もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

Windows

またもやOSの再セットアップ

今週は皆勤賞を狙うぞ! ということで昨日の出来事を書きます。


昨日”メインパソコンのCドライブがレッドゾーンに”なったことを報告しましたが、昨日の昼から思い切って初期化(OS再セットアップ)を行いまして、今朝やっとこさ通常の仕事がそれなりにできるようになりました。


今回のOS再セットアップで一番困ったこと。

『Windows Essentials 2012』が使えなくなったこと。
何それって言われそうですが、自分みたいに自作パソコンを使っている人は、Windowsのメールソフト(Windows Live mail)は、MicrosoftHPより『Windows Essentials 2012』をダウンロードしてきてソフトをインストールするのですが、この『Windows Essentials 2012』は2017年1月に終了してダウンロードができなくなっていたのです。
(昨日前回の再セットアップから半年と書いていましたが11か月目でした)


image

このソフトの中には

 メールソフト  ムービーメーカー フォトギャラリー OneDrive  ブログ用Writer

の5つのソフトが入っていました。


オイラが使っていたのは ・メールソフト・ブログ用Writer です。そう、この記事もこのソフトを使って書いていたので大慌てです。
メールソフトはOfficeについているOutLookに切り替えて、苦心してメールアドレスを移行しました。そしてブログ用Writerは・・・

Microsoft社は「このソフト単体でダウンロードできます」というメッセージが残されていましたがインストールできず、ネットでいろいろと調べてこのソフトを配布しているところを見つけて、今朝の記事作成に至りました。(??なところでしたのでリンクはつけておきません)


1年に1回のOSの再セットアップはやりすぎかもしれませんが、今朝はすっきりとして気持ち良いですよ。(笑)

フォルダの名前の変更が遅い

表題の通り昨年の10月ごろの ”大きなWindows Updata” が、事務所のパソコンに異常が出ていました。それは

「フォルダの名前の変更をすると約2分間パソコンが動かなくなる」 問題。


事務所ではいろんなパソコンで、共有のデータを扱えるようにWindows server 2012 を使っています。そこにWindows10のPCからアクセスしてフォルダー名を変更しますと自分のPCが固まってしまう現象です。


今回この問題が解決できる方法を見つけたので、健忘対策として記事にしておきます。
問題解決に至るまで数か月問題検証をしていました。

1)Windows10のPCを再セットアップして使うと問題なくフォルダ名が変更できる。しかしWindowsアップデートが進むと、変更できなくなる。

2)Windows server 2012の再セットアップ。これでもダメでした。

3)ウィルスソフトのOffやファイアウォールの設定など変えてもダメ。


そして数日前にネットでほかの症状で書かれていたことを試したところ、今のところ問題なく使えていますので、その方法を記載しておきます。

※パソコン毎に違いがありますので、直らない、反対に故障する恐れがありますので、自己責任でお願いします。


Windowsの”スタート”アイコンの上で右クリックし『コントロールパネル』をクリック。

image


コントロールパネル内の『システムとセキュリティー』をクリック

image


システムとセキュリティー内の『管理ツール』をクリック。

image


管理ツール内の『サービス』をクリック。

image


サービス内の 『windows search』を探します。(無効の部分が自動にになっているはずです)

image


windows search の上にカーソルをもって行き『右クリック』して『プロパティ』をクリック。

image


windows searchのプロパティでスタートアップを『自動 → 無効』に変更し『適用』を押して完了です。

image


これまでフォルダー名の変更で苦労していたのがウソのようにサクサクと変更できるようになりました。

これをOffにすることで、”パソコン内の検索”が遅くなることが予想されますが今のところは問題なく使えています。


Windowsのアップデートからおかしくなるということは、Windowsのバグなのでしょう。でもいつになるかわからないアップデートを待っていても仕事にならないので、このように処置をしました。

無理やりWindows10にするは、アップデートをしてエラープログラムを送り込むわで、あきまへんなー(泣)

余談

先日息子がこんなものを持って帰ってきました。


image


懐かしき”ゴマちゃん”のですが、これなんでしょうか。


答えはこの下 ↓










image


image


ゴマちゃんマウス


Windows XP の次に出た Windows Vista の発売した時のTOSHIBA販促品のなのでしょうかね。

最近はおんなじ感じで”ぱらちゃん”もあるそうで。
使った感想は・・・ゴマちゃんのお手てが親指と小指に当たって邪魔な感じが・・・。


どうでもよいお話でした。

Windows10のブラウザを間違わないように!

今週は皆勤賞です。(笑)


本日はfacebookなどでも皆さん苦労をしている

『Windows 10 に勝手にアップグレードされてしまう』

問題ですね。


image

Windows 7,8,8.1 を使っている人は画面の右下にwindowsマークが表示されクリックするとwindows10にアップグレードが始まるのですが、先月ごろから画面全体に

「Windows10を予約する」画面が出てきて、右上の × をクリックすると

「予約を設定しました」

となり、 「お前は詐欺師か!!」 と思わず叫んでしまいましたからね。(笑)


とても古いソフトやフリーソフト、入札などで使っている人は要注意ですが、Excelやサポートをされている土木ソフトやCADソフトを使っている人はオイラの見解から見ますとWindows10にアップグレードしても問題ないと思います。


そこで”入札関係で専属に使っているパソコンなのでアップグレードしたくない”ということをよく聞きますが、Windows10が発売になった昨年の夏。当時は

「アップグレードをしないでください」

と、通達が多く来ていましたが、もう発売されて10カ月経っていまして、

「入札・認証システムもWindows10に対応しました」

というころも多くなりました。


そこでWindows10 のブラウザですが、アップグレードした際に大きく ”e” アイコンが出てきていますが、これは”Microsoft Edge”というソフトであり、入札などで指定されている”Internet Explorer”ではありません。


image


Internet Explorer は、『すべてのアプリ』 → 『Windows アクセサリ』の中にあります。


image


いつも使われつのでしたらデスクトップなどにショートカットを作られていると便利でしょう。

ちなみにバージョンは Internet Explorer 11 。これはWindows7を通常通りアップデートしてあったらIE11になっているはずです。


image


その中にもJavaと呼ばれるバージョンが有りますので、Win7 とWin10のIEの中身には違いはありますが、無料でアップグレードできる(されてしまった)人は一度行政のHPで確認してみるのもよいでしょう。
それと認証カードなどはカードリーダーのメーカーによりますので、メーカーのHPの確認も必要です。


ちなみにここのブログに来て頂いている人のOSの割合。

image


まだまだWindows7が多いですね。(笑)

古いパソコンもWindows8なら動く

そろそろ梅雨入りしそうになり、雨の日が増え野外の仕事の調整が難しくなり始めました。

なのですが先週は内業をぼちぼちしていましたので、またつまらないことをしてしまいました。


古〜いノートパソコンをもらってきましたので、ちょいと新しいOSを入れてみることにしました。

機種はNEC PC-LL550 /CD   2005年に発売されたものですね。(13年物です:笑)
Windows XP が全盛期で動いていたものですが、もうセキュリティーや動きがもっさりとして通常の仕事ではつかえないものとなり、その頃のパソコン本体も処分されず事務所に転がっているのをよく見かけています。

今回のミッションは

 『Windows 7 or 8 を入れてWindows10にバージョンアップする』


ナントも無謀というか物好きというか・・・暇人のすることをやってみました。


まずハード面をチェック。メモリーが250MB(DDR)しか入っていなくて、それを以前のPCから取り出していたメモリーを入れて1GBにしてOSの入れ替えをスタート。

Windows7 8ともライセンスを使わなくなっているものを残していますので、それを入れてみました。


まずはWindows7を。
  image  image
OSインストールしましたが、左の写真のように画面標示がうまくいかなくなってしまいました。

ノートパソコンには、使われているマザーボードが特殊でメーカーが提供しているドライバーが無いと画面表示・LAN・音響が動かないのです。しかしこの当時のメーカのドライバーにはWindows7のものなどなく、XPのものを入れても入りませんでした。なのでLANをUSBで使えるようにしてアップデートを試みたものの画面が640×400なので下の方にある”OK”ボタンが押せない・・・ということであきらめました。


次、Windows 8


image

順調にインストール出来て通常に動くようになってしまいました。画面はきちんと表示して、LANも使え音も出ました。

そうWindows 8は、マザーボードのドライバーが無くても動くOSなんです。別なデスクトップPCで試した際にもマザーボードのドライバーを入れなくても動きましたからね。
(3機種しか試していませんので、自己責任でお試しをお願いします)


そして最後の作業。Windows 10に無償アップデート(2016/7/29まで)。

しかし何が問題なのでわかりませんが、アップデートを失敗してしまいます。


結局Windows 8.1 までして終了ということになりました。ミッション失敗です。(笑)

image
1000円程度で無線LANにできるものを売っていますので、これで家の中持ち歩いて使うことが出来るPCになりました。

動きはXP(SP3)のころに比べて軽く感じますね。オープンオフィス(無料のExcel,Word,PowerPoint互換ソフト)を入れてちょいと使えるPCの出来上がり。


最近よく相談を受けるのですが、

 「Windows 10にした方が良いのですか?」

Windows7,8,8.1は 2016/7/29まで無償でアップデートできます。
古い複合機・プリンターや古いソフトを使われている事務所では新しいOSのドライバーが無くて動かなくなることもありますが、それ以外は無料でできるときにアップデートをしていた方が長い目で良いでしょうね。ちなみに我が家ではWindows7,8を10にバージョンアップしたPCはそのまま使えています。
 

仕事環境の変更

いやー、ブログが久々に1週間飛んでしまいました。

先週はパソコン入れ替えで始まりまして、パソコンのカスタマイズ(新品をもっと早くする)ことで終わってしまいました。

事の始まりはひとつ前の記事の通り、仕事用PCを新調したのですが、事務所で使っているPCをトータルで中身を組み替えまして結局6台のPCをつくった形となってしまいました。

一番手間取ったのは、データーサーバー(server)。昨年の夏以降あまり中身をチェックしていなかったのですが、見てみますと・・・こんなことに。

2016-02-21 21.31.53


なんとWindows OSが入っている ”ドライブC” 60GB容量で59GB使用中ということになっており壊れる寸前になっていました。ネットで対策を調べていましたら、別なことも分かり、このWindows Home Server2011が、サポートが4月に終了してしまうということ。 早すぎる終了ですがこのOSは便利でしたがあまり売れていなく、打ち切りになったそうです。
(そのOSは自動でCドライブを60GBで作ってしまうため容量を大きくしていませんでした)


実は1年前に交換するために次のサーバーを購入していたのですが、設定が難しくて途中で放り出していたのがあり、今回は途中やめするわけにはいかず、半日かかってやっと設定しました。 
2016-02-22 19.30.19 
Windows Server 2012 。 多くの企業さんで使われている本格的サーバーですね。

仕事環境を一新しまして、先週末にはAutoCAD2016に入れ替えができ、2015ではできなかった3D操作があり、やっとお客さんが求めているデータが作れるようになりました。


先週末土曜日は夜勤でしたので、日曜日に昼寝してしまい今朝はもう仕事をしていますと・・・休みは無かった気分。さて今週も公私とも忙しくなりそうで、ねじを巻きなおしましょう。

Windows XPを使う

Windows XPのメインサポートが終わってしまいましたが、4/8ごろにも
「当社のほとんどがXPですが、サポートが終わるのを知りませんでした〜」
と電話が数社ありました。でもオイラは「別にすぐに使えなくなるわけじゃないのですから〜」と説明したのですが、すぐに4,5台を買ってきます。と言われていました。

と、先週はいろんなところで”駆け込み交換”された人があったようです。


じゃXPを使っていると何が恐ろしいのか?

ウィルス・・・・・?
これについては使われているセキュリティーソフト会社によりますが、
・ウィルスバスターは、2015年12月31日までアップデート
・ESET は2017年2月28日(予定)まで
・ノートンは期日はうたっていませんがサポートすると

基本的に、ウィルスとかトロイの木馬などセキュリティーソフト会社が最新に更新さればXP機でも最新になりますので発見・駆除はしてくれます。しかし、OSからみのウィルスはダメなのでやはり最新のOSの方が安全ではあります。
というのは、根本的に古いWindowsは悪い人たちが中身を調べ上げているので、プログラムの隙間を狙って悪いウィルスを作っていますので、新しいものの方がよろしいのです。特に”遠隔操作”ならぬものが入ってきた際には、使っている人は知らないのに、悪意のあるメールやウィルスをそのパソコンを使って拡散してしまうのです。(誤認逮捕問題が今も続いていますよね)

もしもう少しXP機を使われるのでしたら、一度OSの再インストールして使うことが賢明です。しかし古いWinXPはService Pack3までアップデートできないものもあり、むやみに再インストール出来ないものもありますので詳しい人に調べてもらいましょう。


ということで、オイラは昨年のうちに最新のWindowsXP機?を作成していました。

-maza

古いパソコンのマザーボードとCPUを取り外して、上記のマザーボード・CPUが一体化になっているもの(6500円)に取り換えて。XPを再インストール。
古いマザーではワイドモニターに対応していなくて、ここだけは何かで対応しておかないと使いにくいものでして。
でもいつも使うためのパソコンではなく、古い測量計算ソフトを使う専用機ですね。

しかし、どのパソコンを使っても脅威はついていますので、新機器でも取り扱い危ないHPには要注意ですね。

XPのサポート終了の問い合わせ

正月明け1週間の仕事が終わりました。
しかし今年は月曜日からでしたから長かったですねー。週末が待ち遠しかったです。

年末までに抱えている仕事はとりあえず片付けて今年の正月は珍しく”仕事”としてパソコンは使っていませんでしたが、あっという間の正月でしたね。

さて、仕事はじめてなっていくつか同じような問い合わせが。
「4/9からWindows XPが使えなくなるからどうしましょう!」と。

「いや、使えなくなるのではなくて、4/9以降マイクロソフトがWindows XPの開発(セキュリティー)をしなくなって、アップデートがなくなるのですよ」
と説明することに。
問い合わせの人はどうにかしてXPをそのまま使いたいようで、「ウィルスソフトが入っていれば大丈夫では?」とか「Netにつながなかったら大丈夫では?」と質問を繰り返し。

でオイラの回答は・・・・
「悪い人がXPのセキュリティー脆弱をついて悪いソフトが出まわらせなければ大丈夫」
としか答えられません。(苦笑)
犯罪者の動きをオイラが知っているとすれば、オイラが犯人になってしまう。というかそんなスキルを持ち合わせていません。(笑)

そういえば以前Windows Vistaも同じ時期にサポートが終了すると書いていたことがありましたが、5年延長され2017年4月までになっていますので。Vista機も悪評でしたが、きちんとWindowsの設定(画面・アイコン・起動など)をすれば’並みに使えるとオイラは思いますので、VistaのOSを持っている人はその利用をするのもコストをかけずにこの4月を超えることもできますね。


もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介
アクセス(ユニーク)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ