もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

お仕事の話

橋の撤去工事写真

日曜日の晩から夜勤で、月曜の朝約3時間かけて高速道路を走って帰っていると・・・絶対睡魔が襲ってくるので、SA/PAでひと休憩となり、日が高くなって帰ってきました。


今回も工事写真の撮影で、現場の人から呼ばれまして”記録写真”をとってきました。

プロの人のように編集までこだわったことはできないのですけど、”記録”という感じでオイラが呼ばれています。


今回は、新幹線線路の上に架かっている老化した橋を撤去の工事でした。


image


クレーンもデカいですよ。750t仕様にしてあるとかで、クレーンの組み立て方によってはもっと大きなクレーンに変身するそうです。今回は赤丸がしてある箇所を丸ごと釣り上げて撤去する作業となりました。


この橋がどの部分かはこちらの動画で。



事前に橋は切り取られていましたので、当日は橋のバランスをとって釣り上げて撤去する流れでした。が、ワイヤー・シャックル1本にしても巨大で、持ち上げるにもクレーンが必要でした。

image


ワイヤー・シャックル1本にしても巨大で、持ち上げるにもクレーンが必要でしたね。

体の大きさぐらいのシャックルです。


image


橋の切り取り断面。ワイヤーソーで切り取られていますね。


image


全部で5回に分けて、橋の撤去ですが、昨日は一番大きい約130tある部分の取り外しでした。


山陽新幹線が開通して約50年。橋の老朽化が進んでいるのは確かです。でもその間に周辺の道路整備などや生活環境の変化で、不要となる橋もあるのが現状でしょう。


コンクリートの対応年数は50年といわれているように、新幹線や高速道路も開通50年を過ぎます。今作っている道路も50年後には改修が必要となるわけで、回収しやすい構造にしておくことも今後必要だと思いますね。

新年度開始

年度が替わり、入社式の日ですね。


今年は年度末の急いだお仕事や、新入生や新入社の人も近く、あまり”年度替わり”の行事はなかったので平常の運転のままです。(笑)


4月といえばオイラは”農作業”の始まる季節ということで、週末などは地域の溝掃除や米の種まきなど、週末の予定はびっちり入っています。

今年は地域限定でドローンによる肥料・農薬散布も行うようにしていますので、ちょっと農業にも力を入れていこうと思っています。


もう一つ春の行事が増えまして・・・昨日はこんなものを作っていました。


まずはお店に材料を買い出ししてから。お店で切らせてもらいました。


image image


プラズマカッターで穴あけ+溶接。


image image


基礎の床掘。古い施設を撤去 + 超、適当に型枠設置


image image


コンクリート打設


image image


と、まあ結局コンクリートの砂が足らずに、途中で終了。


出来上がりは、今度ということで。



2024-04-15 追記記事

作成していたのは、こいのぼり の基礎。
我が家の子供の時にあげていた”こいのぼり”を再度上げれることが出来ました。

2024-04-15 07.01.20

山から切り出してきた杉の木を立てました。(長さ12m)

2024-04-15 07.01.06

過去に9年間上げていたこいのぼりですが、あて布や修繕して何とか泳がすことが出来ました。

近年大きなこいのぼりを上げることが少なくなりまして、元気な地域?も思いましてあげてみました。

でも下に置いているポリバケツに夜は収納しますので、日課が出来ました。(笑)






駅の供用開始(JR可部線 下祗園駅)

1月も終わりの週となり、今週末には”豆まき”をしないといけない日になりますね。先週から週末(土日)は、夜勤が入っていまして、「オイラっていつ休めばいいのか・・・・?」の状態が3週続きます。


昨日は駅の改修工事のお手伝いを3年していましたが、供用開始の工事が行われました。


image


image  image

この駅は上り下り線共通のホームが中央にあり、ホームに渡るにも踏切があるという形状でした。それが上り下りに分かれて、自由通路をつくるという工事でした。オイラは基準点測量から線路の位置・建築建物の位置を測量をするお手伝いをしていました。


夜0時の最終列車が通って切替工事の開始。踏切部だけを残してホームが出来ていますので、1番で踏切の撤去とホーム作成。そしてすべての電装関係を切替でした。


最終列車で中央のホーム使用が終了。

image


そして工事の開始です。

image image

大変なのは大きな床板を屋根の下で釣り上げることですね。シミュレーションをしていたとしても、クレーンのランプは時々”黄色”点灯でしたね。


image


線路からのクリアランス確認でも数mmの攻防ですね。


image


床部分は、今後アスファルト舗装になりますが、まずは朝までに復旧ですので、大工さんの出番となり、床張りで復旧でした。


image image


image image


約1日に約1万人が利用するという駅。15年前に大きな工場跡地に大型商業施設が出来て、周辺に大型マンションが立ち並び住宅事情が大きく変わり、元気な駅となったのですよね。


新しいホームに1番列車が入ってきまして工事関係者のみんなが、「出来た!」という喜びの瞬間ですね。

image


両サイドに駅舎・ホームを作る上に、自由通路を数mm以下の精度でシビアな測量をして出来ているとは誰も思わないものなんですよね。


今回は、記録写真撮影と工事個所の映像を工事対策本部(事務所)に中継設備を付けるお手伝いでした。アングルを決めやすい一眼レフ使用なので、ちょいとマニア的な設備でした。(笑)


image image



歩道作業の安全管理

今週も初めから現場に出ていて、週初めのブログ更新が火曜日の夜となってしまいました。


怒涛の勢いで日にちが過ぎていくのと、”ええ、こんなに早く〜”という具合に、以来の仕事が複数同時に着手となって、”てんやわんや”な8,9月でした。でも引き続き地域行事で10月も続行中でございます。(苦笑)


さて、昨日からも現道工事の測量を行っていますが、今回は”ちょっと街中”の測量で、車や通行人が多く思ったように仕事が進まない現場でした。


本日の本題は、「歩道で測量をする場合は気を付けて!」ということ。


現場はこんな感じ。


image


片側2車線道路。両サイドに歩道があります。

車道の舗装工事なのですけど、まずは歩道に基準点・水準点を設置するところからなのですけど、車道の見ての通り、道路側には”植樹”。工事で使用するのに片車線で見通しができるように、”歩道の外側”に基準点を設置することになりました。


で、「対回観測」をする際にはどうしても歩道にトータルステーションを設置しなくてはならないのです。


見ての通り狭いところを点字ブロックが設置されています。

あるタイミングで、測量機を三脚に設置したままカラーコーンで明記して、別な個所にプリズムを設置しようと測量機から逃げていました。


すると作業員が一人が”猛スピードで走って測量機を取り除いて”しまいました。

オイラは???でしたが、しばらくすると、


『白い杖を持った目の不自由な人が通り過ぎていきました』

点字ブロックには設置してなかったにしても、ぎりぎりに据えていましたので、もしかすると事故になっていたかもしれません。


自分たちも何気なく工事で歩道を使っていますが、いろんな人が往来していることを忘れていることがあります。


当たり前のことかもしれませんが、点字ブロックが設置されているところだけでなく、カラーコーンで明記するだけでなく、人が往来する横断歩道には障害物を作らないことが大切ですね。


その前に工事の測量や出来形管理などで、第三者に迷惑をかけるような測量をなくす方を考えることが急務だと思いますね。

またもや滞在仕事

ブログが滞納しておりまして・・・情けない。

2週間前には山形県で仕事をしていましたが、今週は愛媛県で仕事をしていました。


そういえば山形のでの話が途中でしたが、こんな階段で地上7階建て相当のところまで上がって飛行開始。


image   image


機材を持ちあがるだけでヘロヘロでしたけども。

業務を完了して、また2日かかりで広島へ帰還。 そして次なる作業箇所も予定日が雨となる見込みで、急遽2日前倒しでドタバタでした。(今もドタバタですけど)



image  image


image


愛媛県はこんなところを貸し切って飛行でした。


image


image


愛媛県での写真を撮り忘れていましたが、ガンガンに飛行させるので、バッテリー充電器は2セット。


image


バッテリーは1セットで30分程度飛行でき8セットあったのですけど、それでは足らないという恐ろしいミッションなわけです。(苦笑)

愛媛県では、撮影枚数12000枚超え。写真容量は200GBに達しました。

土木図面を作っていたオイラが、こんな世界に入るとは10年前には想像がつかなかったことですね。でも測量業界ではドローンを使うことが当たり前になっていますので、ドローンももっと進化してほしいものです。

長距離移動

「天候にはかなわない」というお仕事をするにあたって、天候に左右される仕事は、少しでも早く日程調整をしないとだめになりますね。


これは今週予定しているお仕事ですが、火曜日フライト予定でしたが、雨の予報ということで、急遽金曜日から遠く山形へ出発することになりました。


山形県までの距離は約1100km。平均時速80km/hで走っても、14時間と1日での移動は無理ということで、移動日を2日見ることにしました。


1日目はここまで移動。

image


怪しい食べ物を探しつつここまで来ました。


image 

image


この地で今週晴れるのは、月曜日のみということで、事前測量は昨日の日曜日なのですけど、約70haの町中を歩いて測量をしていました。

image image


本番は今日なのですけど、この地はとても風が強くて、ひやひやドキドキになるかもです。


さて、通常の仕事もデータを持ってきていますので、ホテルでは通常の仕事もやりつつになります。体が2つ欲しいと感じています。(苦笑)

暑い日々の業務

お盆休みまでに・・・・の仕事なのか、忙しい日々が続いています。

その上この暑さ! 週末外で焼き肉をして気づいたのですけど、

「オイラの脂肪もこのぐらいでないと解けないのなら、この暑さじゃまだ無理だな」

と気づきました。


先週は現場と講習会の週でして、『ICT施工の社内講習』ならぬものをはなじめて行いまして、どのように行うか四苦八苦して当日を迎えました。


image


社内の研修センターですが、新幹線と在来線のトンネルまで作ってある規模がでかい会社です。(笑)

ICTについての話はいろいろとあるのですけど、講和だけじゃダメなので、TLSを2台持ち込んで実習。で、2つの点群をつなげてみるなど、実践もやってみましたが、いきなりの本番なので、先生(オイラ)も「ちょっとお待ちください!」を連発でしたね。(苦笑)


そのほかの業務では、36度なのに、道路の基準点測量。舗装の起工測量などをいたしまして、炎天下でも1日に12000歩も歩いていました。

image image


今日もこれから急斜面がある現場での基準点測量。

お盆までにこれ以外にも大仕事が2つも残っているので、そちらの資料も作成しておかないとやばいと、焦っている日々でございます。

似島

恐ろしい夏が近づきつつあり、「冷感インナーは?空調服は?」と、物探しからスタートする朝になりだしました。まだ朝晩は涼しいのは幸いですけど。


真夏になる前にできる限り現場の測量仕事を終えておきたいところですが、そんなことも言えるわけないのですけどもね。


先週は初上陸する島に行ってきました。


image


広島はだいぶん島に行くにも橋が出来て、陸続きになりましたが、今回は広島市内から一番近い島です。


image


image  image

1周が10km程度の島ですが、砕石や生コンクリート工場がないので、全部のこのフェリーに乗せての輸送になるそうで、結構大きな船です。


1時間に1回。所要時間は15分程度です。 山の人間として海や船にはちょっとはしゃいでしまいますね。(笑)


image


赤丸の建物がG7サミットがあった”グランドプリンセスホテル”ですね。


image


小さな島といっても、このように高い山があります。標高278mで登山できる山です。


今回は5年前に起こった”西日本豪雨災害”の災害箇所へ砂防堰堤の工事測量をしてきました。

数軒押し流されたあとがありましたね。


まずは「伐採の範囲を出してほしい・・・・」と言われて、災害から5年がたっていまして、計画時に測量した杭などが分からなくなっていまして、GNSS機と平面図連動タブレットで、範囲を探していきました。それと砂防堰堤なので急斜面箇所であるのと、草が伸びきっていて、草刈り機で道を作りながらです。


『もぐらはこの測量+草刈りで体力を使い切ってしまいました。』 チーン!


午前中で体力を使い切って仮設道測量や基本測量をしてこの日は終了しました。


昼休憩にちょっと島を回ってみることにしたのですけど・・・ハイエースでは通れない道が多くあって、1周回ることが出来ませんでし。(苦笑)


image



≪追記≫


image image


島の小・中学校のわきに、このような慰霊碑がありました。

第二次世界大戦の原子爆弾投下によって、この島にもたくさんの人が運び込まれていたそうです。


1爆弾で20万人が亡くなる。とんでもない歴史がこの島にも残されている考えさせられました。

リフレッシュを求めて

GW明けが月曜日からだったので、1週間が長く感じた気がします。しかし・・・それ以前にオイラは火曜日より体調を崩して発熱ながら内業をやっておりました。

流行りものかなと思って検査もしてみたのですけど、問題なく。なので病院に行くでもなくじっと自宅で仕事をしておりました。


前にも書いたけど『健康』って、”注意しなければ” を忘れたころにやってきますね。今年のGWは農作業と仕事と来客接待で終わりましたが、ちょうど農業がひと段落した次の日ですから、もしかしたら”疲れ”から来ただけなのかもしれません。


GW中にも、息子たちからも健康を注意されていたので、オイラも

『働き方改革』 

をちょっと考えていかなければいけなくなりました。


さて、オイラのところでの働き方改革って・・・・何? 


知り合いに聞くと「農作業をやっているとほかのことを考えないからリフレッシュするよ」と言われて昨年から親に教えてもらいながら農作業をやっています。


兼業農家の人は農業所得(確定申告)をみなやっているのですけど、親父がこれまでやっていたのですけど、今年からはオイラがまとめていくことになりました。

それなら・・・・白色申告でなく青色申告したほうが良いので、個人事業を立ち上げすることにしました。

なんか働き改革っていいながら、余計に仕事をするようになる気がしますが、”リフレッシュ”を求めてちょっとやってみようと思います。

太陽光発電

1月も終盤。今週は大きな寒波がやってくるということなんですけど、幸い?にも現場仕事が入っていないので、先週末から溜まった内業をこなしています。


年末から準備していたお仕事・・・というより趣味の業務を終えてきました。

業務内容は・・・・

 『携帯電話も通じない現場へ通信環境を整えよ!!』

ま、オイラが現場へ話しかけてスタートしたことなんですけど、以前記事にした

  
 人工衛星からインターネットを接続するシステム『STARLINK』

を現場に設置してきました。


モバイルバッテリーとSTARLINKは、まずは問題なし。しかし山奥なので、電気というものが無いので、太陽光発電設備を作ることをやってみました。


まずは使う電気量ですけど、どのくらいの容量が必要か。とりあえずディーゼル用のバッテリーを2つ使って蓄電しておいて、消費テストしました。このスターリンクや無線Lan、100v変換などで、最大80〜40W/hを使いそうなのですけど、満充電で12時間ぐらいは使えました。

予定で、タイマーを付けて昼のみスターリンクをします。

(でも曇りの日が続くとこれでは心細いです)


 image

そして発電量を大きくしたいので200Wパネルを2枚買ってきました。


image


お正月のうちにパネルの止金具を作成しておきました。


image image


image

新兵器、鉄やステンレスが切れる、「プラズマカッター」を調達してきました。(笑)


次はいよいよ現場へ。現場は雪が100cmを超える地域ですので、雪が落ちやすいように急こう配と雪が落ちる箇所を考えて、架台は単管で作成。


image


image   image


ど素人配線ですが、30Vを超えない電圧なので、とりあえず無資格でOK。

image


とりあえず、お天気が続いていればこれで半径200mぐらいは、インターネットができるようになりましたので、LINE電話などで現場から通話ができるようになりました。


しかし、悪天候が続くことも想定しまして、現場事務所に”モバイル電源”をいつも充電しておいてもらっています。

image


現場に着けて、しばらく使ってもらっているのですけど、冬の間は日照時間が思わぬ少ないので、追加で大容量の蓄電池、”ディープサイクルバッテリー”に付け替える予定です。


また、アホな趣味のことをやってしまった。オイラの趣味に付き合ってくださる現場の人には感謝です。(笑)

ラストスパート

いよいよ年の瀬の1週間が始まります。先週の大雪のせいで、現場仕事が今週に回りまして、今日から3,4日間ドタバタが続きます。


image


それでも先週は雪かきをしながら、測量をしましたので、仕事は片付いてきてはいます。


結局オイラの地の積雪は35cmでした。まだ道路にも雪が残っており、今日も時間がかかって現地に到着することは必須だと思っています。


しかしながら本日は3現場を回るのですけど・・・

「よその業者のじゃまにならないようにもぐらさんは夕方5時以降に測量をしてくださいね!」

またしても3D現地測量が夜間になる羽目に。今は冬至なんですよね〜。5時はもう暗いんですよね〜。


と、まあ文句を言っても現場の都合ということで、照明設備をしっかりと持っていく準備をしています。


最後は建築のお仕事ですけど、本来年明け2日間で行う測量ですけど・・・

「年内によろしく!」になりまして・・・・28日昼勤〜夜勤突入になること前提でスタートすることになりました。そこは積雪が40〜50cmぐらいあるところですので・・・。

なので少しでも早く測量できるように、また3Dプリンターで怪しい部材を作りましたので、これが活躍して早くできることを祈り・・・いや、やりあげましょう。(苦笑)

遠方でのお仕事

9月中になるけど・・・暑いですね。春と秋の期間が減少しているのは残念でたまりません。日本の良いところの「四季」のバランスが崩れてしまっていますね。


さて今週はやらかしてしまった話から。

今週は遠方岩手県で仕事をすることになっていました。”出発は月曜日・・・・”と思って日曜日の朝から遠方の親戚の家に向かっていたら・・・・・

「もぐらさん、家に迎えに来ましたよ!!」

と一本の電話が。

「えっ?出発は月曜日では・・・・えっ、えっ??」

となりまして、家から1時間近いところまで車で走っていまして、慌てて自宅に帰って荷物を用意して・・・みんなとは別便の1時間遅れで岩手に向かったという、なんともやってはいけない失敗をしてしまいました。


出発の日にちを決めた際に、日曜日出発?月曜日にする?と話をしていたので頭の中では月曜日が移動日になっていました。でも新幹線のチケットの写真も送ってもらっていたのですが、見ていなかったのが失敗ですね。


image  image 


こんなところでこんなお仕事をしていました。


7時間も新幹線移動すると・・・座っているだけでもくたびれますね。

貢物

東北の方は大雨の災害、4年前の西日本災害を思い出させるような光景がテレビで来るので災害を忘れてはいけないなと感じるときです。


さて西日本は暑い日が続いていますが、昨日は廃校のグランド整備をしていますと、元土木屋の友達がいらなくなったと言ってこんなものを持ってきてくれました。


image


1素子のプリズム他2点。

本来はオイラがもらいに行く予定でしたが、ドライブがてらということで持ってきてくれました。

基本測量をするのに1素子プリズムは多くあってもよいので。このプリズムは面白くて、プリズム定数を変えることができるようです。まずは自分で測距の点検をしてから使っていこうと思っています。


image


そして左側の”その他2点”

1つはミニプリズムのポール。

そしてみどりのカバーに入っているものは何でしょう。


image


伸縮ポールの先には可変できる鏡がついています。


これを触っているところにかみさんがやってきて・・・・

「あっ、おとうさん、これでスカートの下を覗き見をするのでしょう!」

スカートを履かないかみさんが言う言葉ではないのですけど、いやらしいことに使うアイテムだと。(苦笑)


答えは下水工事で、下水管が曲がっていないかをチェックするための鏡です。

image


反対のマンホールからライトで照らして、検査官がマンホール上から、下水管を検査するときに使用します。


ま、普通の方は使うことないかもしれませんが、高いところにものを置いて、確認するときにも使えますが・・・今頃はデジカメやスマホで撮影して、拡大してチェックなどをするので使うことないかな〜。


「このように使うものだけど、友達は何に使ってたかは知らないな〜」(ニヤリ)

と最後にかみさんに付け加えておきました。

時間の使い方は大切ですね

皆さん! 時間の使い方は上手にやりましょう!!


と、時間に追われておりますもぐらでございます。

仕事の時間だけでなく地域家庭諸々と気が付けば時が過ぎている状態・・・期日オーバーなことも・・・(苦笑)


さて昔オイラの理論では、時間に追われる原因って・・・・ ” 携帯電話が普及したから〜 ” と言っていましたな。


30年前ごろは営業マンは”ポケットベル”を持って歩くのが常識で、ベルが鳴ると固定電話から会社へ電話して要件を聞く。 そして急ぎの予定に入れるようになりました。


時は数年たち、技術は進化して携帯電話が出だしました。お客さんなどと打合せをするにも、アポとかとって訪問か、固定電話で話をして決まるものでしたが、携帯電話で連絡するとすぐさま次の行動に移れるようになりました。


そして日本は生産性がどんどん上がって、給料も上がって豊かな日本が出来上がって行った・・・・??

人が良く働くようになって、1つ製品も短期間で作れるようになって・・・1つの商品単価が落ちて行った日本です。


驚くことですが、オイラが就職した際の初任給の金額は・・・今も大事に守られております。!?

なので海外からは日本は、「安くてよい商品を作れる人材がいます」状態になっているのですけど、日本だけに住んでいると、自分の立ち位置が世界からはわからないものですね。

(オイラもですけど)

「井の中の蛙大海を知らず」


という言葉がありますが、

「見識が狭く自分の範囲内でしか物事を考えられない」

というときに使われますが、世界と比べなければ幸せであるとも読めますね。


でも世の中は”標準”にしたい人ばかりですので、最近は”値上がり”、”単価上昇”に拍車がかかっています。30年間対策されていなかったから、世界から大きく離されていった感じですね。


すべての人間において、時間は平等に与えられています。


自分がどのようにその時間を使うかですね。 

雪の中の測量

寒い日が続きますね。雪が降って積雪のある朝です。


image


先週もこのように積雪があったのですけど、「南に行くと積雪は無いだろう!」と思い込んで現場にいったのですが・・・・新設道路にも積雪があり、近くのホームセンターに行って竹ぼうきを買ってきて履きながら路面をスキャニングしていました。


image  


雪がちらつく中で。(苦笑)


image


この現場は舗装の出来形管理では従来のTSを用いた出来形管理で、幅や舗装厚を管理しているのですけど、表層の出来形は「性能規定」によるものでか、5年間の「道路舗装の長期保証」への対応という事で、地上型レーザースキャナーの依頼が来ました。

舗装屋さんは厳しい保証があるんだなと感心して聞きました。


今日も同じ現場に行くのですけど・・・雪があるそうで、少し遅めに行くことにしました。(笑)

月別記事
皆さんのコメント
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
QRコード
QRコード
もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
  • ライブドアブログ