11/6道路工事完成図等作成要領講習会にいけなかったので

ダウンロードした講習会資料を昨夜読んでみました。

私の友達が講習会に参加したものの

「資料は全部お前にやるわ!」といったのも納得

する感じの内容ですね。

 

土木工事を行うにしても、”構造物を造り、発注者に納品する”のが土木工事の本来(過去?)の仕事です。

それが大きく変わり“国民のための資料づくり”が工事

に付けられたのですから、現場の職員としては

「なぜココまで現場でしなければならないの?」と疑問符

が上がるのは仕方ないでしょう。

 

最近は工事現場での資料つくりの多さ。PCが頻繁に

使われて業務の簡潔化になれば良いのですが、業務数が

増えてくるのですから現場としても想定外です。

基本として完成平面図をCAD製図基準で作成して情報を

付加するのですが、一番厄介なものは数工区に分かれている

平面図を1ファイルにまとめなければならないところですね。

道路センターの座標を計算して複数の図面を結合して

いかなければならないところですか。

 

このたびは公共工事だけの台帳つくりとなっていますが、他の部署(法務局)等と連携取れればまだ早くからGIS

が確立できたのではないかと感じています。

ある知り合いは法務局の公図作成にGISソフトを

使っている人がいます。

(公図は測量座標系になっています。でもこの前公図を

使ったときはずれていましたが・・・)

つまり、スタートがいつにせよ上の方で先を見越し、日本

共通のルールをしっかりつけてもらわないと下で作業する

人の努力が台無しになります。

 

とりあえず道路屋(舗装屋)さんからスタートですね。