付けを書いてください」と表示されるものがあります。

特に協力会社から写真データを渡してもらう際にもきちんとパソコン使用方法を説明しておかないと、余計な業務が一つ増えてしまいます。

結論はデジカメからの写真取り込み・CD-Rに書き込みなどWindows のウィザードは使用しない事ですね。

道路情報をもっと大切に!

冬期オリンピックが始まり、ちょっとテレビ・ニュースが気になる週の始まりですね。
何事も楽しみが有る事は良いのですが、オリンピックが終わりとと同時に2月も終わってしまうこともお忘れ無く。(笑)

さて、最近 「建設CALS/EC、電子納品は必要なのか・・・・?」というお話しがあります。
「業務が大変だし、そのデータがどのように再利用されるのか、分からない!」
と、おそらく皆さんそうお考えではないのでしょうか?

では、オイラが先週体験した事をお聞き(お読み)ください。

先週はある国道管理者と図面作成について打合せをしてきました。
業者「このバイパスの図面を修正するに当たり、道路中心線座標を貸与してください」
国 「この道路中心線の座標値は分からないのですよ」
業 「無いのですか?」
国 「・・・・・・・」

このバイパスは15年前ぐらいに開通した道路なのですが、早くも図面・成果簿が行方不明となっているようです。

おそらく時間をかけて倉庫を探せば出てくるでしょうが、探す労力はさてどなたになるのでしょうか?

しかし実際に、今頃の設計業務では成果の電子納品。工事においては、「基本測量成果簿の格納」が、当たり前となっていますが、道路の管理において過去の工事もさかのぼってでも、必要なデータは電子化にしておくべきでしょうね。

淡々と記事を書いていますが、実はここ数日この道路中心線座標が無いばかりに、無駄かつお金にならない業務が続いて怒りのもぐらとなっています。
(このほかもっと大変な事態が・・・)

オイラの地域では電子納品がすすんでいる方ですが、そのデータが活躍している事はあまり耳にすることがありません。
電子納品が始まって5,6年が経っていますが、納品したデータの活躍があればもっと「電子納品」のイメージが良くなるのではと思います。

写真のエラー

先日の続きです。

デジタルカメラからパソコンにデータをコピーする方法はいくつか有ります。

1,カメラから専用のUSBケーブルを使う + デジカメ内のデータをコピーする。
2,カメラから専用のUSBケーブルを使う + メーカーの取り込みソフトによりコピーする。
3、デジカメからメディアを抜き、カードリーダーに挿入してコピーをする。
4、デジカメからメディアを抜き、カードリーダーに挿入してメーカーの取り込みソフトによりコピーする。  等。

あと数個取り込み方がありますが、とりあえず一般的な話で。

しかし、昨年末にオイラが今までマークしたことのないやり方で、現場が行われていました。

その方法とは・・・

自動起動画面.jpg

デジカメをUSBケーブルでパソコンにつないだら、このような”プログラム選択画面”が起動しますよね。
その中に 「Microsoft スキャナとカメラのウィザード」が選択できます。

この操作を続けると
スキャナとカメラウィザード.jpg → スキャナとカメラウィザード2.jpg

スキャナとカメラウィザード3.jpg → スキャナとカメラウィザード4.jpg

と、プログラムのインストールの様な画面で写真を取り込むことが出来ます。

でもこのように更新日付が変ってしまうのです。

更新日付.jpg

一般の人には全くといって問題の無いことですが、公共工事・信用がついて回る写真についてはこのような取り込み方法はやらないべきですね。

この現場は約1年間の工事でしたが、95%は更新日付と撮影年月日の相違が有りました。
電子納品をしたときに発注者から
「この写真データはちょっと変っているね」  
と、問い合わせが有り、現場の方が事情説明+請負者説明欄にこの原因を記載し、受け取ってもらいました。

このほかにもデジカメの取り込みソフトによるエラーや間違って画質調整をしてしまうことも有ります。
パソコンを使っている以上これ以外にエラーは出てくる恐れは、多分にありますが、”偽造・修正していない写真”は、自信を持って提出が出来ると思います。

前回の記事で伊藤@長野さんよりコメントがあり、
「何にもしていないのにデジカメの撮影日が変な日付に変るんだけど・・・」
と、有りました、古いデジカメは、バッテリーを取り外すと、カメラが初期化に成り、日付が狂ってしまうことがあります。
(オイラの5年前のコンパクトデジカメはそうなりますね)
このあたりはメーカーごとに違うかも知れませんので、今使っているメーカに聞かれることも良いかも知れませんね。

でも公共工事はこのようなエラーが無いように、デジカメの点検も重要ですね。

CADは何を使えばよいの?

先月講習会で大分県を訪れたとき、2,3人の方からSXF(P21、SFCファイル)対応のCADについての相談を受けました。

「今使っているCADでは電子納品ができませんかね?」
「今使っているCADでは、SXF形式に変換できないので、この際CADを変更しようかと・・」

等、会社の上の方は、今後会社のソフトの選定で困っている様子でした。
会社の規模・操作している年齢層によってもアドバイスは違ってきます。

大きく分けて2つの考え方がありると思います。
 1、今まで使っているCADをやめて、SXF形式に変換できるCADに切り替える。
 2、今のCADに互換性が良い、SXFへ変換機能が付いたCADを購入する。

どちらも会社には負担がかかりますね。

「SXF形式=発注者とのデータ交換用」と、以前は思われがちでしたが、最近は民間からのデータにもSXF形式が混ざりだしました。
でも考え方を変えれば、SXF変換できれば共通のデータを使うようになり、他人が使っていたCADデータを引用することができるため、業務が簡素化してくることも考えられますね。

でも2番の「互換性のよいCAD」は、自社のCADしか扱っていない営業マンさんに聞くのはちょっと怖いですね(笑)

でもこれだけは言いたいのですが、同じ現場事務所で数人で図面を取り扱う際には・・・・同じCADもしくは全員がSXF対応CADを持っていることが望ましいですね。

建設IT講習会

講習会の講師のため昨日は大分県入りをしました。
朝から夕方までびっちり6時間2人で話し続けました。

えっ、オイラは何をしたのかって? 現場で便利にCADを使うための方法をメインにお話をしました。

DSCF5417.jpg   DSCF5421.jpg

大分県建設業協会日田支部青年部会さんの講習会だったんですが、みなさんとても熱心に聞いていただき、今までにないネタまでご披露をさせていただきました。(笑)

どんなCADでもできるCAD製図基準に準じた図面の描き方。
そしてどんなCADでもできる図面の照査方法を話したのですが・・・・・・皆さんはどうだったのでしょうかね?

もう一人?? そう、今話題のnikumaruさんにも北海道から来ていただき今旬の「創意工夫」のお話をしていただきました。

来ていただいた皆さん、ありがとうございました。

現場での書類のまとめ方法(案)

公共工事の現場でのサポートに行き、雑談の中でCALS/ECのいきさつや、方向性をお話しすることがよくありますが、「今後どんな方向に向かうのか?」を話をした後で、現場の職員さんの大半は

「ついて行けんな!」

と一言。

現場の施工に関して、電子納品などはあまり重要性を感じておられないのが現状でしょう。現場の人は「電子納品=発注者資料の保管業務」と認識されている方が大半です。(半分当たっていますが:笑)

しかし「この納品を行うには現場でどのように電子データを保管していくかが重要なのです。」 とお話をした上で、実際の事例や方法、マニュアルを渡して実際に行ってもらうと現場の方は、

「このようにすればよいのですか、これならできそうですね・・・」 と、ちょっと前向き になっていただける人が多いのです。

しかしこのデータをまとめるには、工事を始めた時から始めておかなければ結局手戻となってしまいます。

以前 ここで 書きましたが、新年度になりましたのでもう一度書きましょう。

●注意 これは一つの方法であって、まだまだ便利なまとめ方がありますので、参考として見てください。
 
    フォルダー階層.jpg
日頃発注者へ紙で提出したり、共有システム(APS)などを介して打合簿を送るまでにも、一度は現場事務所で書類を作成するもの。
現場で作ったデータを”打合せ日付+打合せ簿内容”のフォルダー内にすべて入れておくことです。

日付を前に持ってきていることは・・・・後から追加して提出した打合簿も自然に順番に並んでくれますので。(笑)

そこでフォルダーのひな形を作っていますので、いる方は参考にしてみてください。

「工事用現場電子納品用フォルダ(案).lzh」をダウンロード     (lzh形式で圧縮してあります)

発注図面を管理するには?

設計変更が多くなるこの時期ですが、みなさんは図面の管理をどのように
されていますでしょうか?

特に『1回変更』、『2回変更』・・・・となっていくと、最後に完成図面に使う
図面が判らなくなっていきます。

ある図面は当初図面を使用し、ある図面は2回変更時の図面を使用する。
オイラもいろんな現場から完成図面を依頼されることがありますが、その際
きちんと整理をしなおさなければ仕事に取り掛かることができません。

そこで以前紹介した”図面管理表”をもう一度紹介させていただきます。
(2年前に紹介させていただいていますが、手抜き記事ではありません:笑)

図面管理




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「zumenkanri.xls」をダウンロード

 (EXCELデータ)


 

使用方法は文章では書きにくいのですが、箇条書きにしてみます。

 1、発注図面をまず左側に記載しておきます。

 2、1回設計変更時に追加になった図面を行挿入を行い、記載する。
 3、当初図面の中で変更が行われる図面のみ1回設計変更の列に
   移動させます。
 4、当初図面が”末梢”になる場合は、抹消欄に印を付けておきます。

 5、完成図面は一番右側に記載し、もっと新しい図面を完成図欄に
  移動させます。

こうすれば、変更時にファイル名を変更しても、完成図に持っていくのを
忘れることはありませんよね。


おまけ


ファイル名をEXCELの表に転記する際、エクスプローラーなどでファイル名
を表示し、ファンクションキーの”F2”を押すと名前の変更ができるスタイルに
成りますので、その時に”コピー”をすれば、名前の記載が早くなりますよ。

 

完全なる電子納品

お題の通り私が作る電子納品データが完全で・・・・・・

有るわけではありません(笑)

それぞれの電子納品基準(案)やマニュアル等を読めば読むほど
矛盾箇所が見えてきます。    

えっ、見えないって?・・・・・  それは読み方が足らないのです!(笑)

ま、冗談はさておき、電子納品を各自で行うにしろ、電子納品請負会社に
発注するにしろ、今の基準書・マニュアルだけでは完璧かつ全国の人と
共通のものはできないとオイラは思っています。

各地方でのルールや発注者との事前協議により、全国の人が同じように
作成することは無理でしょう。

ですから曖昧になっている文章や事前協議などとなっているものと思います。

さて、では ” 完璧な電子納品CDを作りなさい ” と発注者に言われたら
どうすればよいのでしょうかね?

これも十人十色な答えが返ってくるでしょうね。

では基本に戻りましょう。

建設CALS/EC の3要素として
 1、情報の電子化
 2、通信ネットワークの利用
 3、情報の共有化                が定義されています。

電子納品は上記の1,3があてはまり、受注者のメリットとして
 ・省スペース化  ・省資源化  ・コストの縮減  ・品質の向上
 ・技術レベルの向上

が、挙げられていますが、はたして今時点でこの5つすべてクリアしている
ところは無い・・・いや少ないでしょうね。

これを目指して基準書やマニュアルが出来上がっているものの、
なぜこんなに曖昧な電子納品成果品ができるのか?

オイラの答えは・・・・

 発注者も受注者も実際提出した電子納品CDがどのように活用
されているか見たことがない!!


実際の運用が無いから未だに統一性のないものとなるのではないですかね。



オイラたわごとでした。

帰ってくる電子納品物

先週のはじめは電子納品の話でもちきりでした。

と、いうのは年度末に提出した電子納品成果が舞い戻ってきたのです(泣)

ことの発端は6月初旬になりますが、国土交通省に提出していた納品物を発注者
サイドでチェックをされて、おかしなところは修正をして再提出するように指示が
あったそうです。
当初は指摘箇所の修正なわけで、
「なるほど、しっかりと目視もして、周りの業者とまとめ方を合わせるようにしたのだな」

と、やる気のなった発注者を評価していました。

この電子納品という事務業務は、マニュアルをしっかりと読んでも答えが見えない
ところが多々あります。
そんな所をカバーしていくのが 『受発注者間の事前協議』な訳です。

オイラからみると通常発注者の作られている「事前協議書」では、不確定要素をつぶして
いけるもとなっていません。

そこで請負業者も「独自のまとめ方・整理のやり方」が始まり、国総研のチェックソフトで
クリアするだけの電子納品物ができていたのです。
実際に各業者の電子納品をすべてチェックすることができるのは、発注者サイドでないと
できないわけで、このあたりの統一をはかってくれることはよいことだと思います。

で、最後まで問題となったのが   ”CAD製図基準のレイヤについて”でしたね。

”新規レイヤについては受発注者間の協議のもと決めてください”
となっているものの、事前協議でレイヤの協議する欄など無いですからね(笑)

続きを読む

請け負けの図

先日一本の電話がかかって来ました。
内容は
「CADデータを電子納品するときにどこまで修正しておけば
納品できるか教えて欲しい」
 との事でした。

発注図はCAD基準(案)に合格できるものではなかったそうです。
けれど発注者からは、
「電子納品のCDに入るようにしてくれれば良いからね」
と簡単に言われたそうです。

ま、このあたりは通常聞きますので驚かないのですが
オイラはこの相談者に
「事前協議ではどうなっていましたか?」
とたずねると

「ここの役所は何度言っても事前協議を受け付けてくれないのです」

こんな発注者も居るんだ、とオイラはこの度知りました。
確かに業者側でも初めて電子納品を担当する人が居れば判らないことは
有りますが、この業務が始まって3〜4年経つわけですから発注者は
この事前協議の大切さを理解してもらいたいものですよね。

事前協議 = 受発注者との決め事

請負者の人は、”協議”することが唯一発注者と対等の意見が言える
所ではないでしょうか。
この最後の砦を発注者によって無くされてしまえば請け負けの図が
浮かんできます。

「では、工事打合せ簿などの電子納品はどうなるのですか?最近は
 書類の簡潔化が進み指示があったのではないのですか?」
すると現場職員さんは

「発注者からは、簡潔化は無視してください!と言われました」
だそうです。

その上電子化が仇となっている書類の作り方が始まっています。
これは後日発表します。(もったいぶるなって?)

HO_CAD in三次総本山 新年会

昨日はオイラの住んでいる三次で新年会をしてきました。

そこに集まってくださったのは"こよなくHO_CADを愛する
人たち"です。

昨年末よりモリモリ通信で新年会を呼びかけられて遠方は東京・
九州方面と近場は島根・広島方面から15名が集まりました。


HO_CAD
を知らない方もいるかもしれませんのでちょっと説明を。
HO_CAD
はオイラと同郷の岡崎氏個人が自分の仕事に使われる目的

で制作が始まり、JW_CADと互換性のあるCADです。このたび
建設CALSに対応出来るようにと昨年末にSXF対応のしている

HO_CAD PAOを暫定フリーウエアで発表されました。これはまだ試作
版でありますが、測量座標など扱う土木技術者にとっては非常に
便利なものとなっています。
その試作版はCADCGという雑誌に添付されており、まだWebでは

公開はされていないようです。

そんな開発者さんを囲んで新年会を行ったのですが、建築・土木系・

コンピュータ開発者と様々な方々が集まり楽しいひと時が出来ました。

HO_CADin三次総本山新年会.jpg


ここでは明かせない秘密の話も飛び交い楽しい新年会となりました。

この中にお一人すばらしい活動をされていますのでご紹介を。

お仕事戦隊 イソガシンジャー  

秘密結社 ネムイナーと戦う為、日夜訓練が絶えないそうで、この日も
仕事技を磨く為にやって来きそうです。
(この日は変身してもらえませんでした。残念!)

今年は土木現場を応援する新たなアイテムがたくさん出てくる予感がしますね。

 

CAD製図基準(案)の変更が始まった

CADデータの電子納品に関する基準が出ました。

詳しくは 「大野聡のSXF最新情報ブログ」 からどうぞ。

特にこのたびは電子納品におけるチェック項目、チェックの精度などが
書かれています。

これまでにCADソフトごとにチェック精度が違って、文字高さ、線幅などで
民間チェックソフトでチェックされて発注者から返品されていたことがありました。
しかし今後は統一されていくように基準書が作成されましたから、チェックソフトの
開発が進むと理不尽なことは無くなるかもしれませんね(笑)

しかし、今までの国総研のチェックシステムで確認されていなかったことも
今後はチェックが進み、今までの納品より厳しくなる地域もあるかもしれません。

CADチェックの基準書.jpg

  国土交通省(電子納品に関する要領・基準) 

このほか新しいCAD製図基準(案)(平成19年11月改定素案)も意見募集用に公開されています。

 「CAD製図基準(案)」の改定に関する意見募集について 

こちらもレイヤなど今まで散乱していた箇所の統一やレイヤ文字の増加なども
書かれています。

例)C-STR-STRZ-ROADWAY 

今までのネーミングより長く、区分けが付けやすくなっています。
特にインターチェンジのようにセンターラインなどをランプごとに分けて描けるように
なるでしょう。

日付を見ると平成19年12月となっていますからまもなく正式に発表かも
しれませんね。

電子納品が役立つとき

新潟の中越地震で被災されている方々が大変であると
連日のニュースで伝えられてきています。

避難生活問題や家屋の調査、そしてライフラインの復旧と
問題は山積み状態です。
こんな状況を少しでも早く復旧するにはどうすればよいかを
考えてみました。

早くライフラインを復旧する為には、どこの道路にどんな規格
の水道・電気が入っているかを確認できるもの。そして現況の
道路がどのような規格で整備されているかをきちんとデータベース
化してあれば確認が早く出来ないであろうか?

そう、施設のデータベース = きちんとした電子納品。

図面一つにとって見ても、既設の縦断・横断が有れば被災現況横断を
記入するだけで積算でき、早く予算化できないであろうか?

電子化してあればその地域のみのコンサルタントで設計しなくても
全国に手分けをして早急に復旧作業に入れないであろうか?

電子納品が役立って欲しい、そして役立てて欲しいという望みです。

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介
アクセス(ユニーク)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ