ここ数回の投稿はちょっとマニアックなものになってしまいました。昔子育てしていたことは家庭のことや地域のことを多く書いていましたが、コロナや子育てがほぼ完了したオイラには、地元のネタがほとんどなくなってしまいました。今日はちょっと地元ネタを。

ドタバタしていると地域の人ともあまり交流が取れないのですが、時たま電話がかかっきて 『 HELP 』 となることがあります。


image


その一つで、先日は ”マキ” を束ねたから車で運んでほしい! という依頼。

昨年から”地域活性化”をいう記事にしていた関連ですが、91歳になるおばあさんからの依頼なんですが、一人でこのマキを束ねて運ぼうとしておられましてこれは手伝わなければ・・・という感じで、軽トラックで運搬しました。


image


こんな感じで積み込んでは運搬。これを6回行ったのですが・・・恐るべしおばあさん。すごいパワーを感じました。(笑)


このほかにも田舎にいるから、警察駐在所の連絡協議会委員でもあり昨日もお巡りさんと地域の関係のお話を聞きに来られたりとか、夜には電話がかかってきて・・・

「水道が破裂してるから見に来てほしい!!」

と、いろんな機材を積んでいる仕事車でその家に駆けつけて水を止めたりと・・・、田舎ながらのお仕事(ボランティア)もあるんですよね。


町に住んでいる人にとって、近隣の人と交流をとるのは嫌だという方もいるかもしれませんが、田舎ではこんなのはまだまだ普通なんですよね。


この地域は300人程度の集落。大体の人は顔見知りなんで「〇〇さんのところは・・」ということはすぐにわかってしまうので、隠してもダメなので、誰も割とオープンな生活になってしまいますね。(笑)