先週からドタバタと仕事をしているのですが、そんな時に限って何かとトラブルが起きてくるのですよね。

データがうまく作れないとか、測量機が壊れて走り回るとか、友達が”廃業しようか”と悩み相談に来るとか、入札の技術提案書を考えてほしい・・とか、地域のお仕事が来るとか・・・。

とアラカルトのお題が来ていますが、目の前の仕事を片付けていくばかりですね。

でも遊びは忘れておりませんで、また初挑戦のことをやってみました。


先週の日曜日はこの地域の草刈りと地域整備をやっていましたが、道路に出ているような桜の木の枝を切り落とすこともしました。


image


桜の木といえば、チップにして燻製を作っている人が時たまいますので、ちょっとチャレンジしてみました。


まずは木を小さくするため、伐採に使っていたチェーンソーで、木くずを作ってみました。


image


それを乾燥してこんな機材でいぶしてみました。

不要になった鍋に、100円ショップの銀紙鍋を載せてカセットコンロで焼く。

image  image


写真を撮り忘れましたが、鍋の底にはアルミホイールに桜の木の粉を一握り入れて、鍋ごと焦がす。その上に蓋をしているだけです。

ちなみに食材はゆで卵と鳥ささみ。卵はゆで卵にしてジップロックに卵とめんつゆを入れて数時間おいておいて”味付け卵”にしています。ささみは電子レンジで加熱しています。


約10分ぐらい加熱して桜の木を焦がして、コンロの火を止めて10分ぐらいすると出来上がり。


今回は桜の木が少なくていまいちでしたが、ほんのり燻製になっていまして感動でしたね。

昔から料理人にあこがれてはいるのですが、いまさら職は変えれそうにないですね。(笑)