もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

田舎の生活

農業も変わってきています

今週には梅雨明けの予報がちらほら聞こえてきました。もう稲穂が出てきまして、田んぼも気になりはじめました。


今年からオイラは田んぼのお仕事も初めまして・・・穂が出た後の”防除”の業務も地域限定で請けることにしまして土木のお仕事+αになりました。

ま、我が家の米も作っていることですし、”自宅周辺の地域限定”ならどうにかなるかなということで始めました。


機材は、日ごろ測量しているドローンの代わりに、農業用ドローンを使用します。

image


”ドローンで散布”ということになりますと、”散布の実績と講習終了証”が無いと、ドローンの飛行申請が出来ないようになっています。

そして”散布”は、飛行ごとに必ず「航空局で許可の下りた機体・飛行地域・操縦者」等をインターネット上で申請しなければならないのです。


昨年2等ドローンの免許を取る際に 「あと数万円で農業機の講習もできますよ」といわれて終了証をもらったわけなんですけど、”なら農業機も買うかい!”となったわけなんですよ。


昨年我が家の圃場で何度も散布量やテスト散布をしまして、今年は人の田んぼもできるということでスタートしました。


実はオイラの住んでいる地域は、『限界集落』なので、防除に使う”液体剤”は、長〜いホースを田んぼの中に引っ張っていかないといけないので、農業する業者にお願いするのですけど・・・そこも ”限界年齢” になり、散布するところを選ばれるようになりました。


今年の圃場での除草がうまく行ったのでちょっと動画を作ってみました。





でもドローンで農薬散布する人が増えたのは良いのですが、「本日はこの地域で飛行させます」という航空局への申請をするのですが、とんでもない大きな地域を囲っている人がいまして、オイラがあとから申請すると

メールアドレス「〇〇〇.comさんと調整をとってください」と数人出てきます。


「おまえ1日にこんなに広い面積なんか飛ばせないだろう!!飛ばすところだけ申請しろや!」


と怒ってしまうのはオイラだけですかね。(苦笑)

皆谷尚美の思いでコンサート

またこの地域でイベントを行いました。


閉校した小学校での『皆谷尚美の思いでコンサート』


そういえばここのブログで宣伝をしていなかったのですけど、四国徳島在住の歌手、皆谷尚美さんにこの地に来ていただき、旧小学校体育館でコンサートをしてもらいました。


image


image    image

アニメ映画の主題歌や熱闘甲子園のエンディングテーマなど歌っている方です。徳島四国放送では3本持っておられる方です。

プロレスの件もあるこの地に帰ってきた方の知り合いということで、この田舎までやってて来てくださいました。

観客もほぼ予定ぐらい出まして、作成したチケットもあと少しになっていました。

image

四国からの”追っかけの方”も来られまして、コンサートのお手伝いをしてくださいました。


この地の小学校が閉校して早5年。コロナになって皆谷さんが閉校した学校でピアノ演奏で校歌を引いてみんなで合唱することが目的でもあり、過去の先生たちもたくさん訪れてくださいました。

image image


前半は実行委員で活躍している方の所属している福山のバンド「cmajor9th」が場を盛り上げてシンガーソングライター「皆谷尚美」さんの登場。


image


オイラはまた”裏方仕事+撮影係”でしたが、まじかで聞きますとさすがの圧巻でした。


最後はやはりカープの歌で締めくくり。(笑)

image image

阪神ファンなのに無理やり赤い服を着せられ、歌ってもらいました。


実は、以前ここに帰ってきた先輩が準備や企画をしてくるのだけど・・・・オイラ達には事後承諾。 例えれば・・・

「船長が一人で船を出しました。その船に乗るのは、”お客さん”のみ。機関士などもいないので、その船に乗ったお客さんは沈まないように一生懸命バケツで水を汲みだして目的地まで船を浮かべていました」 かな。(苦笑)


オイラもバケツ持ち役なのですが、当日は一生懸命水を汲みだしていました。(笑)


あと、打ち上げに皆さんといったのですが・・・酒の席で公開ラジオの収録を30分。iphneをマイクにして収録をしてしまうなど、最近の道具の使い方にはびっくりでした。(笑)

イベント反省会

 昨日から急に寒くなりましたね。 昔我が家では「11/3のお祭りまでこたつは出さない」ことになっていましたので、寒くても毛布や服を着て過ごしたものです。 現在はそんなことは無いのですけど、縁起事なのか昔の人が勝手に言っていただけなのかわかりませんが、文章で残すことが増えて”言い伝え”というものは少なくなっているものだと思っています。


 地域行事のことですが、先週オイラが住んでいる市の戸別全体に配られる広報に、先月行った”プロレス”がトップを飾りました。


image


 自分たちは計画して、この小さな町のためだけに行ったつもりなのですけど、市役所の人がこのように表紙に持ってきてくれるということは、意外と大きな市全体に与えた影響は大きかったようです。

 これから過疎地域が増えていくのは絶対なのですけど、市役所としても何とか自力で運営してくれる地域を作りたいのだと思いますね。

 仮にお年寄りが多く介護してくれる若者がいない地域には、市の予算をつぎ込んでも守らないといけないことになります。もちろん健康面でも病院に多くいくと市の予算が必要になります。 

 イベントの効果はどのように出てくるのかわかりませんが、町を元気にする取り組みはで少しはきたかなと思います。




 そしてこの週末には、プロレス実行委員メンバーで反省会をやっとすることが出来、みちのくプロレスの新崎人生選手にテレビ電話でつないでもらい、率直な意見を30分にわたってしてもらいました。


最初にもらった感想として・・

 「初めて大会をされたのですけど、実行委員の人はイベントに慣れておられますね」

ということでした。おそらく田舎の町なので一人一人が自分の仕事を工夫しながら行っていますので、外から見られると、指揮者無しで勝手に動くことが不思議だったのかもしれませんね。

とりあえずこれで一区切り。今週も夜勤と複雑な現場のマシーンコントロール3Dデータ作成が2つ入ってきていますので、仕事に集中していかなないとまずいことになりますな。


あ、写真にオイラが写ってないか探してもだめです。撮影者がオイラなので。(笑)

お宮を守る

先週も地域行事があり3週続けて何かの行事がありましたが、これでひとまず終了です。

先週はこの地域のお宮のお祭りがあり、今年はオイラが総代長となっていますので、なにかと準備や段取りをすることになっていました。


image


東京オリンピックが行われた10/10。それに匹敵するぐらい雨の降る確率が低いのが11/3だそうです。今年も良い天気に恵まれました。


image image


数軒しかいない氏子ですけど、親戚の人などが来てくれて神輿と太鼓が御旅所まで行くことが出来ました。


お祭り自体は無事終えたのですけど、次はお宮の維持メンテナンスのお話し。

『天井から雨漏りがしている』

ということに気づいて、天井裏や外観を調べることになりました。


image image


屋根裏を見てみると・・・獣が上がって断熱材を食いちぎった形跡がありました。

そう、雨漏りではなく”獣のおしっこ”だったようです。

image


天井を見渡してみると、明らかに獣が入りそうな穴が見つかり、外に出て形跡を調べてみました。

image  image

どこから上っているのか、柱を見ると・・・爪の跡だらけでした。


image

こちらから上った形跡がありました。


屋根に上がって穴を確認すると・・・。

image


image 

こんな隙間がありました。


      image


そこでホームセンターに行ってこれを購入。

大きな穴も発砲スチロールより硬い泡の壁を作ることが出来るので便利です。(1本1000ぐらい)

これも無事完了しました。


次なる問題は・・・・スズメバチの巣も確認。

image  image 


マシンガンでハチの巣を”ハチの巣”にする。(笑) 購入するか迷っています。

みちのくプロレス びんご安田大会

前回投稿していたプロレス大会を閉校した小学校グラウンドで開催しました。


前日はグランドに事前に作った図面より、リング位置やイスの並び・駐車場配置をTSで測量して会場つくりをしました。


image image


当日大阪からリングを運んでもらい、リングつくりからですね。


image image

image image

スポンサーさんの幕を貼り付けも、選手の方がしてくれます。


image image


市長も駆けつけてくれていただき、挨拶をいただきました。

そしてゴングが鳴り始まりました。

image image


image image

image image


image image


どうしてリングが映らない写真があるかって?

image

オイラは撮影係なので、こんなところで観戦+撮影していました。(思いっきり特等席)(笑)

image


天気も良くて無事終えることが出来まして、今朝はほっとしている状態です。

そして選手の方々と、反省会+打ち上げを行い、新崎人生さんやザ・グレートサスケさんやアジャコングさんと飲んでいました。(笑)

みんなプロレスって屋体のイメージがあるので「外でリングを組むのは珍しいのですか?」とアジャさんに聞くと

「以前はリングを組むのは屋外が多かったけど、最近体育館も増えた」と言っておられました。


なんにしても地域の有志でスタートしたこのイベント。準備はこの春から行ったのですが成功したという感じです。
次なるイベントも決まりましたので、年中行事に追われることとなりそうです。(苦笑)

みちのくプロレス びんご安田大会

秋も深まり、ちょうどよい気候になりました。


そうしますと・・・・ 『みちのくプロレス安田大会』開催です!!(笑)


この春より企画して興行ににまで変更して行うイベントが、この週末 

 ≪10月22日(日)≫に開催します。

  場所:広島県三次市吉舎町安田1741-1



おかげさまで、チケットが予定数近く売れまして、指定席も残りわずかとなりました。

(自由席もいっぱいになりつつあります)


image


4日前にこの写真に写っている「MUSASHI」さん。なんと前日21日からの、

「SUPER Jr. TAG LEAGUE 2023 〜Road to POWER STRUGGLE 〜」

に参戦することとなりましたが、この地のイベントにも予定通り来てもらうことになっています。(MUSASHIさんのこの試合が決まりまして、遠方からの問い合わせと足を運んでくれる人が多くなりました。)


対戦カードはこのようになります。


image image


image image


チケット購入などはこちらのメインのHPからチェックしてください。


みちのくプロレス 備後安田大会 HP    image


準備はいろいろと大変なのですけど、今回はマイナス経理からのスタート。なんにしても異世界の地域イベントですので、準備はとても大変なこととなっています。

オイラの仕事の一部として、駐車場計画のために、事前にドローンを2Kmぐらい飛ばしまして、オルソを作成して計画を立てています。(オルソ写真は便利ですね〜)


image


会場近くに200台。ちょいと離れたとことに150台の駐車場は確保できました。


駐車場は  10:00ごろから。

開場は   11:00  (途中子供プロレス教室を行います)(参加してください)

試合開始は 13:00〜


キッチンカーや出店も16店舗来てくれるので、11:00から昼食を食べてから観戦してもらえるようにしてあります。


image


オイラは ”本部” 兼 ”撮影係” 。


しかし通常のお仕事も平行に行っていますので・・・・この時期カラダが2つほしい・・・

田舎人間は・・・

9月に入ってやっと朝晩は涼しくなってホッとしています。「このままずっと温度が下がらないのか?」と思わせるぐらい、こちらの方では晴れと、雨が降りませんでした。


失敗なのがお盆過ぎに”雨がたくさん降る”予報になっていたので、田んぼの水を少し早めに止めたのですけど・・・・結局本日まで全く雨が降っていない状態で、”実の入り”が悪かったかもしれません。


お仕事の方は・・・「〇〇までにデータを作ってください!」などで、現場と内業がフル稼働になっています。(この記事も測量の夜勤明けで書いております)


話は変わりまして、先週もこの地で大きな大会がありました。


『自分の住んでいるところにすごいところ!』と不意に聞かれると、

「この地にはそんな自慢なことは無いよ!」

と答えが帰ってきます。

でも8月末のこの地での普通のイベント(大会)。


image


自宅から1kmぐらいのところで、なんとなくいつもの風景としてこのような幕が付けられてイベントが行われています。

全日本大会なんです。ワークスチームも来ています。レースクイーンも来ています。


image


image


この大きな大会をしている人も、同じ地域の人。 

image


何か面白いことをしてやろう!! と思っている人がたくさんいる地域なのかもしれませんね。(笑)


オイラも何かとあちこちに顔を出すほうなのですけど、こんなオイラをみて営業マンの人が一言。

「もぐらさんは、回遊魚ですね。ずっと動き回っているイメージしかないのですけど・・・」

「もぐらさんは止まったら死ぬかもしれないので、止めませんけど・・・」


など好きかって言われますが、本人は自覚がないのですよね。


好きな機械を買って・・・、現場で実験をして・・・パソコンソフトで解析をしてみてどうなるか試してみる・・・。楽しい。


ん” ん”  ??


オイラの場合考えてみると、仕事が遊び場になっているような・・・気がしますね。(苦笑)

みちのくプロレス びんご安田大会

お盆明けで今週から”気持ちが”本格稼働という感じですね。暑い日が続いているので、エアコンの聞いた事務所で内業はうれしいのですけど、明日からは外に出ないといけないのでまた空調服を用意しておかないといけませんね。


さて、オイラは今年春からこの地域で秋に行うイベントの準備をしています。


「なんでプロレスを・・・・?」


image


実は昨年この地に帰ってきた先輩が、みちのくプロレスとお知り合いということがあって、ぜひこの地で開催してみたいという要望で、有志が集まって準備をしています。

もちろん元手予算などはないので、スポンサーとチケット販売でこの大会を開催します。


みちのくプロレスHP


みちのくプロレス びんご安田大会HP


(スマホ用に作っていますので、PCではトップ画面が見にくいです)

image


特別参戦でアジャ・コングさん、スペル・デルフィンさんが来ることになりました。

ザ・グレート・サスケさんとスペルデルフィンさんの戦いが見れるという大会です。


このお盆から全選手を発表して本格的にチケット販売を開始しました。

あと2か月になりましたが、まだまだ詰めていかないといけないことがありますね。


ブログ右側の”もぐらへのメール”からでも質問などは受け付けますので、興味がある方は連絡ください。

農業機UAV

この時期になると集中豪雨があちこちで起こっていますね。以前は”台風が来て災害”でしたが、最近は梅雨全線や線状降水帯などといつこんな状態になるか近づかないとわからない天候になっていますね。昨日も消防団の出動があり、夕方までパトロールをしていました。


さて、雨が続いているのですが、今週末から晴れの予報が出ていますので、もしかすると中ごろには梅雨明けかなと予測しています。


そこで気になるのは田んぼの稲。週末には『穂肥と防除」の肥料・薬品を買いに行っていろいろと話を聞いてきました。


穂肥と防除の時期を調べるには、『稲穂がいつ出てくるのか?』が大切で、それを調べる方法を習いました。


田んぼの稲を1本抜いてカッターナイフで半分に割ります。その中に小さな穂が育ち始めていますので、その穂の長さで、「あと何日で穂が出る」ということが分かります。


image


ちなみに1cmぐらいなら「あと18日で稲穂が出ます」ということになります。


今年は新しい機材の導入。これまでは業者にお願いして防除などを行っていたのですが、免許もとれたし、だいぶん農業機も安定してきた感じですので、入れてみました。


image


通常は免許や散布の講習など、多額のお金が必要なのですけど、オイラは測量をするのでそちらの免許を取得して、何もかも許可申請や設定を自分で行うことで、+1万円で農業機も取り扱えるようになりました。(機体のお金は別ですよ。ちなみに日本製です)


あと国の許可も取れましたので、もう穂肥の粒状は散布しています。


image


『他業種の仕事をする』ということになりますが、5年前ではUAVの他業種進出などは考えられなかったことですが、時代は変わっていきますので。


あと足らないものは・・・・オイラの農業知識ですな。(苦笑)

春の地域行事

なんと5月なのに梅雨に入ってしまいました。中国地方で聞いたことないですね。でも週末から晴れ間が出てくる予報なので、作物の日照不足が無いようであれば、梅雨でも問題ないですけどもね。


と、土木の話から農業の話に変わりつつあるここのブログですが、実はオイラの日記かわりのものなので何の記事が出てくるかは、ご了承ください。


先週も山歩きや夜勤・基準点測量などとフル稼働になり、週末は地域のイベントの「でかマルシェ」の開催でヘロヘロになっておりました。


image


廃校になったグラウンドに出展募集をかけて、いろんな店舗を出すマルシェです。

この地域も過疎などで、”限界集落の頂点?”ぐらいになっていまして、地域のイベントにもこの地域以外のところからも来てもらえるイベントに昨年から変えていきました。
(いつもながらグラウンドの整地はオイラがしています)


この秋からは、マルシェだけでなく、イベントも盛り込んでいくことにして、集客をやっていくことになりました。


そしてこの秋には次なるイベント。ここのグランドにリングを組む計画。


image


このチラシの通り、来ていただけるか地域の先輩が問い合わせたら快く来てもらえることになり、有志で打合せをしながら準備を進めています。


最近よく質問されるのですけど、

「もぐらさんはどこに向かっているのですか?」

と聞かれることがあるのですけど最終目的は・・・・

「豊かな老後」 ですかね。(笑)


地域の建設業への応援も、農業もそうですけど、この地域が良くなれば良いという考えです。

そのためには今できることからやっていかないと手遅れになってしまいますのでね。(笑)

GWの過ごし方

ゴールデンウィーク(GW)も終わりましたね。今年のGWは・・・”農業”で終わった感じです。昨日雨の中田植えを終えることができて、今朝はホットしているところです。


4月中から米の苗つくりから田んぼの荒代掻き、本代掻き、田植えと小さな田んぼばかりなので、作付け面積のわりに時間がかかる山間部の農業です。


image


田植え機も古いので、パワーステアリングもついていないので、力が必要な我が家の田植えなんですよね。(苦笑)


そして今年も親戚の人がお手伝い・・・というか農業体験ということで日にちを決めて田植えをしたので、昨日はどうしても雨の中の田植えとなりました。そして・・・泥落としの自宅BBQで一区切りとなりました。


「もぐらさんはしっかりと休日を過ごされたんですね」・・・と行きたいところなんですけど、連休前に測量したものは「もぐらさん、連休明けによろしく」が、6件ぐらいありまして仕事もやっておりました。


そして連休中ほぼ24時間動きまくっているのが、この機械。(本日も動き続けています)

3Dプリンターでの造形のお仕事が来まして3DCADでモデルを作って作りまくっています。


シングルの作成のプリンターでは間に合わないので、2つ作れる3Dプリンターが活躍してくれています。しかし微妙な設定が必要で、最初のころは失敗作ばかり。

3日かけてプラットホームの温度とノズルの温度と造形の位置などを少しづつ変化させやっと安定した生産ができるようになりました。


image image


5/24〜26で開催される催しに使われますので会場のどこかでうちで作ったモデルがあることでしょう。


image


1/10スケールの水路と集水桝ですね。


image


オイラも行きたいのですけど、この辺りは夜勤の測量が入っていまして3Dモデルだけが幕張メッセに行きます。


さて、本日が最終日。それぞれの資料をまとめて明日朝メールや宅急便ができるようにいたしましょう。

≪追記≫
水路モデルを納品しましたら、本当にジオラマに配置された写真が来ました。

42127 42126

これにバックホウなどが入ってくるそうです。

日立建機のブースでミニチュアバックホウの遠隔操作でこれが使われます。



田んぼの整備

やばいくらいに月日の経つのが早くて、

「あれ?あの報告書の作成・・・・もう数週間過ぎてしまっている・・・」

てな感じで焦って作成しているのですけど、なにぶん新しいこともやっていまして、報告書の様式から役所マニュアルから作成したりもしていまして、手間取ったりしています。


でも知り合いから様式や書類のフォーマットを交換しながらしていますが、同業者がいることはありがたいことです。(笑)


仕事も急ぐのですが、家庭のこともやっておかないといけないので、週末は割り切らせて家のお仕事をしました。

4月の初め頃から用水路に水が流れ出すので、それまでに田んぼの整備をしておかないといけないのです。昨年から親戚の田んぼを手伝って作っていますが、用水路から田んぼに水を入れる”水口”が壊れていて、きちんと水が入らないのでそこを直しました。


image


バックホウがあるわけでもなく、ひたすらスコップとツルハシで掘削。


image


ホームセンターで150×2000の水路(3500円)を買ってきて設置です。


image


コンパネの廃材を使って型枠を作って、猫車(一輪車)でコンクリート(手練り)を作ってコンクリートを打設。(笑)

image


板で水をせき止めるところの作成ですね。今週はここまで。コンクリートが固まるまで土の埋め戻しはお預けです。


周辺にあった石で”石積”を。 ”超いいかげん”な施工でコンクリートの代わりに水で練った泥を間詰めにして積み上げ。(設計通りなので手抜き工事ではないですよ)

荷重がかかるところではないので速攻で積み上げ。10分でできました。(笑)


image


「先祖様の土地を守る」ことでこんなことやっていますが、お米って自分で作るより、買ったほうが安いのですよね。今年は何もかも物価が上がっていますので、作るのも昨年よりはコストがかかるでしょうね。

事務所整備 その3

いよいよ年度末の到来。竣工書類作られる現場も多く、夜遅く「もぐらさん、遅くからすみません。AutoCADからもっと楽に印刷をかけれる方法はないのですか?」と連絡が着たりもします。 オイラも現場監督をしていた時はこんな時もあったなと、現場の大変さもよくわかるので問題ないです。

大変だったのは”夜11時ごろから2時間以上車でかかる現場に来てほしい”という依頼。一杯やっていますので現場行かれないので、現場のパソコンに遠隔操作できるソフトをインストールしてもらって、自宅から遠隔操作で図面の修正や現場書類を手伝ったこともありますね。(苦笑)


と現場は忙しいところもあるのですけど、事務所の改修はボチボチとなっていまだに荷物が外から事務所内に入っていません。(苦笑)


でも少しずつ新しい機材などの交換や追加をしています。


image


15年使っていたA1プロッタ−のローラーが破損して薄い紙や長尺印刷できなくなって購入にあなったのですけど、注文していたら新しい機種に変わったということで発売前の最新機種になりました。(用紙は自動で取り込んだり排出したりできます。楽です)
UAV写真とCADを使った高精細な看板などを作るのですが、知っているマニアックな印刷会社さんからも断られましたので、自力でやらないといけないといけないわけです。


それとソフトのパッケージなど、ほぼ日々使わないものを入れておくところを作成。

image image
家具の町”府中”で仕事をすることになりまして、家具屋さんに立ち寄った際に、端切れ木材を”薪”として一束300円で売っていました。でも木の質は最高のものばかり。それを使って、こんなものを作ってL字ブラケットを作成しました。


image


これにコンパネで箱を作って乗っけます。 日が暮れてからのやっつけ仕事ですので、ローラーでちょっと色塗りをして朝取り付けるという感じ。


image


最後にニトリの扉付き三段ボックス入れて吊り棚の完成です。


image


三段ボックスのままですと、年数がたつと変形してしまうことがあるので、コンパネの中に入れました。


image


それとYouTubeにアップしたり、動画を作成することもあるので、PCやスマホから直接大型モニターで見れるようにGoogleテレビを事務所に持ってきました。それに持っていたスピーカーを壁に取り付けたら・・・シアタールームになってしまいました。(笑)
やはり文字の大きさや画面のスピード確認は、PCモニターだけでは出来ないので、こんな形となりました。

お正月の行事

仕事でお客さんに電話して「あけまして・・・・」と言葉を付けるのはいつまで?と毎年思うのですけどオイラは先週ぐらいまでかなと思っています。でも「今年もよろしく・・・」はしばらくつけてしまいますね。


この週末に2つの正月行事が終わったので今週から本格的稼働になります。


一つは消防団の出初式。

image


image


3年ぶりに開催されましたが・・・「今年は式の内容を略して短くしました。」と言われていたのですがやはり式典が長い。結局1時間20分もほぼ直立不動で市の出初式を終えて地域に帰り、また30分ぐらい直立不動の出動式を終えて河川敷で一斉放水。


地域を守ることなのでこれも訓練の一貫だということでしたら我慢するしかないですね。(苦笑)


そして次の日は集落で行った”とんど”ですが、これも3年ぶり。竹を採るところや竹を締め付ける”かずら”があるところなど、これもみんなで知識を共有していかないといけないですね。


image image


今年は参加人数が少なくてとんども小さめ。 ま、お餅が焼けるだけの炭ができればOKなんですけどもね。


さて、今週は夜勤の測量などが続きますので、お正月で鈍った体を引き締めていかないといけませんね。(苦笑)




地域のコンサート

この日曜日からすっぽりと雪国になってしまいました。


image


雪が積もること自体あまり抵抗はないのですけど、仕事場までの移動時間が多くかかるのが困ったことです。”雪が積もっているのだから測量は無いでしょ?”と思われますが、お仕事の依頼は瀬戸内海に近いところでして、あちらでは雪が積もっていないので、通常の業務になります。

自分一人で走る分には、ほとんど移動時間は変わらないのですけど、いろんな車がいますのでね〜。


話は変わり、この日曜日にはこの町内で活動しているバンドのコンサートがありましたので見に行ってきました。


image



image 


image


音楽を聴くことはいつもあるのですけど、演奏する人は尊敬してしまいますね。小学校の時にギターにチャレンジしたものの・・・そのまま極めることはなかったですね。

演奏中のなかの一言で、

「フォークソングはほぼ完成形になっていますので・・・」

そうか、フォークソングの全盛期は終わって、メジャーな新しい歌はほとんど出てくることがなくなったという意味に聞こえました。


オイラが演奏したというと・・・小学校の時の”鼓笛隊”ぐらいですかね。しかし・・・最高学年になった時には何故か指揮者に選ばれていました。


家族には「指揮者ってすごいじゃない!」といわれていたけど、卒業後に友達に当時の話を聞くと・・・・

「〇〇先生言ってたよ、もぐらくん音感が悪いから、音が出ない鼓笛隊の配置は指揮者しかなかったんだよね〜」と。

うぐ。そういえば誰も指揮者を見ていなかったし、テンポは大太鼓で行ってるし・・・指揮者も大太鼓に合わせていたし・・・。


演奏できる人はすごいです。(苦笑)

月別記事
皆さんのコメント
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
QRコード
QRコード
もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
  • ライブドアブログ