もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

カキ

今日からまた寒い日が続く予報となっています。ま、2月中なのでそれが当たり前なのですけど昔に比べてこの辺りは”積雪”が少なくなりました。昔は30cmぐらいは毎年積もっていましたが、近年は無いですね。

冬の食べ物といえばこの辺りでは”カキ”ですが、貢物がやってきました。(笑)


image  image


広島 といえば カキが有名ですけど、これは岡山産。近年我が家には広島産と岡山産の両方が来るようになりました。

どちらもおいしいのですけど、今回来たカキは、『身が大きくて甘い』。

岡山産だからか、2月になってからだかわかりませんが、おいしくいただければ満足です。(笑)

そこで”殻付きカキ”の食べ方ですけど、オイラの家では、炭火で焼いたり、大きな鍋に少量の水を入れて、蒸し器用の上げ底を入れカキが口を開けるまで蒸します。

人によれば皿にカキを入れてラップをかけて電子レンジで蒸すそうです。


工事現場で殻付きカキを食べたこともあるのですが、その際砕石の大粒をかき集めて水洗い。

それを鍋に敷き詰めて少量の水を入れて蒸す。工事現場らしい食べ方です。(笑)

Lumix S5

引っ越しのシーズンとなりまして、オイラの周りには引っ越しや電化製品の交換などが行われているところがあり、不要なものがやってきていまして、昨日はその”再利用”や”取付”でこの週末が終わってしまいました。


でも先週はちょっとウキウキ気分でした。というのも古い機材を中古に出して、今後役立つ機材に交換しまものが届きました。


image

Lumix S5 (Panasonic)


これまではNikon機がメインでしたが、動画撮影時にどうも映像が乱れることがあり、いろいろと考えて思い切ってメーカーを変えてみました。オイラが中学生のころから自宅のNikon機を使いだして、レンズマウントを変えるのは初めてです。でも静止画はNikon機を使う予定ですので、機材選択が増えたという事になります。


で、少し自宅整備から抜け出して、近くの花を撮影に行ってみました。


image


毎年恒例の『花が咲きだしましたよ』案内です。


ユキワリイチゲです。

写真も何も加工せずに投稿しています。

image


image


今年は気温が低くて、まだ4つの花しか開いていません。多くの花が開くのはあと数週間後からになるでしょう。バスツアーコースにここに立ち寄られることがあるので、この地域もちょっとにぎやかになります。


帰りにいろいろと撮影してみましたが、Nikon機と操作性やピントの合わせ方。そして光のとらえ方も違うので、実戦に投入する前にじっくりと使い込んでおかないといけないです。




image


赤の出方がNikonよりちょっとおとなしい感じがします。


image


逆光などの補正は優秀ですね。それとオートフォーカスの設定が数種類あり、これまで以上にこの設定を変えていかないといけないことがわかりました。


image


レンズは絞り解放からキリッとして、エッジの聞いた写真が撮れます。


この機種を選んだ理由は・・・

1)フルサイズ+暗いところが他メーカーより優秀(個人の感想)

2)動画撮影が特化して記録方式が選べる

3)通常は2400万画素、でも撮り方を変えると9600万画素で撮影できる

4)6Kフォトで秒60コマの撮影ができる


等、Nikon機とちょっと変わったことが出来る”マニアックなカメラ”かな。


と、好き勝手なことを書きまして失礼しました。

Google earth 動画

寒い日が続き、各地では記録的な大雪になっているようですね。オイラの地域でもここ数日雪が降って、朝は路面も真っ白になっています。

そんな中昨日は引っ越しの手伝いと電化製品の移動のために軽トラックであちこちを走っていました。その走行距離400km弱。広島から和歌山まで行く距離ですな。なので今朝は”ヘロヘロ君”です。 しかしお仕事は待ってくれないのですが・・・ちょっとブログからスタート。


今朝は先日仕事で動画を作成した際に使用した、コンテンツの作成について書いておきます。


image


工事箇所の説明にこのGoogle earth を使うのも時にはありなので”こんなことも出来ますよ”というお話です。


Google earth を起動するとこんな絵になります。


image   image


目的の場所までスクロールで拡大していきます。


image


「目印を追加します」のこの黄色い画鋲マークアイコンをクリックします。


するとこのようが画面が出てきます。そして画面には画鋲のマークが出てきますので目的の箇所に移動して、名前を付けておきます。


image


すると、左側の窓枠に名前の箇所が登録できます。


image


一旦全体が見えるところまで引いておきます。

image


メニューの”追加” の中の ”ツアー”を押しますと、下側に 録画ボタンが出てきます。

image image


3番の録画ボタンを押して、左側窓内の先ほど付けた名前を付けて登録した箇所をクリックしますと、”ス〜っと”そこの場所に拡大されていきます。


image  image


そして録画中で赤くなっているボタンを押して終了。

で、撮影が終了しますと、このような再生ボタンが左下に出てきます。


image  image


そして右側になる”保存”をクリックしますと名前を付けてこの ”目的地に拡大していくツアー” が、登録できます。


image


さて、作ったツアーを別な動画などに使ってテレビでやっている『ぽつんと一〇家』みたいにするために、この動画ファイルをパソコンに保存します。


メニューバーのツールの『動画メーカー』にチェックを入れます。

image


すると下記のような画面が出てきますので、保存先・保存名を決めて、動画のサイズ・形式を決めて動画を作成ボタンを押します。


image


で、こんなものが出来ます。



このGoogle earth の動画を使用するにあたり、Google 権利としまして、右下に入るこのマークは消してはいけません。


image


お試しを。

時が薬になれば

今週は現場と納期に迫られていた週初めで、ブログの更新をしておりませんでした。


いや〜、芸術って難しいですわ。(苦笑)

オイラが行っている土木系コンサルタント仕事って、コツコツとやっていると”成長できる”感じがするのですけど”美術”とか”芸術”ってその人のセンスによって限界があるようでこの正月から”もがいて”いる感じです。


でもまだ本格的にやってみようと思っていることなので、まだ限界とかいうこと自体おかしいのですけど新しいことにチャレンジしています。


パソコンを使った芸術って、とどのつまり、そのソフトの熟練度で人をびっくりさせることが出来ればある意味成功する形なので、コンサルタントと同じくコツコツとやっていればいつかはある程度のところまでいけるかなと思って頑張っています。

何の話か分からないでしょうけど、時が来たらお話しさせていただきます。


お正月から四苦八苦して仕上げた上記のデータを昨日1箇所に納品することが出来て、ホッとした朝ですが、あと4か所に納品しないといけないのでまだこの仕事?趣味?は続きます。


さて通常の測量仕事もやっていますので、遠方に出かけていますが、時たま病院に行くことがあるのですが受付の問診に・・・

「県外に出かけていますか?」と聞かれて、「はい〇〇県に行っています」というと別な個所に移動させられて書類を書かされるのですが、普通の仕事行動を書いているのですけど

「ちょっとお待ちください」

といわれて数十分待たされる病院もあります。たぶんこんなことをさせられるのが嫌だから誰も”他県にはいっていません”と言っているんじゃないですかね。


「いや、今はどこに行ってもコロナウィルスは転がっているから、他県がどうのこうのないのに・・・」と思っているのはオイラだけ?

こんな厳しい?対応をしていたのですが、この病院は今はコロナのクラスターが出て閉鎖しています。


国によって違うのですが、フランスでは屋外でのマスク着用の義務化が解除になりましたね。

ワクチンが聞いたのか、今のコロナウィルスの形が変わって行き、インフルエンザのような”一般化のウィルス”に変化していっているのか詳しくないのですが、少し希望ある話が出てきだしました。

もう少し頑張りましょう。

効率化の先は

今週は内業を重点的に行っていますが、時間があっという間に過ぎてしまい、

「今日の業績はこれだけ?」

と思ってしまう事も多々あるのですけど、特に新しいソフトの使い始めや新しい仕事の形を作っているときは思わぬほど仕事がはかどらないものです。


しかし、今後の仕事をしていくためには、ここでじっくりと時間をかけておく方が、後に早く仕事ができるようになると思えば、”仕方がない”と割り切るようにしています。


以前建設会社に勤めていた際には工事の進行もそうなのですが

「どうやったら効率よく仕事を進めていけるかな?」

と常に考えていましたね。

時にはExcelなどで時間をかけた数式を作り、単純作業を効率よくするようにしていました。しかし工期に押し詰まって時間が無いときはひたすら電卓をたたくこともありました。


そこで近年の建設業界の3次元化やマシーンコントロールなどもですが、最終目的は

「儲けることが出来るか?」 ですよね。


初期投資で、機材は人材育成をしても、建設会社を続けて行けば、その初期投資を回収していける計画でないといけないわけで、

「業界が3次元になっているから当社も・・・」ではダメなんですよね。


新しい機材や人材育成で・・・

効率が上がる = 時間短縮 → もっと仕事を入れて年間利益を上げる

の式でないと会社の経営にはならないのですよね。


でも会社の運営がうまくいっているのでしたら

効率が上がる = 時間短縮 → 社員の休日、人材確保で会社存続


でもよいわけです。継続して会社では利益を出していくことが出来るのですから。


今年初めにある建設会社の社長と対談して、今後オイラが目指していく方向を話すと・・

「もぐらさん、あんたはふざけてるか?わけわからん!」

と第一声を。

で、中身と意図を話していくうちに・・・

「うちでもそれ取り入れていこうかな〜。ええな」と、オイラの口車に乗ってきました。(笑)


目的のためにはいろんな手段があるのですが、目的は同じところに。ま、オイラみたいに趣味色が強くて仕事をやっていますと儲からないでしょうけど。(苦笑)







HDDの記憶領域を作る

”一月はいぬる” (広島弁で”いぬる”は去る、帰る)というようにもう1月下旬になりました。

「今年になってオイラ何の仕事をした?」とぼけ老人みたいなことを言うようなのですが、あれこれと内業を中心にしていたらこんな時期になっていました。(苦笑)


先週末から仕事のデータを保存しておく”ファイルサーバー”を作っていましたが、完成して6TB近いデータを移動させています。(おそらく明日まで)


image
365日回り続けても信頼がある WD RED を選択。 これまでにいろいろとHDDが壊れてきましたが、このWD REDはまだ1回も壊れたことが無いんですよね。

先日の続きで、Windows10 PRO のPCが出来上がり、この2つのHDDを取り付けます。
ファイルサーバーとしてなら20台のPCまで使ってもライセンス違反になりません。


左下のウィンドウズマーク(スタート)の上で右クリックしますと、下絵の”ディスクの管理”から、このHDDをこのパソコンで使えるようにしていきます。


image


image


image


パソコンに詳しい方なら、”RAID”(レイド)という言葉を知っておられるでしょうが、HDDにどのように保存していく環境を作るかという設定です。


以前はパソコン本体のマザーボードの中の設定から行わなければいけなかったのですが、Windows10は、上記の”ディスクの管理”から一部できるようになりました。(便利〜!)



新しいHDDを入れてディスク1,2が表示されたら、ディスク1か2のどちらかの上で”右クリック”しますと上記のような形式を選べるようになります。(RAID5はHDDが3台必要)
簡単?な言葉で6TBHDDを2台使う過程で説明しますと・・・

 1)シンプルボリューム  HDD1台ずつそれぞれフォーマットして。2か所に保存
              

 2)スパンボリューム   HDD2台を直列?につないで、6TB+6TB=12TBとして

              1HDDと認証 1台でも壊れるとデータがダメになる


 3)ストライプボリューム HDD2台をつなげて、分散して保存。6TB+6TB=12TBとして

              1HDDと認証 読み書きが早くなる(RAID-0) 

              1台でも壊れるとデータがダメになる


 4)ミラーボリューム   HDD2台に同じように書き込み、片方のHDDが壊れても、もう

              一つのHDDより復旧できる 2台で6TBとして1HDDと認証
              (RAID-1)


 5)RAID-5ボリューム  3台以上のHDDに複雑に書き込んでいき読み書きが早く、1本
              HDDが壊れても、新しいのを入れ替えると復旧してくれる

あくまでもWindows 10 PRO バージョンでできます。Windows 10 HOME ではできることが限らて、これだけの設定はできません。

でオイラはこのWindows 10 Server PCから、別なリナックスサーバーにbackUpを作るので、アクセスが早く容量が保てる”ストライプボリューム”で作成しました。注意として同じ容量で同じスピードのHDDが良いです。違う場合は”遅くて容量が小さい方”になります。


image


image

2つを1つに設定して、中身をフォーマットします。

image


2つのHDDがEドライブとして認証されました。


image


image

これで、このパソコンを他のパソコンからつなげる設定や、アクセス制限をつけて完成です。
これ以上書くとこの2倍の文章になりますので、「Windows 10 ファイルサーバー構築」と検索されると設定方法が出てきますので。

という事で、このような設定をするときには、自作パソコンで、新品の時に行うのがよろしいかなと。もし今使っているパソコンで行われるのでしたら、パソコン自体不安定なことになりますので、通常使っているPCでは大切なプログラムやデータが消えることが無いように気を付けてください。

Windows 10 にアップグレード

今週はずっと冷え込んで外には出たくない週でしたね。(笑) 会社もやっていますと、年末調整や給与の報告書など税務署や市役所に届けるものが今週が締め切りでしたので、あれこれをやっていました。知り合いからは・・・

「経理なんかは税理士さんにお願いして、もぐらさんはしっかりと働いた方が、利益が増すよ!」

といわれるのですが、会社がどっちに向かっているのか数字を作るところからやっておきたいので、わからないところは税理士さんに聞きながら資料をまとめています。


そんなところで昨日やっと終わり、次の仕事に取り掛かる前にやっておかないことが出来ましたので、それに着手しました。


それはうちの事務所はWindows Server 2012を導入して、日ごろの仕事はどのパソコンからもサーバーにアクセスしてデータを使っています。

それをもう一つリナックスサーバーにバックアップをしてデータを保存するようにしていますが、年末にHDDを4本入れているのですが、その2本が故障して、バックアップデータが消えていることに気づきまして、そろそろサーバーの改修をしないといけないと思っていました。


そこで10年ぐらい前にサーバを作って建設会社に渡していたのですが、必要なくなったという事で戻ってきたのでそれをばらして作り直すことにしました。


image  image


image


Windows Server 2012も、あと一年後にはメンテナンスが終了してしまうのですが、新しいWindows Server 2022はお高い。うん十万円コースになるので今回は違う方向で行くことにしました。


Windows Server は特殊な使い方はせずに、”ファイルサーバー”に徹することに。そうなるとWindows Server というOSを使わなくても、通常のWindows10を使ってもライセンス違反にはならないので、今回はWindows10でサーバーを作ることにしました。

今回は?今回も? Windows OSをインストールするにちょっとひと手間かけてやってみました。

Windows 10 には、PRO とHome の2種類があるのですが、通常使うにはHomeでも問題ないのですが、今回はネットワーク機能が充実している Pro バージョンを使用します。


取り出しますはWindows 8 PRO。このOSは不人気で安いところでは7000円ぐらいで売っていましたので、大量に買っていました。 


image


まずはWindows8 をインストールします。 それをライセンス認証を行うのですがここで一つ裏技を。

インターネットに接続せずに行うと、パスワードを入れなくてもOSをインストールできます。きちんとOSが入ったのちに、Lanケーブルを差してライセンス認証します。


次に、Windows 10 にアップグレードします。


image

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10%E3%80%80


マイクロソフトのダウンロードページに行き、アップグレードの準備をします。


image


ページの下側に行くと、このような”ツールをすぐにダウンロード”を見つけてください。これはWindows10にアップデートするプログラムをダウンロードするのですが、16GB以上のUSBメモリーを用意して、作成しておけば今後いろんなパソコンで使用することが出来ます。


image

オイラは32Bit 用と 64bit の2種類作っています。

そこで、インターネットが使えるようにして、Windows 8 を起動したまま、USBメモリーを差してSetUpファイルをダブルクリックしますと、インストールが始まりWindows10になります。


image


ちなみに古いパソコンでもこの要領でWindows10にアップデートできますので。

 

アップデートできるのは

 1)Windows 7 SP1 にアップできているパソコン

 2)Windows 8 もしくは 8.1


今日はここまでで、Windows10を大容量のサーバーにするのはまた書き込みます。

バッテリー充電器

先週末は遠方へ出かけていましたが、コロナが広がっているという事でもあまり影響のないぐらいの人出でした。ま、人間って物事には慣れてしまうのでしょうけど。でも帰省してオイラは家族から隔離されていまして、家の仕事も手伝わされることは無く、昨日も仕事部屋での仕事も進みまして・・・この”隔離”も良いかなと。(笑)


今日はプチうれしいものを買ったので紹介を。


カメラのバッテリーの充電器。

image


オイラはニコンのカメラを数台持っていますが、バッテリーはどれも一緒です。でもここにきてバッテリー充電器が数台壊れて、純正の充電器を買おうと思っていたら、この機種にあたりました。


ヘーネル Pro Cube2    8000円ぐらい


各メーカーのカメラに対応したものが出ています。


image  image


夜勤で撮影していますと、カメラ1台で1晩でバッテリー4本ぐらい使いますので、現場で充電しながらなのですが、これは2本同時に充電できることと、充電メーターが付いていますので、満充電でなくてもメーターを見て使うことが出来るのです。


ニコンの一眼レフのバッテリーも数種類あるのですが、これは3種類に対応しており、交換して使うことが出来ます。

image   image


あと良いのが、単三電池も充電できる部品もついていますので、日ごろも使うことが出来ます。


と、まあマニアックな機材ですので、ヘビーにカメラを使っている人でないとこの機材に食指が動かないですよね。

行事の中止

広島県も新型コロナ蔓延防止が出されて、この3連休に予定されていた行事が、全部なくなりました。無くなったのは”消防出初式”と”とんど”です。この辺りはまだよいのですが、またもや県内の成人式も中止となり参加を予定していた人は残念だったでしょうね。しかしオイラのまちの成人式は1月3日に行われましていました。


結局3連休という事になり、難しい仕事に集中することが出来、納品の素案ができたりもしてオイラ的には良かったですね。(笑)


昨日は地域の”とんど”が中止になったので、神棚のものを焼かないといけないので、家族だけでちっちゃいとんどをやりました。


image  


竹を数本とってきて小さくして切って束ねただけですけど。


新型コロナの第6波という事ですが、そろそろインフルエンザのように一般化するようにならないといけませんね。

インフルエンザは1900年初めごろからはじまって、現在もいろんな変異していますが、対応の薬があるためか一般化していますね。でも家庭内では感染者は隔離しますけどもね。


折角ですのでインフルエンザのプチ情報


第一回目 1918年〜1919年のパンデミック

 『スペイン風邪』と呼ばれて日本では2300万人感染、死者38万人


第二回目 1957年〜1958年のパンデミック

 『アジア風』  東南アジア・ヨーロッパなどで広がり 死者150万人〜400万人

         日本では感染者は少なくて2度流行して収束したそうです。


第三回目 1968年のパンデミック

 『香港風邪』  ワクチンの接種で以前のパンデミックより感染者や死者は少なかったとか


自分だけではどうしようもないことは、世の中にいくらでもあるのですが、目の前の自分にできることをやっていき、後は運任せで行くしかないですね。(苦笑)

動画作成

お正月も終わり、今朝は”七草がゆ”を食べてのスタートになりました。胃袋を休ませるということ聞いていますが、確かに”おかゆ”を食べると消化が良いのですけど・・・おそらく今日は10時ごろから腹が減ってくることでしょう。(笑)


お正月にブログを上げていましたが、もう7日更新していませんでした。でも仕事は1月2日からやっていましたが・・・とても苦戦しながらやっていました。(苦笑)

8年前から行っていた『夜間工事のタイムラプス』作成ですが、趣味の延長で行っていたのですが、段々と周辺の人もグレードアップしてきて、オイラも機材を購入などをして撮影をしているのですが、最後の編集でどうしても画質に納得いかなくなっていました。


そこで知り合いに教えていただいた動画編集ソフトを昨年から使おうと頑張っていたのですけど・・・操作方法が全く違い使えていませんでした。しかし今回、お客さんから要望される文字やテロップを作ることを以前の動画ソフトでは無理!!という事がわかって、新しい動画ソフトに乗り換えることにして、年末から四苦八苦してやっていました。(脳が痛い)


それと『YouTube』にアップする場合、音楽(BGM)なども著作権制限があるためフリーの音楽などを探していましたが、なかなか納得いく音楽が見つからず「この際自分で作るか」という事で、自分で音楽を作成できるサイトで契約して音楽も作り始めました。


少しづつ進歩させているつもりですが最後は・・・”センス” なんですよね。オイラは絵心が無いから・・・まだ趣味の範囲でしかできないかな。(泣)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 今年も不定期更新で書いていきますのでよろしくお願いします。


今年も恒例の”初日を迎える集い”の準備などをやってきました。 30日に降った雪が15cmぐらい登山道にありまして4時過ぎに起きて山頂まで雪かきをして、登ってくる人を迎えました。


image

今年の天気予報は ”曇” でしたが、山の上付近には雲が切れて、赤く染まっていきだしました。


image


7時16分が日の出。 きれいに太陽が上がってきてくれました。


image


今年も引き続き”マニアックな土木業務”をやっていきますので、よろしくお願いします!!

2021年の瀬

今年も無事に年の瀬を迎えることが出来ました。今年1年の建設業界を振り返ってみますと・・・


・建設業界はコロナの影響は少なかった

・土木業界の人たちは新しい技術に目を向ける人が増えた

・3次元の活用で楽が出来ることがわかる人が増えた


と、中国地方ではこんな感じでした。でもまだまだ機材をそろえたり、技術者の向上のためにはお金がかかりそうですが、ここをクリアしないと土木業の未来は無いと思っていますので、

何事も「仕事を楽する方法を考える」

事を念頭に置いて仕事をしていかないといけませんね。


昨夜は消防団の巡回があり、猛吹雪の中、市長が来るのを待っていました。


image


これも恒例なのですが今年から外で行うことになり、雪が直撃していました。(苦笑)


image


積雪量はあまりないのですが、新雪のある年越しとなりました。


今年もいろんな出会いと、新たな仕事も思いついてやってきましたが、鬱憤を晴らすためのブログに、お付き合いしてくださりありがとうございました。

また元日から始めますのでよろしくお願いします。

買ったものランキング

年の瀬になりましたね。子供たちが大きくなるとサンタクロースは来ないわ、冬休みも無いので年の瀬が近づいたのがわからなくなってしまっています。(笑)

今週も明日まで仕事をして、年末は消防団の業務をやって終わり・・・いや年が変わっても初日を見る地域行事で、コロナで昨年は地域行事が無くなっていましたが、今年から寝不足のお正月が始まります。


今日は最近”YouTube”などではやっている「買ってよかったランキング〜」をやってみますかな。


まずは3位から


image


車のガラスコーティング剤  (約5000円ぐらい)

プロにお願いすると10万円弱するのですが、1日近く自分で手間をかけて行うとこの薬剤の値段で、2,3年車のワックス掛けしなくても良い車になります。特にバンパーなど黒いプラスチック部にも塗っておくと、白茶けるでなく黒いままなので、車が”キリっと”しておけます。

あと、ヘッドライトが”黄ばむ”のもコーティングできますので、新車時に車全体にこれを塗っておくと安心です。(使用方法は各薬剤で違いますので自己責任で買ってください)


次に2位は


image


ハイエースバン  


ドローンや測量機など機材が増えて、機材が多い時には車2台で現場に行っていましたが、これを買って余裕で積めるようになりました。燃料が高騰しているときに、”軽油”で20円安いのとリッター12km/L走ってくれるので良いです。

難点は、のり心地が悪いのと、乗り降りが簡単にいかないところですかね。それと荷室をきっちりとカスタマイズしないと使い勝手は悪いです。


最後に1位


image


Nikon Z6   (中古で9万円)


夜間撮影の多いオイラですが、思い切って今年の春にこれを買い増ししました。これまでは夜間撮影では、手振れや失敗写真が多かったのですが、ISO高感度がこれまでのカメラの8倍になりましてとても楽に撮影することが出来だしました。

最近は半導体不足で中古が高騰していて、最低でも14万円で売っていますので、余計に”お得”感が出て買ったものランキングで1位です。(笑)


土木業界にも”映像つくり”が忍び寄ってきていますので、趣味でやっていた撮影ですが、カメラの出番が仕事に代わってきだしました。

撮影(測量)の仕事=ドローン+一眼レフ で、併用できることが今年実験した結果わかりました。

来年はこの辺りを強化していくつもりです。

施工できない設計図

年末のスパートをかけて仕事をしている話を聞くようになりました。

「どうにか年内に終わらせて・・・」と思っていても、今週末には大寒波が来る予報になり、

「年内完成は無理かな・」という話も出だしました。


いろんな現場に行っていると仕事の愚痴を聞くことも少なからず。今回聞いた話は・・・


「施工できない設計図」


これを聞いたオイラは、 「施工できない時点で設計図とは言えないだろう!」とツッコミを入れてしまうもの。


現場の人に話を聞くと、工事が発注されて三者会議(発注者・設計会社・施工会社)を行って発注図面について質疑応答などをされたそうなのですが、施工会社から見て

「ここの部分はどうやって施工するのですか?」

と設計会社に質問をすると・・・

「うちは設計指針に準じて図面を作成しましたので、施工方法は施工会社さんで考えてください」

といわれていたそうです。

それをそのまま発注された発注者。


結局なにも解決せずに仕事を始めて数年が経つそうなのですが、山が崩れてきたり仕事の効率が上がらずまだ1年近くかかるとか。


オイラが思うことは

 発注者:設計会社の言いなりで公共工事をやってはいけない

 設計会社:設計図面を作るという事がわからない会社

 施工会社:無理ならいろんな技術を持ち込んで設計変更をするべき


それぞれにツッコミはあるのですが、こんな話を聞くと・・・オイラまで愚痴を書いてしまいました。(苦笑)

建設業の知識の共有化

いや〜、降りましたね〜雪が。通年はちょっと雪がちらついて・・・の予兆がありましたが、今年は一気に初雪が降りました。

北海道でも今回これだけ積もったのは初めてだという箇所もあるぐらいで比較的遅い初雪でしたね。


image


雪が降る箇所の現場は何とか先週の金曜日に終わらすことが出来、今週はたまりにたまった書類・図面を仕上げていくことに専念したいところです。


今週はちょっと変わった行事として、発注者さんにI-Conといいます、最近はやりのことばで”建設DX(デジタルトランスフォーメーション)の現場実務についての説明に行くことになっています。言葉や書物では知っておられるのでしょうけど、実務の詳細や質疑応答をしてほしいという事で、今どのように土木技術が進んでいるとか、今後どのような向きに向かっていきそうなのかを「聞かれたらお話を」する予定です。


先日も書きましたが、現在の建設環境で3次元化が定着するにはまだまだ時間がかかる予想です。

比較的早く現場施工の建設会社では、3次元化が段々と定着しているのですが、発注者とその図面を作成するコンサルタント会社では、いまいちというかまだまだ3次元化に目が向いていないと感じます。

海外では 「発注者」「設計コンサルタント会社」「建設会社」のなかで、人材の行き来がたくさんあるといいます。つまり施工会社の人が発注者になるとか、発注者が施工会社に来るなど、それぞれの立場を知りながら、建設業の形が出来ているそうです。

しかし日本では、発注者は”公務員”で、公務員になるにも年齢制限あり。となると、必然的に発注者はの方は本当の”物を作る現場”を知ることはできないでしょう。それに準じて、設計コンサルタント会社も発注者寄りですので、現場とは距離があることが多いでしょう。


この3部門は、3次元化になってメリットがあることが多くあると思いますが、この3部門がすべて3次元データを取り扱わないと、コスト縮減や効率化にはならないのです。


あるか方が 「日本での3次元化は無理!!」 と7,8年前に言われました。理由は上記のこと。

今一度この3部門の在り方を考えていかなければなりませんが、まずは発注者さんに3次元化の良さや、何もかも3次元でなく、効率を上げるには今の段階ここは2次元で。など知識を持って、発注者サイドでも業務の簡素化などで前を向いてもらわないと、建設業の革新は起こらないでしょうね。

月別記事
皆さんのコメント
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
QRコード
QRコード
もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
  • ライブドアブログ