梅雨に入ったものの雨と晴れが交互に来ていて、何とか外の仕事ができている感じですね。今週も外の仕事が続くのですがその日が雨にならないことを祈るばかりです。


夏が近づくとやってくる仕事といえば・・・・草刈り。田舎に住んでいる人は大体持っていますね。オイラもエンジン式を持っていますので、工事を始める前に起工測量する際にもカマ・草刈り機は必須です。大きなカマは車に常時積んでありますね。

そんな夏を前に先週ある広告が来ていました。それを見て”これだ!”と思ってあるものを買ってしまいました。


電動草刈り機。


image


マキタ製36V。 これまで何にも考えずにエンジン式を使っていましたが、車の屋根に積んでもガソリンが垂れる恐れもなくなります。


image  image


それよりこれまで夜間測量をしていた際は、一生懸命にカマで木、草を刈っていましたが、モーターで動く電動草刈り機なら静かで、夜間でも使えるようになります。それにガソリン・オイルを用意しなくても良いので、コスト的にもいいですね。(本体は高いけど)

ちなみに高速回転で約2時間駆動。低速で7時間使えるようです。(7時間草刈りしていると人間が壊れます:笑)


それと使ってみてわかったのですが、静かなので、気落ちもちょっと落ち着いて刈れるし、ボタン一つで刈り始めれるのも手軽でよいですね。


36Vなので、エンジン式25ccクラスと同等ですので、ほとんど違和感なしで使えました。

で、今回の広告を見て思いついた理由はこれ。


image


なんと通常18Vバッテリーが2個ついているのですが、古い(壊れててもよい)エンジン式草刈り機を下取りで、もう一セットバッテリーが付いてくるというやつ。

普通18vバッテリーが2万円ぐらいするので今回は4万円がおまけについてくるのです。

オイラは空調服や夜間ライト・ドリルでこのバッテリーを使っているのでバッテリーが増えるのはうれしい限りです。


しかしこのバッテリーが2個ついている草刈り機本体の値段が6万円。今回はバッテリーが4個ついてくるのでバッテリー単体の値段で計算すると・・・8万円。  ???!

計算が合わん。その前にバッテリーの値段が1個2万円というのがぼったくりなんでは?(苦笑)