もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

GNSSの活用

 今週は、標高700m超えの山の現場を歩きまくったり夜間仕事をして“ヘロヘロ君“になり、昨夜は足がパンパンになって、

「これ以上動きまくるとヤバいな」

という、体力の限界というか体力が減少していることになりました。(苦笑)


 前の会社の上司に数年ぶりに電話して話をしていると・・・


「おまえもええ歳なんじゃけ、若い者に現場をやらせていけばええじゃん。あ、ま、お前にこんなこと言ってもダメじゃな。昔っから自分でやらないとダメな奴じゃけ!」

と、言われました。(苦笑)


 この上司とは若き頃に何現場も一緒にやった人なので、30歳代になり、若手を連れて現場所長もやっていると若手を育てていくことが楽しくなりました。そして自分のスタイルは・・

「まず自分でいろいろと苦労・方法を見つけて若手に教えていく」

というスタイルになりましたね。


今週もいろんな業務をやっていましたが、この機材は今後の土木に必要だと感じた機材の一つ。


ネットワーク型GNSS(GPS) 観測機

image


ネットワーク型GNSS機1つを持って歩けば2,3cmの精度でその位置を観測できる機材です。

土木では施工箇所だけの座標を持たせて図面を作ることがありますが、先週末にある建設会社から

「施工延長は400mの山道なんですが、基準点が何もなく発注されていてどうやって仕事を進めていけばわからないのです」と。

図面を見ますと、地域の等高線図面から横断図や道路線形を作成されており、どこから道路を作るか全くわからない発注図面でした。


山の中で木がいっぱい茂っている現場と聞いていましたので、まずは現場にGNSS機をもっていって確かめてみました。

なかなか衛星をとらえることができなかったのですが、このぐらい立木があるところでも数分即位したらFIX(高精度観測)ができました。
「山の中ではGNSS機はほぼ使えない」と、聞いていたのですが、オイラの機器だけなのか、とても安定して衛星をとらえてくれました。

やってみないとダメですね。


で、起点・終点周辺の位置を取得して、「基盤地図情報サービス」HPより5mメッシュの情報をとってきて3次元等高線を作成して線形の見直しや縦断図、横断図を作成しました。あとは現地に行って確認ですね。


今頃は5mメッシュには ”航空レーザ測量データ” も入っているところもあり、より正確になっていることだと思います。


でも、設計図を作成する会社もこのご時世、世界測地系の図面を作成しないと業界に通用しなくなることとなると思いますね。

事務所整理

いろいろと機材が増えましてこの週末は事務所の整理をやっていましたが・・・・終わらん。


会社を作って今の仕事を始めて17年が来ますが、その際に何度も部屋の模様替えなどでいらないものを抹消したつもりでしたが、まだまだ古いものが残っているものですね。

不詳にも今年の正月に過去の仕事のデーター15年分が消えてしまい、データ復旧するもまともなことにならずに、

「この際、未来だけを見ろ!!」

と、あきらめて・・・シクシクと悔やんでいたお正月でした。(泣)


でも、過去のデータを見ることはまず無いのですけども、物を捨てれない性格でしてね。


今回は自作の本棚にぎっしりと書類を詰め込まれていたキングファイルを開帳。

”建設CALSや電子納品マニュアル。そして過去の公共工事の契約書コピー”など。

昔は書類を見て覚えたり調べていたものでしたが、近年はタブレットなどで書類を見ることが当たり前になってきましたからね。

『自炊スキャナー』が流行ったりもしていたように、まだまだ紙媒体からデジタル化が進んだところで仕事を始めていますものでしてね。


建設資材のカタログなども。今ではネットでいくらでも引っ張ってこれるので、紙で残しておく必要はないのですよね。


image


でもまだ捨てれない物が5cmキングファイル20冊分は残っていますね。

時たま過去を見て、捨てるのも新鮮かつ時代を流れを見ることも必要ですね。


で、古いものといえばこんなものを思い出して引っ張り出してみました。


image


昔の車のプラモデルですね。 ネットで調べてみると・・・2万円弱していました。(笑)

この手の昔のスポーツ車が今頃値段が跳ね上がっていますね。AE86(レビン・トレノ)は、200〜万円ぐらいになっていますね。


何が価値が出てくるかわからない時代ですけど、断捨離 は、定期的にしないとゴミ屋敷になっていますのでね。(笑)

ダウンロードができない

毎度でございます。
今年に入り、ここのブログのセキュリティーを上げたのが原因なのかわからないのですが
昨日ブログ内にアップロードしたファイルがダウンロードできないことに気づきました。

とりあえず下記のファイルはダウンロードできるようにしましたが、きれいなファイル名では
まだできませんが、とりあえずダウンロードできます。

過去にアップロードしたファイルをパソコン内から探し出さないといけないので
もうしばらくお待ちください。

ご迷惑をおかけします。

ダウンロード - kouteir2.xlsx

丁張り計算 ダウンロード - .xls

封筒印字 (Ver2015)  ダウンロード .xlsx

AutoCAD(座標プロット・点名+線) ダウンロード .xlsx





路面切削機のマシンガイダンス

ここ最近黄砂がひどくて気分もどんよりになりますね。本日で令和2年度が終わり明日からは新年度という少し気分も上がるのでは?という日ですね。


1年を振り返るもあるように1年度を振り返ってみますと、西日本は3年前の豪雨災害復旧が続いており建設業は忙しい年度だったと思います。それに付随するオイラの仕事もいろいろと声をかけてもらっています。その中でも『業務改善』ということで、3次元データの作成やUAVや新しい測量方法の相談もたくさんありました。


その中で現場で実験も建設会社と一緒にさせていただいたりしました。

舗装修繕において舗装を滑らかさを決めるには、路面の切削の精度に大きく左右されるますので、品質・出来形を向上させるために先月はこれを使わせてもらいました。


image


古いアスファルト舗装を削る 路面切削機(ロードカッター)に、マシンガイダンスができないかと測量機のプリズムをつけてみました。


image  image image


路面切削機は、上下左右の動きが複雑で、金具を取り付けるのに苦労しました。(汗)
仮取付なので単管で。


プリズムポールと単管の径が違うので、塩ビパイプを単管に入れてみました。


image image


単管と塩ビパイプの径も違うので、隙間をアルミ戸の張り替えようゴムを撒いて圧入するとしっかりと固定ができました。


image


いざ現場へ。 


image image

路面切削機には左右にターゲット(プリズム)を取り付けてみました。

自動追尾トータルステーションは、”右側のプリズムだけ追尾!”を選ぶことがでできないので、片方はTrinmle TS 自動追尾だけ使える ”LEDプリズム”を設置して選別しました。


image


TS出来形管理用3次元XMLデータを 福井PCのTREND-FIELDで設計切削路面高との差分を表示してオペレータに伝える。プリズム高は路面切削機のビットの先までを計測して入力しています。


通常は事前に路面に削る高さをスプレーで書いて、オペレーターさんが読み取って高さをコントロールします。


この写真の”赤の矢印”の鉄板が路面に接触してモニターに現況の高さがモニターに表示されます。でも、この写真のように路肩が土砂の場合、宙に浮いて高さを表示することができなくなる現場もあり、こんなところでは、マシンガイダンスにしておけば、正確に高さを決めることができます。


image


でも問題点も多く見つかりました。

写真のように道路の側面から追尾させることができればよいのですが、狭いところやカーブでは、トラックやスイーパーが障害となり追尾ができない現場もあるかと。

今回は出来形・品質は良くなることがわかりましたが、根本的に路面切削機に、位置・高さを機械に取得させる方法を考えないと広域な現場には難しいですね。

次なる構想もあるので、また実験をしてみることにしましょう。(笑)

夜間撮影

 暖かくなりましたね〜。現場を歩いていると夏服がいるようになりました。

なので桜も例年より早いのかもしれませんね。昨日も南側の現場に行きましたが、3分咲きかなと思いました。

 暖かくなって先週の夜勤も少し薄着でよくなって動きやすかったです。

趣味の写真ですが、今月も2箇所の現場から撮影の依頼があり、機材をかき集めて出かけました。

 どちらも夜勤なのですが、一応大きなセンサーサイズが大きいカメラを持っていますので、バルーン照明程度の明るさでフラッシュを使わなくても撮影できます。フラッシュを使うと反射チョッキなどに明るさが調整されて “写真が暗くなってしまう” こともあります。


image

(工事現場には看板など反射物が多いので)


今回は「120tクレーンで30tの機械を吊る状況写真」を撮る依頼。手持ちカメラと定点カメラでタイムラプスを作ることにしました。ちなみに今回の記事の写真は色・明るさ調整は全くしておりません。


image


120tクレーンは、現地には腰下とブームはバラバラでやってきて、現場で組み立てられます。


image


今回吊られるものは、『推進機』 下水などの地下トンネルを作る機材なのですが、ここのは直径3mもあり巨大なものでした。


image



image    image


工事現場で使用しているCALS対応デジカメのセンサーサイズは通常 1/2.3型(6.2×4.6mm)。今回使用しているセンサーサイズはフルサイズ(36×24mm)というもの。センサー面積の差が約30倍あります。


image


なので、暗闇の時はより多くの光を取り込めるのです。

でも最近のスマートフォンなどでは暗いところでも比較的明るく撮ることができますよね。

工事用コンパクトデジカメは、暗いところではシャッタースピードが長くなり、”手振れ”で写真がきれいに撮れないのですが、スマートフォンはシャッタースピードがそこそこのスピードで撮影し、数枚の写真を重ねるて1枚の写真にするHDR機能が普通に使っているのです。

これはiphone12で撮影した写真。 これでも工事写真はOKなのですが、ちょっと色が抜けきっていない感じです。

image


 近年工事写真は「電子小黒板」というアプリをスマートフォンで使い、工事写真撮る現場が多くなりましたが、夜間工事こそスマートフォン・タブレットをつかったほうが、きれいな写真が撮れます。


ちなみに最近の工事用カメラでもHDR機能はついていますので、少し練習をして使うのも手です。


image

本当はこのぐらいのカメラで工事写真を撮ればいつもきれいな写真が撮れるのですが・・・デカすぎて本来の現場監督の仕事ができなくなりますね。(笑)

整理

 気候も穏やかになってきたようで、家の車のタイヤはすべて夏用タイヤに交換しました。昨年は4月になって広島県内でも20〜30cm雪が降ったことがありましたが、それまで待つのは嫌なので早く春支度をしました。

次年度の工事の話も聞きだして、次なる新しい仕事の準備も少しずつ準備をしている状態です。「次の仕事・・・?」と思われるかもしれませんが、今やっていることのレベルアップですかね。今までの工事をやる過程でもっと効率化ができるのでは思って準備をしています。
準備といえば3月の頭に事務所の整備をしましたが、測量機材を置くところも整備しました。
測量機の三脚を置くところ。
image
「なんでこんなにもあるんだい!!」 と、突っ込みが入りそうですが、いろいろと機材をそろえているとこの辺りも増えていくんですよね。
これまでは横にして一か所に重ねていたのですが、必要な三脚を取り出すときに、上にある三脚をいったん移動させなくてはいけなかったんですよね。
これなら必要な三脚をすぐに持ち出しができるようになりました。
image
ホームセンターでナイロン被覆してあるフックがありましたのでこれに引っ掛けるようにしました。
これだけですけど、すっきりと。そして三脚が ”のれん” の役目で、後ろに棚を持っきてみました。(笑)
でも整理の仕方にセンスがないので・・・事務所などは高級感は無いです。(泣)

ふりかけ

 我が家で予定している行事は雨が降ったらできない事。でもことごとくその日だけ雨がふってもう2回も延期しています。今週も予定をしているのですが・・・天候が今週も不安定で怖いです。

 先延ばしにさせていただいていた何個かの業務を先週末に終わらすことができて、久々にほっとした週末でした。


 はなしは変わり余談なのですが、昨日お店に買い物に行くとなぜかオイラの人間名が書かれた商品がおいてあり買ってしまいました。(笑)


image


 昔からこの商品が有名な広島の会社ですが、HPに面白いことをやっていましたのでご紹介を。


image image


三島食品株式会社の中に自分の名前をこのパッケージにできるサイトがありました。

スマートフォン専用らしいのですが、アプリもインストールせずにできます。


image  image

※上記写真をクリックするとHPに行けます。

で、できたのがこちら


image  image


写真にデータとして保存できます。


でも問題は・・・3文字以下のお名前に限ります。1文字でも作れますけど。(笑)

お遊びでした。

あれから10年

明日で『東日本大震災』(震災直後は東北地方太平洋沖地震)から10年が経ちます。

今でもヘリコプターの中継で車や人が飲み込まれているのがLive中継されてまさに人が亡くなる状況をテレビで見ていた映像が思い出されます。


そのころ書いた記事の一つ

2011年3月15日に書いた 震災に関する記事(その1)


新聞のリンクが切れることがあると思って文章を転記させていただいたものです。


当時も何気ない記事をずっと記載していましたが、こんな状況でブログ記事を書いても良いのか?10年前には悩み・・・キーボードに手を置いたまま数時間経つこともありました。


「ブログでできること」


こんな言葉を問いかけさせられる出来事でもありました。


今はいつ災害がやってくるかもしれませんが、いつでも災害復旧に使える技術を習得しておくことも自分の使命かとも思っている次第です。

テレビ会議カメラ

 3月も滞りなく進んでおりますね。学生の子供が自宅にいなくなると、3月という季節を忘れてしまうようになってしまいました。もちろん年度末という、お役所的行事はありますが 

“少し日中が暖かくなったかな〜” ということで、春=3月を感じております。


 3月末といえば何かと忙しい時期でありますが、ここ数年オイラの仕事依頼内容が変わりまして、電子納品などの仕事がめっきり減り測量技術系のお話が多くなって、割と年度末に集中することが少なくなりました。


 それと4年前に病気になり・・・「あまり仕事に集中しても結果お客さんに迷惑をかける」ということがわかり、最近は仕事に関係ない(興味のない)ことは“手を出さない”ようにしていましたが・・・なんとテレビ会議をやらないといけなくなりました。(苦笑)


 今頃テレワーク・テレビ会議は当たり前だよ!! と言われますが、電話で打合せをして現場に行ってお仕事なので、コロナという時期でも不要でした。


 そこで、SKYPEは2007年ごろからやっていましたので、Webカメラも持っていたのでつなげてみたのですが・・・古すぎてWindows10では無理でした。


image



そこで試案

1,新しいwebカメラを購入

2,今持っているデジカメのHDMIからPCに接続機材を購入

3,今持っている一眼レフカメラをWebカメラとして使えるソフトを入れる

4,YouTubeができるように、最新ミラーレスカメラを買う(新しいカメラが欲しいだけ)


なんて、夕方妄想をしておりましたが、とりあえず 3番の路線でPCと一眼レフカメラが接続できました。(SparkoCamというフリーソフトで)


image


(10年前のカメラですがバンバンに仕事に使っています)


でもこれで使える卓上三脚を買って画角を合わせたりしていますと・・・・スマホでいいじゃん!! になってしまいそう。

でもこの先テレビ会議はなくならないでしょうから、手を出してしまった限りにはこだわってみたいですな。(笑)

工法比較

 今週は雨等により現場作業が中止になり内業が進んでオイラはちょっとうれしい週になっています。でも・・・座りっぱなしなどで体が硬直して肩こりなどが起こっています。

そんな時オイラは竹刀を振ると数時間後には肩こりが少し直りますので皆さんもお試しを。(笑)


 オイラはいろんな工事図面を見ていますが、時たま 「なんじゃこりゃ」というものがあります。

なんじゃこりゃ → 「なんでこんな構造物工事をするのか?」というものです。


 公共図面のほとんどは設計コンサルタント会社で作られ、発注者に収められて工事が発注されます。その際に金額の高い工事内容に対して、「工法比較」というものがあり、いろんな工事方法を列記してその中で


1,コスト比較 2,施工時間 3,安全 4,環境  


などの内容でトータル的に良い工法が選ばれるのです。


 最近見た工事の中に、“安全“ということで選ばれた工法が、結果的に ”危険“な施工方法になっているものや、”一般常識”の構造物を選択” した結果コストが高く施工時間も長い=開通が遅れる”ものがありました。


 施工会社が発注者に相談して変更されている形にはなっているものもありますが、工事の方法は実際に施工する会社のほうがよく知っていることも多くあるのですよね。でも構造計算などはほぼできないのでそこは設計会社のほうが得意ですね。


 数年前には工事開始前に、発注者、設計会社、施工会社の3者会議を行って工事が開始されていましたが、最近聞かなくなった気がします。

(まだされているところもあるかもしれませんが)

 発注者・設計者の考えを施工する会社に教えるという意味もあるのですが、施工会社も施工上問題があることなども相談できる場所にもなるのですよね。


 『知識と知恵』は、多方面に考えれる人が集まって初めて良い工事内容が決まるものです。

日本は発注者になるためには“公務員“が必須ですが、30歳までに公務員にならないとだめなのですが、海外では経験を積んでからでも公務員になれる国もあり、公共工事などでも施工現場の技術を持った人が公務員になって公共工事を発注されているそうです。


 多くは書きませんが、発注者と設計会社さんにはもっと施工現場を見て肌で感じてもらってから設計図を作ってもらいたいものです。

換気扇取り付け

今朝は腕が痛い・・・・。 けがをしたわけではない。実は・・・・筋肉痛。


そんな激しい運動をしたわけではないのですが、週末はこんなことをしていました。



知り合いの大工に、「うちの事務所に換気扇をつけてよ」とお願いしていたのですが・・・、「自分でやってください。ドリルをお持ちしました」とドリルの歯が先週やってきました。


image

(ドリル本体は、オイラの測量ピンを打ち込むやつ)


直径120mmで、お高いコア抜きドリルの歯です。


早速これに合う換気扇を購入。 取り付けるのはこの壁。


image image


車の塗装用養生用ビニールを取り付けゴミの飛散防止を行い、作業開始。


image  image


内側は土壁なので簡単に開きました。


image


今度は外からモルタル吹付外壁を。この辺りから脚立に上がって不安定な態勢で ”腕力” 任せの作業になります。

image  image


モルタル+板+鉄板   鉄板!!


ここから腕力MAXになり・・・・それが数分続いて汗だくのヘロヘロになったところで貫通しました。


image  image


で、やっとこさ取り付けが完了しました。

(この時点では筋肉痛になるなんて思いもしてませんでした)


なんで換気扇?と思われるかもしれませんが、夏の室内の温度を下げるためですね。夜にしっかりと室温を下げておきたいので。(田舎ですので夜はそこそこ涼しいので)


これだけで終わらず、この週末は事務所の模様替え(ドローンの収納場所を確保)や、測量機材の収納場所を作っていました。

これは後日書きます。

建設ITガイド2021

先週末から仕事や家のことなどいろんなことがありまして(良いことですよ)今週は・・・眠い。 いや仕事は普通にしていますが、どれも ホッと してしまい安堵で眠い状態です。


仕事では実験的なことをやっていたのですが、成功し、予想以上に ”いける!!”という成果が出ましたが、またの機会で紹介します。



さて、今年も『建設ITガイド2021』が発売されましたね。 BIM/CIMが始まって8年が経ちましたが、ソフトなどが充実して、現場でもいろいろと活用されるようになりました。


image


活用事例やこれから始める人へのアドバイスなども載っていました。8年前にはまだまだソフトウェアや、役所の3Dの意識も少なく、現場での活用も ”勝手にどうぞ” 的なものでしたが、最近は発注者も活用に関しての理解があり、業者としてもBIM/CIMを始めて、業務の改善をされるのも良い時期だと思います。


昨日も現場の人との会話で・・・

「もう50歳を過ぎてるから・・・無理だろうな〜」

という話をされていましたが、 

「まだ50歳でしょ、これから何年土木をやるのです。3Dも本格的に現場で使われるようになって、5年も経っていないんです」

てなことで、いつまでたっても勉強をする気持ちを持っていれば現場での活用はできるようになるものと思っています。


話はそれましたが、こんな記事もありました。

『デジタル写真管理基準』の変更。


電子納品は始まって、いち早く始まった”デジタル写真の納品”


今後「JPEG」ファイルだけでなく写真に「レイヤ機能」つけたものが始まります。


例えば鉄筋に色つきの磁石を取り付けて撮影していましたが、撮影した後にPC上でマークを付けて明記することができるようになります。


image


ということは・・・現場での鉄筋の写真撮影が早く簡素化になるということです。

土木技術者さんが記事を書いていますので”かゆいところに手が届く”内容になっています。(笑)

昔は大きな本屋さんを探していましたが、ネットで買うのが早い時代になりました。でも地域の本屋さんを活用しないといけないという時期にもなりました。


やはりネットで断片的な知識を入れるより、本をもって全体的な新しい技術を見ることは大切ですね。

地域のHELP

ここ数回の投稿はちょっとマニアックなものになってしまいました。昔子育てしていたことは家庭のことや地域のことを多く書いていましたが、コロナや子育てがほぼ完了したオイラには、地元のネタがほとんどなくなってしまいました。今日はちょっと地元ネタを。

ドタバタしていると地域の人ともあまり交流が取れないのですが、時たま電話がかかっきて 『 HELP 』 となることがあります。


image


その一つで、先日は ”マキ” を束ねたから車で運んでほしい! という依頼。

昨年から”地域活性化”をいう記事にしていた関連ですが、91歳になるおばあさんからの依頼なんですが、一人でこのマキを束ねて運ぼうとしておられましてこれは手伝わなければ・・・という感じで、軽トラックで運搬しました。


image


こんな感じで積み込んでは運搬。これを6回行ったのですが・・・恐るべしおばあさん。すごいパワーを感じました。(笑)


このほかにも田舎にいるから、警察駐在所の連絡協議会委員でもあり昨日もお巡りさんと地域の関係のお話を聞きに来られたりとか、夜には電話がかかってきて・・・

「水道が破裂してるから見に来てほしい!!」

と、いろんな機材を積んでいる仕事車でその家に駆けつけて水を止めたりと・・・、田舎ながらのお仕事(ボランティア)もあるんですよね。


町に住んでいる人にとって、近隣の人と交流をとるのは嫌だという方もいるかもしれませんが、田舎ではこんなのはまだまだ普通なんですよね。


この地域は300人程度の集落。大体の人は顔見知りなんで「〇〇さんのところは・・」ということはすぐにわかってしまうので、隠してもダメなので、誰も割とオープンな生活になってしまいますね。(笑)

のり面の面積算出

”2月は逃げる〜  ” 

といわれるぐらい2月の月日の流れが早いということ。もう半分来てしまいました。

今月初め頃 ”緊急業務”というか、

「ドローンでのり面の出来形(のり面の数量)を計測してほしい」

ということでやってみました。その手順を書いてみます。


現場は3年前の豪雨災害で崩壊した箇所の復旧。


image


木々があり高低差が60m近くある箇所でドローンを飛ばすには高度は80mぐらいと高くなり、カメラレンズ35mm換算で24mmが付いているPhantom4PRO(ドローンの機種名)などでは、画素数が足らず鮮明にデータが作ることができないので、今回はレンズ交換できるINSPIR2(ドローンの機種名)に、85mm(35mm換算)レンズを取り付け高度120mから撮影してみました。(これでも地上当たり0.9cm/PXで撮影できます)

高低差が大きいので、レンズの絞りを大きくして、その分シャッター速度が落ちるので、ISO感度を上げてシャッタースピードを上げる。Autoでは撮影できないのですよね。

また真上からだけの写真では木の下が撮影できないので、手動で斜め写真を合体させ、崩壊した全体を点群にしました。


image


1)写真から3次元点群を作成します。

2)点群編集処理ソフトで木や草等を削除します。

3)点群は2cm間隔ぐらいなので、大きく50cmぐらいに減らします。


image

4)座標系に合わせた平面図に点群を貼り付け、施工範囲のみの点群にします。

5)点群からサーフェス(TINデータ)に変換する。

6)サーフェスの交点のX,Y,高さを抽出します。


image


7)別なCADに点をプロットして5m程度に間引きします。

8)間引いた点にはX,Y,高さ情報を持たせていますので、3次元ヘロンを使用して数量を求めます。

image

image


人間の手でのり面を計測すればよいのですが、施主様が ”ドローンで計測してみて!”ということだったので、こんな回りくどいことをやったのですが、大きな現場の法枠工法のところなどでも早く数量を出すことはできるでしょうね。

3次元のままで面積を出すことはできますが、まだ「根拠図面が・・・」という時代ですので、ヘロン図にしました。


昨日も 「ドローンを買って仕事をやってみようと思うのですけど」という人が来ましたが、
あなたはドローンで撮った写真をどのような作品にしてお客さんに渡されるのですか?
と質問をしてしまいました。(答えが出ませんでしたけど)
ドローンはあくまで現況の情報を取得する道具。お客さんが欲しいものは数量。そこを作り変える技術がないと仕事にはできません。

またマニアックなことをやってしまった・・・。

3次元の活用現場

あれこれ集中して仕事をしていますと・・・事務所が散乱しています。(苦笑)

『仕事効率よくするには、まずは身の回りの整理』

というのが自分の方針なんですけども、だめですね。現場でも昼休憩に入る前にはいったん機材を一か所にまとめるか収納するか。1回1回片付ければ事務所とていつもきれいであるはずなんですよね。 

 それができていないということは・・・・節分で邪気を追い払えていなかったということですね。(笑)


さて、バックホウのマシンコントロール(MC)のデータを納品したところから、”無事終わりましたよ”という連絡が数か所からやってきていまして、ほっとする瞬間でもあります。

丁張かけもそうなんですが、きちんと正規通りに掘削・盛土が出来たかは終わってみないと結果が出ないものです。


先日1月にデータを納品した現場から完成した写真を送ってくださいました。image


image


image image


橋台の床掘ですが、複雑な形状となった掘削なのですが、正味3500m3ぐらいだったと思いますが1週間で完成されたそうです。土木現場をやった方はこの数値で施工が早いかと感じていただけるかと思います。

まずマシーンコントロールでないと、丁張の嵐ですよね。現場監督も2名でされていると聞いています。


次に延長300mぐらいの道路改良の現場ですが、段々になっているブロックの床掘も作ってみました。


image


image

image


よく見る工事なのですが、大型土工だけでなくトータル的にMCバックホウを使用してみるという現場の意向。こんな施工方法が少しずつ建設業界に浸透していくのでしょうね。


まだまだコストがかかるものですが、機械代も少しづつでは下がってきて、3Dデータを作るソフトも良くなりつつなります。今後発注者より3Dデータが貸与されるか?まだ明確になっていませんが確実に現場には3Dを使い人員が少なくても作業ができている傾向にあります。


さてさて、オイラがいつまで新しいことについて行けるか。チャレンジですな。(苦笑)

月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
QRコード
QRコード
もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
  • ライブドアブログ