もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

HDD

パソコンの寿命

時たまパソコンの購入について問い合わせがあります。
昨日も「古いパソコンが動かなくなったので直してもらえますか?」と相談を受けました。

もぐら「そのパソコンは何年前のです?」
相談者「8年前のですが、調子が悪く思うように動かないのです」 と。

いつものようにオイラは  「捨ててしまいなさい!」  と。(笑)

最近は非常にパソコンが安くなっています。オイラが初めて買ったときは40万円もしていましたが、そこそこ使えるものでも7,8万円で売っています。
「捨ててしまいなさい」と言ったのは、古い機種を2,3万円出して修理するのではなく、「この先ずっとパソコンは使うわけなので、OSの変化にも耐えれる機種にした方が良いですよ」という意味なのです。

オイラが感じるには近年(5年前)のものでしたら結構未だに十分に使えるでしょう。しかしOSがWindows MEが入っていたころのものは厳しいと感じています。

オイラの家でも古いパソコンが数台転がっていますが、どれもきちんとフォーマットされていつでもいる人にあげれる準備は整っていますが・・・・誰も欲しがりません。(笑)(Windows95,98クラス)
やっぱり数段に安くなっているから新人さんにはどうしても新品を進めますね。

パソコンに入っているHDD(ハードディスク)の取り扱いは要注意です。いくら中のデータを消したからって、消したデータは復元することができるのです。業者に引き取ってもらう時にも、処分方法をきちんと聞かれた方が良いですね。

「中古で出回るようになっても復元できないようにデータ消去をしてもらえますか?」と

古い機械は子供の練習用などに十分に使えますので、捨てずにとっておくこともよいでしょう。


「もぐらさん、暇な時に治しといて〜!」  と、古いパソコンが年間数台、無償修理がきます。(笑)

ファームウエア

年度末になり工事の完成・新規工事の発注、そして会社、移動転勤が始まる時となっています。

こんな中今一番酷使されているのが・・・・・・ パソコンではないでしょうか?(笑)

人間はそれなりに
「苦し〜いよ!!」 「疲れたよ〜!!」 と声をあげて叫んでいますが、ネバーギブアップ精神のパソコンくんはなかなか声にしないものです。

しかし声(異常音)を出し始めると、早めに処置をしておかないと、使っている人の泣き声が聞こえて来ることは確かです。(笑)

と、いうのも、オイラの外付けのHDDがボイコットを始めてきました。
前の夜には 「お疲れ様!!」 とそっと電源を切ってやるのですが、昨日の朝には 
「おい!! 起きてこいよ!! 起きているのか、だったら人の話を聞けよ!!」 と、呼びかけても一切反応してくれなくなりました。

「あああああああっ、明日の完成検査の書類を入れたままなのに・・・・・・」 と、オイラが泣く羽目に。

1週間前にはBackUpを取っているのですが、この時期の1週間はでかい!! メーカーに問い合わせてもなかなか繋がらない。と、ドタバタな日でした。

何とかメーカーと話が出来、修理に取り掛かりました。

結果を申しますと、今使っているLAN タイプのHDDですが、中はOS(オペレーティングシステム)が組み込まれており、それが壊れていました。

ファームウェア (ハードウェアとソフトウェアの中間的な存在)

あまり聞くことがない人もいるでしょうが、最近のPC周辺機器にはこのさまざまなファームウエアが入れてあり、周辺機器を稼働させています。

以前書いたADSLのモデムの通信速度を速くするには、モデム内にあるファームウエアを最近のものにするだけで早くなったりもします。
先週はオイラのノートPCとバッファローの無線LANのつながりが悪かっあっため、最新のファームウエアを更新してやると、見事に治ってしまいました。

どこか調子が悪いな〜と感じたら、ファームウェアの更新をしてみるのも一つの手です。
もちろんパソコンが調子が悪いのは・・・・Windowsが壊れかけている証拠ですね。

おまけ

NTTのモデムのファームウエアはこちらから  

I・O DATA のドライバーなどは こちらから   

BUFFALO のドライバーなどは こちらから        

続きを読む

LAN HDDのゴミ箱

先週LANのHDDが便利だと記載をしましたが、ちょっと不便なことも
有り、またそれの屈服方法を書きます。

このLANのHDDは非常に便利なのですが、取扱いに注意をしなければ
ならないことがあります。

通常外付けのHDDや本体のHDDに保存しているデータをゴミ箱に移すや
右クリックで削除をしても、一度はゴミ箱に入って、あとから復元することが
出来ますが、LAN HDD内のデータを右クリックした場合、ゴミ箱に入らずに
いきなりデータが削除されてしまいます


こんなことで悩まれた方もいるのではないでしょうか。

ではLANHDDにゴミ箱が必要!と思われる方は下記の設定をされて見てください。

      フォルダー作成-.jpg    ゴミ箱2-.jpg

LAN HDD内にフォルダを一つ作ります。
それには判りやすいように”ゴミ箱”と記載しておくと良いでしょう。

今度はデスクトップ上にショートカットを作成します。

   ショートカット-.jpg

デスクトップ上で右クリックをし、新規作成 → ショートカット を選択し
参照で先ほど作った”ゴミ箱”フォルダーを選択します。

するとデスクトップ上にショートカットが作成されますが、下記のようにアイコン
イラスト・名前を変更すればよくわかります。

       ゴミ箱1-.jpg
  
LAN HDD内で不要と思われるデータはつまんでゴミ箱に移動すればとりあえず、
ゴミ箱フォルダーに入ってしまう
仕組みとなります。

社内・現場内でルールを決めて時たまゴミ箱フォルダー内の削除をしてやれば
HDDの整理ができるわけです。
通常の本体内のHDDにこのようなゴミ箱を作られて活用するのも手だと思われます。

最悪LAN HDD内を削除した場合、HDDを取り外して外付けHDDに変更すれば
復元ソフトで復旧することもできます。

大事なデータを無くさないようにしてください。

LAN HDDの活用

皆さんお仕事環境はよろしいでしょうか?
と、言っても本日は上司の問題を言っているものではありません。
もし上司のことや部下での問題はこちらで相談してください。(笑)

本日はPCのデータ整理の環境です。
数人でデータを共有しなければならないときにはネットワーク上で
一つのフォルダーを”共有”にすれば、各パソコンからそのフォルダーに
アクセス(見に行く)ことができます。
(事前にネットワークを設定してしておきます)

そのほか、LANタイプの外つけHDD(ハードディスク)を使えば他の
人のPCを起動していなくても、外つけHDDでデータを共有できます。

よく、現場にサポートで行ったときに、数人いても誰かのPCのフォルダ
と共有にしていますが、外付けのHDDの方がPCに無理がかからないので
スムーズにいきます。

そんなLANタイプのHDDの容量が一杯になってどうしよう?と悩まれている
方は一度試していただきたいことがあります。

     20081007736-.jpg

オイラはIO-DATAのLANHDDを使用していますが、250GBが一杯になり
上のUSBHDDを買い、LANHDDに接続しますとそれも共有になり
増設が完了します。

HDD増設-.jpg
このようにネットワークを見ると2つのフォルダーにはなりますが、皆さんで
共有できます。

今は1TB(約1テラバイト=1000GB)の大容量のHDDも発売されており、
データ保存が楽になってきました。

ちなみにLANHDDの中身を大容量に交換することにチャレンジしてみましたが
挫折してしまいました・・・・・(泣)

現場事務所にはLANタイプの外つけHDDをお勧めしますよ。

HDDの修理・データ復元方法

今は仕事場では必ずPC(パソコン)が必要な時代となっていますね。

2週間前からオイラのところにもパソコンの修理が1台入っていました。
話は2週間前に戻りますが、

「パソコン画面が青くなり、再起動を繰り返すのですがどうすればいいのですか?」

と一本の電話が入ってきました。
まずは、復旧できそうな対応を電話で話をしてみましたが・・・・無理でした。

実際の現物を見て修理・復旧をしたものの、起動する気配はありませんでした。
そこで持ち帰り、中にあるHDD(ハードディスク)を抜き取り、起動の診断を
行いました。

さて、ここからオイラが行った確認方法を記載していきましょう。

ウインドウズを起動しなくても、HDDのみなら動くこともあります。
そこで、HDDを本体から取り外すのですが、各メーカーや機種ごとに
違いますので,インターネット上を探してみれば、メーカーか好きな人が
HDDの取り外し方を書いてくれているかも知れません。

取り外したHDDを1000〜3000円のHDDケース(USB接続用)
取り付けます。取り付け方は端子にUSBに変換するものを差し込む
だけでOKです。

       DSCN0610-.jpg

これで外つけのHDDに早変わり。それからHDD内のデータを探しに
行ければよいのですが・・・・・このたびは、HDDが全く回らなくなって
いましたので、中のデータを出すことはできませんでした。
(お客さんは最近バックアップされていたので、使えなくなるデータは
少なかったです。)

このHDDケースを一つ持っておくと古いパソコンのHDDを抜き取って
外付けHDDに早変わりとなります。
これもリサイクルですかね?(笑)

でも古いHDDには一見データは見えないけれど、個人情報がたくさん
入っていますので、自分のみで称するようにしましょう。

あ、それからこのPCの修理方法は、新しいHDDを買ってきて、ウインドウズ
を入れてセッティングしました。
新しいHDDに変えるだけでも、非常に早く起動し、サクサクになりますよ。

PC逝く

昨年書いた記事でハードディスク(HDD)が壊れかけているか調べれるソフトを
紹介しましたが、こんなに早く私に降りかかってくるとは・・・・・。

昨日パソコンが自然に再起動がかかり出しました。そしてきちんと起動しない。

あやしい!

少し時間を空けたらWindowsが起動できましたので早速HDDチェックソフトを
起動してチェック。

しきい値やワースト値が非常に高いぞ!

とりあえずデータのバックアップを開始しました。

もう一度そのソフトを紹介します。(手抜きではないよ!) 

HDD Smart Analyzer (ダウンロード場所へ移動)

HDD Smart.jpg

ダウンロードをしてアイコンをクリックするだけでこの画面になり、チェック
結果が出ます。

        しきい値.jpg
しきい値は壊れる境目。ワースト値が自分のHDDの状態です。
つまり しきい値 < ワースト値 ならとりあえず正常と云うことです。

どれか1つでもし きい値>ワースト値 なら交換の目安となります。
あと、外付けのHDDはチェックはしません。

ちなみに壊れかけたHDDで出た数値はしきい値が230、ワースト値も230
になっていました。

こんな症状の方はご注意を
 1、PCが自然に何度も再起動する。
 2、再起動になっても青い画面、もしくは黒い画面になって起動しない。
こんなときは早めにデータをバックアップし、HDD交換か修理がよろしいでしょう。

こんなときには「このやろう!」と思って何度も起動させるのではなく、
PCを一度冷やしてはバックアップをしていきましょう。 
HDDは消耗品です。

HDDチェック

今年も皆さんはパソコンを使いきった方ですか?それとも使われた方?

なんにしてもパソコン無しでは仕事が出来ない世の中になってしましました。
(困ったものだ!)

この1年間の内でも「PCが壊れたー!」と悲鳴が上がっているのを何度か
聞いています。そのほとんどがハードディスク(HDD)が壊れているのが原因
でした。

そこで今日は自分の付けているHDDが正常に動いているか、壊れかけて
いないかをチェックするものを紹介します。

HDD Smart Analyzer (ダウンロード場所へ移動)

HDD Smart.jpg

ダウンロードをしてアイコンをクリックするだけでこの画面になり、チェック
結果が出ます。

        しきい値.jpg
しきい値は壊れる境目。ワースト値が自分のHDDの状態です。
つまり しきい値 < ワースト値 ならとりあえず正常と云うことです。

どれか1つでもし きい値>ワースト値 なら交換の目安となります。
あと、外付けのHDDはチェックはしません。

ちなみにこのHDDチェック結果はオイラのPCのHDD。今年交換したばかり
なので来年もしっかりと働いてくれそうです。(笑)

 

バックアップはお早めに!

先日ある会社のデータ復元を行ってきました。

当日朝、その会社に勤めている友達より電話があり、
「もぐらくんはコンピューターが得意だったよね、データの復旧は出来る?」
と問い合わせがありました。
話を聞くと非常に困っている様子で、「二つ返事で受けてしまいました」

その晩、PCの使い終わりを待って復元作業に取り掛かりました。

復元ハードはデスクトップであり、HDDの容量は一杯です。

その会社は全国的に展開している会社ですが、HDD中を見ると
社内的に整理またはデータのバックアップのマニュアルは出来ていない
ようでした。

この時期土木現場ではデータの更新は早いものです。
みなさんお早めにデータのバックアップをしてください。
もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ