もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

SXF形式

HO_CAD Paoが便利に

便利なCADのお話。
先月講習会に行った際に、受講者さんに「どんなCADを使っていますか?」という質問に、HO_CADと答えられる方が多かったです。
そこでそのバージョンを?と聞くと 「フリーソフトのPaoになる前の・・・」と答えられる方がほとんどでしたね。

オイラが講習会で言っている定義。
「表計算や文書作成ソフトは1,2種類しかなく、互換性はありますがCADは数百種類ありデータの交換が大変なのですよ」と。

それと使い方がそれぞれ違いため、「会社でのCADソフトの変更は、至難の業ですよ」とも言っています。
オイラはいろんな建設現場を見てきましたが、会社の都合で最新のCADに変更しても、職員さんは古くても以前のソフトを使っていることが多いですね。
時には自腹でも、以前から使っているソフトを購入した人もいます。

 

image_thumb

前置きが長くなりましたが、先月よりHO_CAD Paoで、AutoCADのデータが取り込めるようになりました。(^^:    
   
そしてお役所へ納品するSXF形式(P21、SFC)も数年前より変換できるようになっています。
となると、AutoCADを使っている人で、面積計算や測量座標をもっと便利に使おうとする人などには便利んなるでしょう。

image_thumb[4]

大きな平面図もファイルをHO_CADにドラッグアンドドロップすると、簡単に取り込めました。
やはり役所や社内でCADファイルの交換っていうところで悩んでいる人が多いですね。
そのなかでファイル交換をSXF形式で行うっていうことが、今の公共工事では言われていますが、AutoCADをSXF形式に変換するソフトを持っていない人が多いということ。
つまりAutoCADを使っている人は、DWG形式でデータ交換しか出来ない環境であります。(DXFは何かと問題がありますので、オイラはここ数年使ったことが無いです)

良く現場で使っている操作で、Excelの表をCADの文字、線で取り込む。
image_thumb[6]
これもExcelの画面と同じような操作画面でコピペ出来、張り付けたり出来ます。

そのほか隠れアイテムが隠されており(笑)土木では使わない機能も入っています。
法務局・土地家屋調査士関係でしたら便利でしょうね。(オイラは使うことが無いのですけど)

使用するにはまずは会員に入ることから。
http://www.ho-cad.com/

会員に入ると「HO_CAD Alloance」というSNSのHPで、質問や情報をもらえるようになります。

image_thumb[11]

気になるお値段は一般の人なら10,000円ですね。(入会費かな)
SNSのHPで最新のプログラムをずっと?ダウンロードできます。

旧バージョンの2.70以前を使っている方。長い目で考えますとお得な情報ですね。

SXFデータの交換

最近発注者に提出した図面の修正が多くなったと感じられます。

なんだ?そんなの以前から同じではないか!と思われるかも知れませんが
その図面修正の内容が非常にCADソフトに特化した内容となっているのです。

そのエラー内容は発注者が持っているCADソフトと自分が通常使っている
CADソフトの互換性をしっかりと把握しておかないと起こるエラーです。

異なるCAD間を上手にデータ交換できるものとしてSXF形式(拡張子P21、SFC)
が出来ているのになんでそんなことが起こるの?
と疑問に思われる人もいるでしょう。(専門過ぎて申し訳ありません)

この多くのエラーにはAutoCADがほとんど関連しています。つまりこのCADを
扱っている方々はSXF変換方法を確実にマスターしていないと電子納品は
おろか、通常のデータのやり取りまでも相手に迷惑をかけてしまうこととなります。

別にAutoCadが悪いのではなく、それを扱う方法が出来ていないことなのです。
中味的には、尺度を決めずに作図するAutoCadで1:1のままSXFに変換すると
縮尺を決めたCADで取り込むと印刷図面枠から飛び出していることがあります。

また縮尺を決めて作図するCADに1:1で作図したAutoCadデータを取り込む際に
きちんと縮尺を決めずに取り込んだ場合は、SXF形式に変換しても尺度が合わない
ものとなってしまいます。

これはケースバイケースとなりますが、SXFデータの交換にはもっと慎重と
ならなければならないことです。

ちょっと絵を付けていないので分かりにくいかも知れませんが事前協議の際に
受発注者間で互換性を確かめることがその工事を順調にさせれることかも
しれませんね。

たくさん有るCAD

先日は現場へ若手のCAD講習に行って参りました。
そこの現場には職員7人と一つの工事現場としては多いのではと
思います。
この現場事務所に訪れてお話をしているとCAD環境で非常に厳しい
ものであると感じました。
それは、7人いてもCADの種類は4種類。 J、H、A、B ・・・と。

「それぞれCAD図面を描くのだからそれはそれでいいのでは?」と
言われる方もいるかもしれませんが、通常発注者から貰ったデータを
修正していくのですから、1つのデータをみんなで使ったほうが合理的に
なるのです。

現状を聞いていると変換の中枢としてB CADを使っているのですが4年
ぐらい前のCADであって、他社のCADの読み込み書き出しがあまりきれいに
行っていないのが現実でした。たとえば文字の大きさが非常に大きく変化
したり、図面としての見栄えは大きく変わってしまいます。

一つの現場に4種類のCADがある事態あまり珍しいことではないのですが
このようにCADの種類は非常に多くあるのです。
それに同じCADソフトのファイルでもバージョンによって古いCADでは読み込めない
現象も多々有ります。

表計算や文書作成においては2,3種類しかなく、ここ最近はバージョンも
関係なくファイルを開けるようになっています。

年配の方がCADを使いたがらないのはこのあたりにも原因が有るかも
知れませんね。

オイラの感想としてSXF形式を使えるCADが現場にはあまりにもなさ過ぎるようです。

もっとCADを便利に使える環境を整えれば業務の改善が出来ると思います。

 
もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ