もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

HP

Epson 長尺印刷設定

オイラがA1プリンターをEpsonに交換して早1年半。その間以前HP(ヒューレット)機でできていたことができずに悩んでいました。
というのは、以前は2m越しの写真印刷が出来ていたのですが、Epson PX7500(中古)を購入して、きれいな印刷や幟旗の印刷はできるのですが、途中で印刷が止まったりして困っていました。


オイラは写真・デザイン印刷にはAdobe製品使っていますが、いろいろとネットで調べていますとAdobeのPostScriptなどにぶつかりもしかしてこのRIP出来るソフトがないとだめなのかな〜とあきらめていました。

以前のHP機では印刷ドライバー内で長尺印刷設定することが出来ていました。(HPの記事はこちらから)
で、今回長尺印刷が出来た方法を少しメモしておきます。

-20140227_001
(Epson PX-7500)
この印刷機はもうサポート対象外となっていますが、なかなかの性能。写真印刷でもとてもきれいな発色してくれます。

設定方法
印刷基本設定をクリックしタブの”ユーティリティー”を選択し”ドライバの動作設定”を選びます。

image


image


(1)
常にRAWデータをスプールする

チェックを付けるとRAW形式でデータをスプールします。

通常のEMF形式でスプールされたデータが正しく印刷されないときに選択します。メモリ不足、ディスク容量不足による問題や、印刷スピードの遅さなどが解消されることがあります。

(2)
解像度制限

用紙の途中までしか印刷しないなど解像度を制限して出力

(A1写真を作ってみましたが見た目全く変わりませんでした)

まずは(1)のみで設定してダメなら(2)をチェック。

PX-7500の場合、プリンターメモリーが64MBしかなく、「常にRAWデータをスプールする」ことによりパソコンからプリンターにデータを送信するのにあたり、少量ずつ送信(シュプール)することによりプリンター側のメモリーオーバーを防ぐことができました。
最近のプリンターにはメモリーが256MB乗っていますので少しは大丈夫ですけど、やはり大容量のデータは設定が必要となるでしょうね。

それとパソコンメモリーが不足していると、上記のように行かない場合もありますが、近年のパソコン事情によると問題ないと思われます。

これでダメなら次の手を

(3) もしLANでパソコンとプリンターを接続されているのでしたら、USBケーブルに変更


これでダメなら

(4) PX7500を「通常使うプリンター」に設定する。

これでもダメなら・・・・・データ容量を落とすかプリンターを変えるか?(笑)

CADデータでもTIFFデータが貼り付けてあるCAD図面は、このことと同じ設定にしないと出力できないことがあります。

ちなみにこれはまだ2回しか成功していないので、ご意見等がありましたらコメントへの書き込みをお願いします。

プロッターの修理

年度末の竣工検査時に平面図だけA1用紙に印刷を・・・と思ってA1プロッターのHP110君を久々に動かそうとすると・・・

HP designjet 110plus.jpg

「ギギッ ・ギッ 」 と音がするだけで動かない・・・。

おかしい。インクヘッドがある部分を開けて見ると、インクノズルを固定しているプラスチックが折れているではありませんか。
で、その場は印刷をあきらめて先日修理の依頼をしてみました。

HP(ヒューレットパッカード社)に、電話してみることに。
「その機種の部品を郵送して、訪問修理をする仕組みとなります。ですので修理代とは部品代+出張費で計算されます」
なるほど、大型のプロッターだけに郵送費や手間を考えるとその方が賢明かも知れませんね。

「見積もり計算をしますと、約45,000円となります・・・」

うあ、高いとは予想していたがここまでとは。こんな小さな部品交換が45,000円するかと思うと情けなくなり、電話を切り自分でどうにか修理できないかを検討する事にしました。

そこで昨日修理してみることに。 初めのうちは針金やクリップなどを使って工作していましたが、固定する長さの調整がむずかしく何度やっても失敗ばかり。
ふっと思いついたのがこれ。
HP110-3.jpg  
ケーブルタイ(通常タイラップといいますね)

このたびは細いものしか使えないのですが、細いものは短い。そのため2本を連結し、使うことにしました。
ケーブルタイは長さ調節や、締め付け量が自由になるので「これはいけるぞ!」と確信して作業に。

HP110-2.jpg

HP110-1.jpg

締め付け長さもラジオペンチで微調整し、固定が完了しました。
テスト印刷をしても問題なく以前と同じように動き出しました。

45,000円浮いたと思ったら、昨日は気分がとても良かったですね。(笑)

地域のの写真

オイラの趣味の一つでもある、写真。 飾っていた写真をリニューアルしたことをお話します。


一昨年地域の文化祭に展示した長さ1800mm×600mmの写真なのですが、この町の郵便局で飾ってもらっていたのですが、色があせてしたので、我が家に撤退をさせていました。

写真を撤去した後に郵便局を訪れたらご近所のおばあさんも来られていました。

すると 
「なんかこのあたり(写真があったところ)が寂しくなったね〜。 はぁ、ここに飾っていた写真がなくなったからかい? ここにあった写真はこの郵便局の顔でもあったのに・・・・」
と、いってくださいました。

これはまずいことをしたな〜。作りなおさないと・・・・。 と感じ、夜な夜な写真を作りなおしました。

この写真はHPのA1プロッター(HP designjet 110plus)で印刷したものなのですが、A1ロールの光沢紙で印刷したものなのですが、なかなか色が載らなくて苦労をしました。特に黒。印刷して数時間が経つと灰色になって写真がボケたようになっていましたが、今回はマット紙を購入し作成してみました。

  a0908200658.jpg
長尺印刷の設定方法はこちらの記事

なかなか調子がよさそう。順調に黒も印刷できました。
ネットで調べてみると、この手の光沢紙は色あせが激しいと書いてあり、長期保存にはまだマット紙が良さそうです。

 a0908200660.jpg 左が光沢紙、右がマット紙

色あせしてしまって、春の写真が秋の写真に代わっていました。(笑)

a0908210661.jpg

これが出来上がり。 どちらも5枚の写真をつなげたものです。

これで地域貢献と・・・あのおばあさんと顔を合わせることができます。(笑)

大判プリンターの設定 (HP編)

本日はオイラのメモ代わりにブログを書きます。
最近歳ですかね〜、一度やったことでも時間の経過とともに記憶・知識が・・・
消え失せてしまいます。(笑)

最近困ったことが有りまして、何とか問題解決できたことです。
PTAやら地域の行事に参加している時に大型プリンターを持っているので
このような垂れ幕などを印刷しています。

   印刷.jpg

   HP designjet 110plus.jpg HP designjet 110plus (A1サイズまで)

Excelなどではここまで大きな文字は打ち出すことはできない上に、
文字の形が変形してしまい、無理でしょう。
通常Adobe Illustrator などを使用して作りますが、オイラはAuto Cad
使用しています。CADは拡大印刷しても文字の形が変わらないので
イラストレーターの代わりにもなります。

HPの印刷設定ですが、通常のインストールした状態では、データー容量が
大きくなると余白部分が印刷できなかったり、印刷バランスが狂ってしまう
ことがあるのです。

長尺印刷の方法とその時のHP印刷設定の方法をを書きますので
必要な方は試してみてください。

”プリンターとFAX” からHPの印刷機を選びます。

HPプリンター.jpgHP 110プロパティー.jpg


”印刷設定”を選び HP designjet 110plus 印刷設定を表示させます。
HP 110印刷設定.jpg

ここで用紙のサイズ用紙の種類などを選定します。

  ユーザー用紙.jpg

このままでも長尺印刷ができる場合もありますが、一部分印刷できない
こともあります。

印刷設定時のタブ”機能”をクリックします。
  HP 110印刷設定 機能.jpg
通常”変更しない”になっていますが、”イメージ印刷サイズ内で拡大縮小”100%にします。

次に印刷設定時のタブ”サービス”→トラブルシューティングメニューをクリックします。
   HP 110印刷設定 サービス.jpg

  HP 110印刷設定 サービス トラブル.jpg

通常は”SpoolSmartを有効にする”にチェックが入っていますが
”16ビット アプリケーションと互換性”にチェックを入れて、”適用ボタン”を押します。

これでHPの大判印刷機で長尺、容量大きなファイルを印刷することができるでしょう。

HPプリンターの印刷ドライバーが古いものではこの画面が出ないこともありますので
HPドライバーサポートで最新のものを探してきてください。

注意:大容量や長尺以外は通常の設定にしてください。他のトラブルが出ますよ!(笑)

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ