もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

ipad

新しいアイテム ipad

先月末は”納期期日”に追われる週になっていまして、ギリギリで・・・・間に合いませんでした。

「ギリギリで間に合わない」って変な日本語ですが、データの共同作成の仕事を受けていまして、メールでやり取りしながら仕事を進めていたものの外回りの仕事やら、夜間でのメールやり取りで時間が過ぎてしまいOUTとなってしまいました。(泣) 一人でやっている仕事は時間をかければどうにかやれますが、キャッチボール形式ではお互いの時間調整やお互いの納期も大切だと痛感させていただきました。


そんなドタバタしている中にも”遊び心”?を忘れず、武器を買ってしまいました。

image

2011年に”ipad 2”を買って早5年。ios(AppleのOS)もどんどん上がって今年でios10になり、ipad2はios9でバージョンアップも終了となりました。

それ以前に画面表示や動きが非常に重たくて、以前にみたいに外でのお仕事には使っていませんでした。でも5年使えば十分でしょう。(まずは自分を正当化!!)


今回は ipad mini4 が先月から15%ぐらい安くなりましたので、情報を入れる手段としてアイテムを増やしました。新機種が出るかなーと思っていましたが、”来年春まで出ないであろう”とオイラの”読み”で今の購入になりました。

使用した感想は・・・「軽い!」 ipad2が610gでしたが、これは300g。半分ですね。


スマホの画面サイズは16:9なのですが、ipadは4:3なので、文字を見るにも比較的楽なので、これがipadにこだわる一つの理由ですね。


この週末には測量できるアプリを入れてみました。


image   image

その場で緯度経度を座標で表示してくれる「平面直角座標」を。民間の平板測量をするときには2点の座標を調べて”真北”を決めるのに便利ですね。


そして軌跡を記録してくれる”GPSロガー”は、いろんなアプリが出ていますが今回はこれを選んでみました。

image  image

細かな設定ができる様でしたので「ZweiteGPS」を使ってみることにしました。


後日以前のように、GPS性能をテストしてみることにしましょう。
SONYスマホのAndoroidアプリ VS appleのiosアプリ

昔よりどれだけ性能が上がっているか楽しみです。

Apple のウィルス

先日かみさんがipadを使って検索をしていますとこんな警告が現れてきました。


image


基本Appleのウィルスは無いとされていますが、現れてきましたね。

ちょいとケイン作しますと、”無視”することが一番だそうです。 おそらくそんなものかと思っていましたがあまり良い気がしませんよね。

「閉じる場合、責任は自己負担・・・・」ってなんか日本語おかしくないですか?

”自己責任”ならわかりますけど。(笑)


とりあえずOKボタンは押さずにシャットダウンで対応。そのあとは何にもありませんでしたね。

ipadでgoogleのchromeを使ってピアノの楽譜を探していてこの画面が出たそうです。おそらくこれはipadのどうのこうのでなく、HPに仕掛けられたトラップだったのでしょうね。


昔ははがきや手紙で「有料サイトに・・・」と督促が来ていましたが、大事にしまっておくと気になるので、オイラはすぐさま破ってごみ箱に。もともと契約していない料金を払わされることは無いと信じていますので。

しかし、仕事Windows PCで一度ウィルスやトロイの木馬などを検出してしまいますと脅威ですのでバッサリとOSをフォーマットしてしまいますけど。


さて、先日他社さんのPCを改良しています今まで見たことのない部品がついており、今週は寝る前にパソコンの勉強をしていました。最近PCが力不足(3Dデータをクリックして10分ぐらい動かなくなる)なことがありますので、ちょいと強化するため高いPCを買ってしまいました。(でも電気屋で売っている中級PCよりかは安い)

また報告します。

ひつじのしつじ

昨日夕方にスマホの電池がいつもより少なくなっていました。
おかしいと思ってよく画面を見ると・・・「ひつじのしつじ」が現れているじゃありませんか。

オイラはこの機能を使わないので、邪魔なだけである。
「ご用件をお話ください」といっているから
もぐら「おまえはどうやったら消えるんじゃ!」
と質問してやったけど、何度も聞き返してくる。

-DSC_0693
言葉使いをやさしくしてやったんだが、一向に答えてくれない。

かみさんに言わせると 「方言が入っているからダメなのでは?」と。

Apple のコマーシャルでさえ広島弁であるのに・・・。

   


日本語って難しいですね。(笑)

簡易平面図の作成

今週は現場の照査、測量の準備、電子納品といろいろな業務が入っていました。
そこで遠方へ工事完成時の電子納品データを引き取りに行った際に、別現場の人に
「これから始まる現場の平面図を早急に作って欲しい・・・」
といわれ、「早く言っていただければ測量機を持ってきたのに・・・・」と、悔やまれましたがとりあえず簡単なものでもいいから〜 と頼まれまして緊急に平面図作成の仕事になりました。

ではオイラが行った簡易な図面の作成方法を。
1、携帯電話でノートパソコンをテザリングでネットにつなぎぐ
          ↓
2、工事現場付近のgoogleの地図+航空写真を表示して画面コピー
          ↓
AdobeのPhotoshopにその画像を張り付けて一つの写真に変換
image
        ↓
その画像をCADに張り付ける
(このままでは縮尺が分かりません)
image
        ↓
現場に行って現場踏査(写真撮影・ちょっとしたメジャー計測)
        ↓
ipadを使い航空写真で良く見えるところでGPS機能を使って座標値を数か所計測
地図コンパス(19座標系) というアプリです。すぐに緯度経度を座標値にしてくれます)
__
          ↓
ノートPCのところへ帰ってその座標値をCADにプロット
image
          ↓
ipadによる座標値のところへ航空写真の縮尺・方向を合わせて配置
          ↓
計画図面を張り付け、写真と航空写真でトレース
image 
          ↓
image
       ↓
     完  成

という手順でした。工事を行うところ以外は”他人への図面の分かりやすさ”を作る程度ですので、この程度でも 大丈夫と思います。
実質この作業2時間ぐらいです。

ここで一つ注意がありますが、GPS機能を使っても衛星の補足しだいで大きくずれることもあります。
またGoogleの写真ですが、写真のつなぎ部分になりますと、現況と大きくずれる部分がありますので注意が必要です。

最近のメカや環境はびっくりするぐらい便利となりました。でも、技術者は大変だ!(笑)

スマートフォンでヘロン計算を

今日は九州のある土木施工管理技術者講習会に来ています。昨日は大雨になっていましたが
オイラが移動するときには比較的少雨でよかったです。
しかし・・・・オイラを知っている人に言わせれば
「もぐらさんは雨男だ!!」と言われてしまいます。
そういえば・・・・オイラが遠方に行くたびに”雨”が付きまとってしまています。(苦笑)
DSCF3468-

今はこのお方の話を聞いています。明日は私の出番なのですが、なんかオイラが話をすることを
全部しゃべってしまいそうな勢いですわ。(笑)

さて、明日使うコンテンツなのですが、ちょっと今日ここでデータをアップしておきます。

話のはじまりは、建設会社の友達が
「関数電卓でヘロン計算をしたいのだけど、プログラムを入れてくれる?」
と、言ってきたので、「それなら今のスマートフォンでやればいいのに〜」
と言ってしまい、通常パソコンで使っているExcelの計算ファイルをスマートフォンで
使いやすい?ように表示を修正してみました。
ipad,iPhone,AndroidなどのOffice,Excelが使えるアプリが入っている場合は下記のファイルを
ダウンロードしてみて使ってください。

「ipadheron.xls」をダウンロード

現場でちょっと生コンの面積を・・・という方は使ってみてください。
また、これをパソコンに移動してそのまま使っていただいても良いです。

ipadのGPS性能 その2

先日ipadのGPS機能を使ってどんな仕事が出来るかなーと考えてみましたが、ではipadのGPS受信性能がどの程度か書いてみます。
その前にもう一つGPS受信機を用意。
201203160606-

Holux社のGPSロガー M-241 (7500円で購入)
以前はSONYのGPS-CS1を持っていましたが・・・精度の悪さに結局お遊びでしか使えませんでした。(平気で70mぐらいずれる時も)
この武器はSONYのものより一回り小さくその場ですぐに緯度経度を表示してくれまして、パソコンなしでも情報を見れます。
さてipadとこの機器をうん百万もするGPS測量機と競り合わせてみましょう。
でもうん百万もするGPSは持っていないので、国土地理院HPより公共座標を閲覧してその場所に行ってきました。
201203170609- A-J171-

公共基準点は緯度経度で記載されていますので、測量計算のHPで平面直角座標へ換算します。

最初に書いておきますが、この実験は1回しかやっておらず、本当の精度ではありません。参考程度の成果と思って読んでください。
ではipadから結果を書きましょう。
ipad-
ipadで緯度経度を計測していますと、ずっと同じ数値を表示。もしかして・・・とおもって1m範囲ぐらいを持ち歩いてみましたが数値の変化はありませんでした。
わりと鈍いやつだな〜という評価。
この地点での公共基準点との相違は2.906m。 ipadのアプリではしっかりと
「精度(水平=10.0m 垂直=12m)」
と記載されていますので、3m以内で収まったのは良い方でしょう。

ではHolux社M-241の結果を
このGPSロガーは数値が少しずつずれていましたので、時間をかけて計測してみました。
HOLUX2- 2分後 : 基準との水平相違=4.770m
HOLUX10- 10分後 : 基準との水平相違=0.174m
HOLUX12- 12分後 : 基準との水平相違=1.001m

とまあ、10分ぐらい受信続けていましたら、1mぐらいの範囲で受信をしていました。
どうしても緯度経度の表示が秒が小数点第2位までとなっていますので10cm単位での精度となってしまいます。
土木工事などで事前に現場踏査するときに施工範囲を見るときに発注図を使って緯度経度を調べておけば
ipad、 GPSロガーを持ち歩けば比較的簡易に位置を調べることが出来るでしょう。
あと、先日発売された”新しいipad”精度はいかなものかと。だれか調べられましたら教えてください。

ではこの後のipadのGPSを使ってあるアプリを活用すれば・・・・ 今年の講習会ネタとしますのでもう少ししてから書きます。

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介
アクセス(ユニーク)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ