もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

CAD

新しいPC

最近3DのCADを使うことが増えてきて、何かと重いデータを扱うことになり、先日お客さんにメンテを頼まれたワークステーションPCに触発されて、新しいパソコンを作ってみました。


これまでのパソコンは5年前に作成して、少しずつ部品を交換していましたが、ここ3年は全く変えていなかったのですが、

「CADやExcel、イラストレーターぐらいなら、これで十分!」

と高をくくっていましたが、重いCADデータでは線をクリックして5,6分パソコンが動かない状態になり根本的に改善をしなければならないと思い立ってみました。


本来はお値段の高い”ワークステーション”ならぬものを買えばよいのですが、天邪鬼なオイラは独自の部品調達で。いろんなところで部品を調べていましたが、特殊な部品を含むので在庫がないところが多く”自由な組み立て販売”をしているところがあり、そこで主要部分を注文。それから高速化する部品に交換しました。


パソコンも日進月歩。5年前のトップグループの機械も今では”下”のほうでしょう。

特に近年土木業界を襲っている”3D化”。何を選んでパソコンを買えばよいかなかなかわからないところでしょう。

image
これまでに使っていたPCからHDDなど部品どり。新しいPCに付け替えです。
今回は映像(グラフィック)関係を強化する部品と、CPU。そしてWindows を入れておくSSDをM2と呼ばれるものに変更しました。

image  image


AutoCADの推奨グラフィックボード。・・・・・高い・・・。
通常の店舗では売っていないのでネット注文ですが、どれだけ通常売っているグラフィックボードと違うか騙された気持ちで今回は買ってみました。

そして右側のSSD。通常はSATA接続なのですが、このマザーボードには直接SSD M2タイプが取り付けれるのでその高速タイプを。理論上SATAのSSDの4倍のスピードが出るそうで。


ベンチマーク

実際計測してみましたら2158。通常のSSDが500なのでやはり4倍のスピードが出ていますね。ちなみに通常のHDDは150ぐらいですね。


それではAutoCAD Civil3Dを使った結果です。

今回AutoCADを2015から2016に変更したので全く同じ条件にはならないのですが参考に。


下記のような地形測量と一部3Dスキャンしたデータをサーフェスを作って使用。水路や境界ブロックなど地下埋設物もモデリングで作成しています。
image   image


image

これまでは横断図にこの水路などのモデリングを描画(作業1)する際に多くの時間が。そして他CADソフトに移動させるために3Dブロックを分解する必要があるため”図形を選択”(作業2)して”分解”(作業3)の時間を計測しました。

 

image


実際色付けなどのレンダリングをしていないのでグラフィックボードの能力はわからないのですが、旧数千円のグラフィックボードが割と良い数字が出ました。(笑)

一番問題の”図形選択”でしたが、AutoCAD2016が良いのかCPUが良いのかSSDが良いのかわからないのですが、格段に速くなりました。

それと今回からWindows10 64bitに変更しています。

これは限られたテストですので、あまり参考にはならないかもしれませんけど。


Windows10。半年前から別PCで試し使用をしていましたが役所関係の一部のソフトで不具合が出ていますので、Windows8と平行使用になるでしょう。




衣替え

10月になり朝晩が涼しく、布団が恋し〜い季節になりました。

先週も現場のサポート業務をしてきましたが、気候が良くて外での仕事が気持ち良いですね。


先週は測量機材のことで何かとごたごたしていました。

それはレンタル式CADの更新日が10/1にありました。(衣替えをしました)

詳しくお話しますと、図面を描くCADソフトを購入してCD(DVD)をパソコンにインストールしライセンス番号を入れれば使えるのですが、レンタル式はソフトをインストールするのは同じなのですがライセンスとインターネットで認証し、それをレンタルできる期間が決められているものです。


今回は9月末で以前のレンタルが切れて10/1から新しいレンタルとなるのですが、同じソフトなのですが以前は測量屋さんメインのソフトで今度は土木屋さん主体のレンタルとなり、10/1の0時に自動で切り替わるものでした。もちろん同じソフトなのですが、画面廻り(操作ボタン)がガラッと変わるということ。

実はオイラは10/1に測量仕事を入れていますので、このCADをタブレットPC入れて測量を行うのですが、画面が変わってしまうと操作自体が難しくなり大変なことに。なので事前にデモ版か2,3日早めに使えないかとメーカーに交渉したのですが・・・ダメ。
 

image


9/30の11:59。このソフトを立ち上げていますと起動します。そして10/1 0:00。利用期限が切れています〜。きっちりしていますね。

まあ、これはインターネットに繋いでライセンス認証すればよいのですが、操作画面が結構変わっていました。

幸いにも10/1は雨のため測量が延期されて10/1は画面ボタンを以前の並びに治したり、不要なボタンを消したりしまして、すばやく操作できるようになりまして一安心。
 

image


時間が限られている現場仕事で、「機械の使い方がわかりませんので・・・」と言っていたらダメですからね。

ついでに、衣替えと言いますと仕事PCの一つをWindows10にしたのですが、何個か操作が分からにところがありましてちょいと勉強を投げ出し気味になっています。


これまでは直感で使えていましたが出来なくなるなんて・・・・オイラの脳が劣化しだしたか?(苦笑)

図面レイヤ名の必要性

本日はまじめな土木のお話。
これは昨日の失敗例ですが、今公共工事では”電子納品”が普通になりましたが、その中で図面を納品する際の注意事項です。
電子納品ソフトに図面を取り込んで標準に無いレイヤは”新規レイヤ”で登録しなければならないのですが、昨日はレイヤ名を何度も新規登録しても、

「登録できていません」

と、エラーが表示されました。

もう一度図面をCADで開いてレイヤ名を確認してみると・・・・
レイヤ名の後ろに”空白”がある。 つまりスペースで空白が作ってあったのだ。

image

空白も立派な文字列となりますので、エラーが出ていたのでしょう。この”空白”を消しますと電子納品を貫流することが出来ました。

これ、発注図面だったのですが、どこかでスペースを押されたのでしょう。

(10数年電子納品していますがこのパターンは初めて:苦笑)



ちょっと話が長くなりますが、ここからは興味がある人だけどうぞ。

電子納品が始まってもう10年を超えていますが、図面もレイヤ分けできている図面が増えまして取り扱いが良くなりました。
CAD製図基準でレイヤが決まる前から、オイラはレイヤを分けて図面を作っていまして、”統一”がとってもらいたいと思っていた人間です。ですので製図基準ができて喜んでいた人間でもあります。

なぜレイヤ名が統一された方が良いのか?
たとえば図面が10枚あります。それぞれにバラバラでレイヤ名前が付けられて、1枚の図面に10レイヤあったとします。
それが構造図面でそれぞれの図面から1つずつ構造図を抜粋(コピー)して、1枚の図面に張り付けたとしますと・・・・新しい図面では100のレイヤ名が存在してしまうことになるのです。昔はこれで仕事の効率が非常に落ちていたんですよね。
公共工事の図面を何気なくコピーしたり転用していますが、統一レイヤ名の恩恵は知らないうちに受けているのですよ。

室内実習

今週は週初めより九州へ行っていました。

メインは講習会。ありがたいことに今年も講師で呼ばれましてこれで4回目。 はっきり申しますと同じ建設協会さんのところで話をするには・・・・同じネタになってしまいそう・・・。
ということでこれまでは半日座学講習でしたが、2時間実習を入れたもので行いました。
-2014-08-06 12.58.55


今回の実習は
『自社のトータルステーションとCADを連携して測量をしよう』

ということで、事前に各社のトータルステーションの形番聞いて、使用しているCADを聞いておきました。 それを講習会に持ってきていただき、CADから測量座標を拾ってトータルステーションにデータ送信をして測量をする内容で計画しました。しかし講師一人で40人同時に実習はちときびしそう。
ですので、地元の測量機器屋さんにも手伝ってきただきました。
 

image

会議室(講習会場)を現場と見立てて、室内で構造物の位置出しを行いました。(外は暑いので・・・)
しかしオイラは朝から会議室に行き、床にトラバー杭(マーク)を設置するために、部屋の形のなど上記の図面を作っておかなければならないので、ちょいと忙しかったですね。
ししてこのCADデータを渡して、自社のCADで座標付けを行い、水路や集水桝の座標を取得し、トータルステーションへ転送しました。
まずはCAD。AutoCAD、A納図、Ho_CAD、CADWell、フォーラム8、JWWとこのあたりが来れば問題ないと思って準備がしていましたが・・・福井。きれいに忘れていました。(苦笑)。でも、福井を使う人が集まっていただき、使える人がグループリーダーとして操作をしてもらいました。

今回の目的は

「自社の機器、装備でトータルステーションをフル活用できますよ」

ということを体験してもらうものでした。

失敗なのがAPA通信をするのに、各社ケーブルがそろえれなかったこと。それと転送用ソフトを自社のPCに入れてあげるようにしていたのですが・・・HDDの容量が足らないなど、残念なところもありました。


最後は土木の3次元化が進んでいることを講義で終了。
”重たい荷物を持ってきていただきありがとうございました講習会”でした。(笑)

講習会をしてきました

先週末は社内講習会ということでTS出来形を作成する際の注意事項や図面照査を早く行う方法を講習してきました。
今回は建設システムさんとの2幕という形で行いましたが、社員の方々は一生懸命に勉強されており、話すオイラも気持ちが良かったですね。

2013-08-24 11.23.50

測量を行う際のトータルステーションの取り扱いについて、「あれっ?」て思われた事項が何回か。
今回の講習もですが、あえて「知っておられるであろう」と思われることも話をする。
オイラもそうだったのですが、ある程度年齢を重ねていると、”土木の常識”と思われることも人に聞けなくなってしまうことがあるものでした。

しかし肝心のオイラの声がかすれたようになり、聞き取りにくかったのではと反省しています。

マニアックなCAD操作を行いましたが、講習が終わった後に「もう一度先ほどの操作を教えてください」と前の方に来てくださったり、「図面をこのような使い方があるとは・・・」という言葉もいただき、仕事に役立つ話が出来たのかなと安心しました。

オイラにもっともっとプログラミングの技術があれば便利なソフトが作れるのに・・・と、悔む次第です。

図面を描くこだわり

昨日は前日測量をしたデータを使って平面図を作っていました。
土木工事では、発注図面があってそれに加筆することはあるものの、”ゼロ”から書き始めることは少ないものです。
実はオイラもそのくちで、ゼロから書くことは少ないです。
今回は延長200mぐらいの農家で、周辺もろとも平面図を作成したわけなんですが、現場で図って帰ったデータを
CADにプロット。それを頭の中で地形を記憶して帰ったことを線を増やしていき図面にするわけです。(平板ソフトを持っていませんので)

おそらく図面を描く人にとっては、一種のこだわりがあると思います。
「もう少し無映えがいいように・・・」とか 「絵のバランスが悪いなー」などと。
オイラが土木を始めたころに上司だった人がオイラ図面の先生。
現場の図面を方眼紙にシャーペンで描くことが主流のころですね。
でも描けども描けども・・・・・「お前センス(絵)がないの〜、ワシみたいに描けや!」
とよくしかられていたものです。確かに同じ一本の線を同じシャーペンで描いても、0.5mmの線には違いがありました。
「よし、じゃきれいに描けるコツを教えてやろう。シャーペンを回して描くんじゃ」
ほへ??
「ペン回しですか?指の周りをクルクル回す奴ですか?」
「ボケ!こうじゃ!」
とまあ、ペンの使い方、三角定規の使い方など道具の使い方できれいな図面が描けるかが決まっていましたね。
道具のこだわりで、わざわざ東急ハンズへ行きこだわりの文房具をそろえるのが趣味でしたね。(笑)

でもCADに代わっても線の太さや線種をどのように使って描くか。 これも絵のセンスがあるかどうかでしょう。
絵心が少ないオイラにとっては、ひたすら描いて練習するしかないでしょう。
AutoCAD Civil3D 最近は等高線を描くだけのソフトになってしまいましたわ。(苦笑)

問い合わせが多いな〜

今月は仕事をしているのか、遊んでいるのか分からなくなってしまっているうちに・・・・12月15日になってしまいました。 
おいおい。あと半月で大晦日!? まだ今月いっぱいのお仕事と請けてきた仕事が片付いていないのに・・・・どうしよう。 
となげいているばかりでは前に進まないからとりあえずパソコンを立ち上げて仕事をしている気持ちになろう。(笑) 
そんな中最近お客さん・・・になっていない人からパソコン操作での問い合わせが続いています。(多い日は4,5件) 
でも、サポート契約していない”単なる問い合わせ”で終ってしまうのがちょっとむなしいかな。 
でも、「いつかは仕事が来るであろう」と思って目先のことは考えまい。というか、久々に声が聞けるのと頼られるのはうれしいものですね。 

最近多い質問は 
 Windows 7 に関する専用ソフトのエラーについて 
 電子納品のソフトの使い方について 
 CADの操作方法 
 工事の施工方法 など 

Win 7 など最近の電気店ではwindows 7 64Bitの機種しか置いていなくなりまして、パソコンの移行を行っているに当たり古いソフトが使えなくなっているのです。 
ま、オイラも64Bitに変えてまだ半年しか経っていないので、いまだに苦労をしていることもあります。 
でも昔XPにした時にも少しはドタバタした記憶が有りますので、しばらくすると落ち着くでしょう。 
あの当時「Windows2000がいいから古くてもWin2000のPCを導入しよう!」という会社が有りましたが、あっという間にサポートが切れてあえなくXPにした会社もありました。 

Windows XP Home Edition , Professonal ともに2014年4月までの延長サポートには成っていますが、あと2年と4カ月。 持っているソフトとよく考えて次のPCを購入しましょう。

SXF技術者更新セミナー

先日は資格更新講習会を受けてきました。
とは言っても今回は特殊な講習会に出向くのではなく、CDが送ってこられてインターネットを接続して行う講習会です。
これまでは大阪などに出向き、講習を受けたり、広島市内のある企業へ出向き、そこのPCを使った講習会などでした。
このたびは更新手続きをするとCDが届けられてきました。
SXF
(SXF:CADのデータ交換標準フォーマット)

PCにインストールを行って自分の資格番号・生年月日を入力して講習がスタートしました。
インターネットに接続して行われるものなのですが、3時限設定されており、1時限をスタートしたらストップはナシ。
途中には試験問題も出題されて終了時に配点されてます。

確かに大きな更新講習会に行けども質問出来るでもなし、一方的にスライドを見せてもらって終了ですからね。
こんな資格更新はこれからは広がってくることでしょう。
オイラの地域の場合大阪か福岡に行くことが多いのですが、交通費だけでも1万円を超えてしまいます。
これもインターネットの恩恵ですね。

技術講習会(大分編)

本日は講習会にて大分県に来ています。
オイラはCADとトータルステーションについてマニアックな話をさせていただき、nikumaruさんが創意工夫と総合評価+αの話で本日の講習会を終えて一息をついています。

昨年もこの建設協会さんに呼んでいただいたのですが、とても好印象。で今回来ても・・・・”来て良かった!”です。
今回3時間話したのですが、もっといろいろと対話をしながら工事現場が楽になる話をしたいな〜と思った場所でした。

講習会-.jpg
 (講師の影はnikumaru氏。オイラはこれを×0.8にした体型:笑)

今回は土木工事の測量方法と測量会社が行っている測量方法の違いに注目。
「もっと建設会社が工事を効率よく楽にできる方法があるぞ!」と気づきこのたびのお題にさせていただきました。

さて、便利な方法を話をさせていただきましたが、各建設会によって必要頻度が違いますので設備投資と現況を考えていただかないのは確かです。でも技術の進歩は止められないとも思いますね。
建設CALS/ECが進み技術の進歩が今日の測量技術にもなったのかな〜と思う今日この頃です。

しかし現場技術者さんは”一生勉学”になっていますが、今からの時代を生き残るには”苦労=未来を作る”という式が当たり前となってしまうのかと考えてしまいます。
でもその中で”無駄な苦労”しても未来はみれるものではなく、”先のある苦労”はたくさんすることは良いでしょう。

今は下火となっている建設業ですが、まだまだチャレンジしてコスト縮減に取り組める技術もあるとオイラは確信しています。

CADの選択

先日ある話の過程で、オイラが持っていないCADを見せてもらいました。

前回「オイラが持っているCADを使いきれていないやー」と記事にしたことがありましたが、浮気性?なのでまた新たなCADも気になりました。

A納図.jpg

今回これを見せてもらいましたが、「土木専門」というカラーが出ていましたね。
思わず叫んでしまいました。 「ここまで作る?」(笑)

土木業務の中でも滅多に使わない機能も装備されていましたが、有って邪魔になることはないですから付いている方が良いですね。

前回災害復旧の平面図を作る時には、持っていたCADだけれど滅多に使わないCADに便利な機能が付いていましたので、それを使って早く作図しました。
以前は「パソコンで図面が描けるCADなら・・・・操作が簡単なら・・・お値段が・・・」という要素がCADを導入する選択要素でしたが、 「補助機能を生かした作図」に変わろうとしていますね。
でも自分に合って、なれたCADが一番早く作図できるのは間違いないのですが、会社の都合によりCADの変更が余儀なくされた人を多く見ていますが、数年するとメインのCAD。この機能が必要なときはこちら。と言う具合に上手に2台のCADを使っておられました。
 
数台のCADで便利に・・・・  が出来ればおすすめですね。

先週の思いつき

先週末はCADの講習会に出かけていました。
今回の講習会実技。各自自分のPCを持ち込んでいただき
「実際に設計変更図面を書くための操作、CAD製図基準に準拠した図面をSXF変換する際のエラー事例、修正方法」を行ってきました。どうだったか? と聞かれたら・・・・講習時間が足らなかった・・・の一言。 2時間の枠ではとても無理でしたね。(笑)

講習会には1日とってあったのですが、オイラの後もう一人の方のお話が入っていましたので、私は早々と撤収させていただきま、次の講演も聴かせてもらえました。

講師の方は 平口 洋 先生

現状の建設業の話、普天間、医療など今の政治でどんな問題があるかを表面ではわからないところも2時間お話ししてくださいました。

核心は 「税金無しでは、国の政策は何もできない」 との説明です。
あたり前のように聞こえますが、税金が入らないと介護、医療費への補助金を出したくても出せなくなる。
実際日本は毎年国民から借金をしているのです。返す当てもなく。
ほんと、日本で一番赤字会社は、日本政府ですね。

マスコミでは無駄な税金はすべて建設業にあると言われていますが、まだまだ補助金を減らしてもよい機関もあるとオイラは思いますね。


Excel & の使い方

久々にExcelのお話を。

セルに数字や文字がたくさん入力してあって、
「このセルの文字とこのセルの文字をくっつけたいな〜」思うことが有りませんか?
そんなとき”Excel関数”の助っ人が役立ちます。

=セル番号セル番号
=”文字”セル番号

ではどんな使い方にするか、

&3.jpg

C、D列に測点の文字列があった際に、 NO. と + いう文字を付けたい。

そんなとき上記のように文字列には両サイドに”  ” を付け、 & で文字をつなげていきます。
すると29行のように表示されるようになります。

でも、E列29行をコピーした際にはまだ数式のままなので、貼り付けの際には
右クリックの ”形式を選択して貼り付け” → ”値” にして貼り付けをすれば文字列として貼り付けれます。

測量を行う座標値でもこれが使えますね。

&.jpg

この様に座標値一覧表がありますが、D列のような " , "区切り (カンマ区切り)をに変換してExcelで
”名前を付けて保存” → ファイルの種類を”CSV(カンマ区切り)”で保存すれば座標値をCAD上にプロットすることが可能なこともあります。(CADによってX座標値をB列かC列に表示させなければなりません)

保存.jpg

AutoCADなら上記のように、上に ”LINE” と書き、D列をコピーして、AutoCADの下側にある”コマンドウィンドウ”に貼り付けをすれば線を描いてくれますね。

CADもExcelを上手に使うだけで、もっともっと便利に成りますよ。


電子納品の実態は?

(社)日本土木工業協会(土工協)のCALS/EC部会のサイトに、電子納品が現場でどのように行われているか?のアンケートの集計結果が発表されました。

(社)日本土木工業協会 CALS/EC部会

ここって何をするところ?と思われる方が多いかと思われますがこんな本も出しています。
やさしいCAD図面電子納品入門.jpg 実践電子納品.jpg

「あ、これ見たことがある〜」、と言われる方もいるのでは?

そこへ昨年度(今年の3月まで)電子納品のアンケート調査結果が掲載されています。

2008年度 土工協 電子納品対象工事実施状況調査報告書

これは国土交通省・各地方団体の700現場で調査されたものですが、「全国的にはこんな状況なんだ〜」とびっくりすることもありました。

昨年のアンケートとあまり変化はあまりないようですが、キーポイントは次の通りのようです。

1)SXF形式の利用(発注図、完成図)がまだ低く、AutoCAD(DWG形式)のほうが利用されている
2)紙との2重納品が多い
3)工事写真以外の電子検査は普及していない
4)情報共有システムは、旧運輸省の「工事帳票管理システム」は定着しているが、それ以外は電子データの活用が遅れている

オイラがいる中国地方では上記のキーポイントと大きく違う点が1つだけありますね。

1番のCADの受け渡しですね。
中国地方の国交省では100%に近く発注図面をSXF形式(P21ファイル)で渡してもらえますね。
設計変更時の図面の受け渡しもSXF形式。そして完成図を納品する際にはSXF形式が大半を占めるでしょう。

SXF形式で何度も受け渡しをしていると、”文字化けや寸法線化け”など、とても少なくなり、いい感じに成ると感じています。

発注者のHPだけではCALS/ECの勉強はできないので、ここのようなサイトで新たな勉強をされるのも良いでしょうね。

建設IT講習会

講習会の講師のため昨日は大分県入りをしました。
朝から夕方までびっちり6時間2人で話し続けました。

えっ、オイラは何をしたのかって? 現場で便利にCADを使うための方法をメインにお話をしました。

DSCF5417.jpg   DSCF5421.jpg

大分県建設業協会日田支部青年部会さんの講習会だったんですが、みなさんとても熱心に聞いていただき、今までにないネタまでご披露をさせていただきました。(笑)

どんなCADでもできるCAD製図基準に準じた図面の描き方。
そしてどんなCADでもできる図面の照査方法を話したのですが・・・・・・皆さんはどうだったのでしょうかね?

もう一人?? そう、今話題のnikumaruさんにも北海道から来ていただき今旬の「創意工夫」のお話をしていただきました。

来ていただいた皆さん、ありがとうございました。

設計の意図

ここ1カ月悩みのお仕事をやっています。

設計が古く紙ベースの設計図しか無いのですが、詳細設計がほとんど無い上に設計の意図がつかめない照査がやってきています。
延長約500mの砂防設計なのですが、橋、床固め、護岸、道路、農作物への取水など、それぞれの用途で設計されているのですが・・・・ 道路は突然起伏している部分もあれば水路はほぼレベル。直角に曲がって渡る橋に、地元地権者に聞いて話を進める擁壁など、

全く設計になっていないではないか!!

と、怒鳴ってしまいそうです。(だからここに書いているのですけれど:笑)

用地境界を犯してしまう構造物などが多々点在して、結局平面図、横断図ともCADですべて作り直しとなっています。

10年以上前の土木工事とは違い、もっと設計段階で精度が高くしたものを発注してもらわないとこまりますね。
(設計した時期の問題ではなく、この設計の問題ですかね。)(笑)

構造物(BOX-C)の高さが決められておらず、現地を当たって決め、方向も図面をスケールアップして現地で地権者に見てもらう。
工事現場で直接仕事をしていれば”現地あわせ”でどうにかなるのですが、発注図面だけを見て行う照査では限界が・・・

当初の設計者が独自で設計した構造物も結構あり、解読するまでに大変です。


さて、設計変更が多くなっているこの時期ですが、”標準的”と”相手に分かり易い”を書類の作り方を心がけましょう。
現場に従事していると、ついつい手順を略した計算となりますが、誰にでもわかりやすい書類の作り方。

これも上手なコミュニケーションの一つなのでしょうね。

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介
アクセス(ユニーク)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ