もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

勝手な投稿

自粛延長に自分たちは何ができる?

5月の最終日ですが、明日からは晴れて移動ができるようになるかと期待していましたが、コロナの収束が悪いので、6月20日まで延長されてしまいました。

ある学校は5月末で緊急事態宣言が解除されるかと予想して、体育祭の開催を計画されていたようなのですが、さてどうなるのか。恒例の 「撮影のお仕事」が来ていたのですが、なくなると残念ですね。(思い切ってシャッターを切っているとストレスが飛びます:笑)


こんな時なのですが、東日本・西日本災害等と同じく、緊急事態なんですよね。病気にかかった人だけではなく、仕事ができない人もいると思うと日本全体が危機になっているのですよね。

そこで今の自分たちに何ができるのかを今一度考えてみると、

「コロナを蔓延させずに経済を落ち込まさないことをする」


東日本災害の時に、こんな話を聞きました。

「東日本ではお金がたくさんいるから、西日本で経済を落とさないように自分にできる仕事をする」


いろんな考え方があるかもしれませんが、国も”自粛”と言っていますが、国の血液ともいうお金が回らなかったら終わりですからね。


昨年初の緊急事態でもまず国がしたことは、個人ごとにお金を配った。つまり、消費の拡大が欲しかったのですが、配られたお金は大部分が貯蓄など回ったとか。


なので今自分たちにできることは・・・まずは「贅沢と思うものでも買う」かな。(笑) 

事務所整理

いろいろと機材が増えましてこの週末は事務所の整理をやっていましたが・・・・終わらん。


会社を作って今の仕事を始めて17年が来ますが、その際に何度も部屋の模様替えなどでいらないものを抹消したつもりでしたが、まだまだ古いものが残っているものですね。

不詳にも今年の正月に過去の仕事のデーター15年分が消えてしまい、データ復旧するもまともなことにならずに、

「この際、未来だけを見ろ!!」

と、あきらめて・・・シクシクと悔やんでいたお正月でした。(泣)


でも、過去のデータを見ることはまず無いのですけども、物を捨てれない性格でしてね。


今回は自作の本棚にぎっしりと書類を詰め込まれていたキングファイルを開帳。

”建設CALSや電子納品マニュアル。そして過去の公共工事の契約書コピー”など。

昔は書類を見て覚えたり調べていたものでしたが、近年はタブレットなどで書類を見ることが当たり前になってきましたからね。

『自炊スキャナー』が流行ったりもしていたように、まだまだ紙媒体からデジタル化が進んだところで仕事を始めていますものでしてね。


建設資材のカタログなども。今ではネットでいくらでも引っ張ってこれるので、紙で残しておく必要はないのですよね。


image


でもまだ捨てれない物が5cmキングファイル20冊分は残っていますね。

時たま過去を見て、捨てるのも新鮮かつ時代を流れを見ることも必要ですね。


で、古いものといえばこんなものを思い出して引っ張り出してみました。


image


昔の車のプラモデルですね。 ネットで調べてみると・・・2万円弱していました。(笑)

この手の昔のスポーツ車が今頃値段が跳ね上がっていますね。AE86(レビン・トレノ)は、200〜万円ぐらいになっていますね。


何が価値が出てくるかわからない時代ですけど、断捨離 は、定期的にしないとゴミ屋敷になっていますのでね。(笑)

整理

 気候も穏やかになってきたようで、家の車のタイヤはすべて夏用タイヤに交換しました。昨年は4月になって広島県内でも20〜30cm雪が降ったことがありましたが、それまで待つのは嫌なので早く春支度をしました。

次年度の工事の話も聞きだして、次なる新しい仕事の準備も少しずつ準備をしている状態です。「次の仕事・・・?」と思われるかもしれませんが、今やっていることのレベルアップですかね。今までの工事をやる過程でもっと効率化ができるのでは思って準備をしています。
準備といえば3月の頭に事務所の整備をしましたが、測量機材を置くところも整備しました。
測量機の三脚を置くところ。
image
「なんでこんなにもあるんだい!!」 と、突っ込みが入りそうですが、いろいろと機材をそろえているとこの辺りも増えていくんですよね。
これまでは横にして一か所に重ねていたのですが、必要な三脚を取り出すときに、上にある三脚をいったん移動させなくてはいけなかったんですよね。
これなら必要な三脚をすぐに持ち出しができるようになりました。
image
ホームセンターでナイロン被覆してあるフックがありましたのでこれに引っ掛けるようにしました。
これだけですけど、すっきりと。そして三脚が ”のれん” の役目で、後ろに棚を持っきてみました。(笑)
でも整理の仕方にセンスがないので・・・事務所などは高級感は無いです。(泣)

ふりかけ

 我が家で予定している行事は雨が降ったらできない事。でもことごとくその日だけ雨がふってもう2回も延期しています。今週も予定をしているのですが・・・天候が今週も不安定で怖いです。

 先延ばしにさせていただいていた何個かの業務を先週末に終わらすことができて、久々にほっとした週末でした。


 はなしは変わり余談なのですが、昨日お店に買い物に行くとなぜかオイラの人間名が書かれた商品がおいてあり買ってしまいました。(笑)


image


 昔からこの商品が有名な広島の会社ですが、HPに面白いことをやっていましたのでご紹介を。


image image


三島食品株式会社の中に自分の名前をこのパッケージにできるサイトがありました。

スマートフォン専用らしいのですが、アプリもインストールせずにできます。


image  image

※上記写真をクリックするとHPに行けます。

で、できたのがこちら


image  image


写真にデータとして保存できます。


でも問題は・・・3文字以下のお名前に限ります。1文字でも作れますけど。(笑)

お遊びでした。

換気扇取り付け

今朝は腕が痛い・・・・。 けがをしたわけではない。実は・・・・筋肉痛。


そんな激しい運動をしたわけではないのですが、週末はこんなことをしていました。



知り合いの大工に、「うちの事務所に換気扇をつけてよ」とお願いしていたのですが・・・、「自分でやってください。ドリルをお持ちしました」とドリルの歯が先週やってきました。


image

(ドリル本体は、オイラの測量ピンを打ち込むやつ)


直径120mmで、お高いコア抜きドリルの歯です。


早速これに合う換気扇を購入。 取り付けるのはこの壁。


image image


車の塗装用養生用ビニールを取り付けゴミの飛散防止を行い、作業開始。


image  image


内側は土壁なので簡単に開きました。


image


今度は外からモルタル吹付外壁を。この辺りから脚立に上がって不安定な態勢で ”腕力” 任せの作業になります。

image  image


モルタル+板+鉄板   鉄板!!


ここから腕力MAXになり・・・・それが数分続いて汗だくのヘロヘロになったところで貫通しました。


image  image


で、やっとこさ取り付けが完了しました。

(この時点では筋肉痛になるなんて思いもしてませんでした)


なんで換気扇?と思われるかもしれませんが、夏の室内の温度を下げるためですね。夜にしっかりと室温を下げておきたいので。(田舎ですので夜はそこそこ涼しいので)


これだけで終わらず、この週末は事務所の模様替え(ドローンの収納場所を確保)や、測量機材の収納場所を作っていました。

これは後日書きます。

コロナのお盆休みは

”お盆休み”というものが昨日で終わりましたが、今年は何とも体が軽い。(やせたわけではない) というのは、お盆は毎年地域の祭りが2つあり3日は炎天下の中で準備・片付けをしているので、17日はヘロヘロになっているのが普通なんですよね。なので今年は親せきの墓参りなど普通はできないことができましたね。


でも”お盆ってあったの?”という疲労感が無いのもちょっと寂しいかもしれませんが、一つの記念年と思って、来年再開されること・通常生活に戻ることを祈っておきましょう。


でも今回も長期休みの恒例の”盆明けまでに・・・”業務が来ましたね。

13日に図面データが70枚ぐらい来まして

「盆明けまでに完成図にして以前渡した打合せ簿・写真とで電子納品を作ってください」

というミッションがありましたので、ゆっくりというものでもありませんでしたけど。(苦笑)


お盆を過ぎたせいか、朝晩の暑さが少し落ち着いた感じがします。

さて明日から講習会などで出かけたりしますが、今度は年末に向けて走り出す感じで頑張りましょう。

天変地異の中で

この週末にはオイラが住んでる市内で、コロナウィルスの集団感染が見つかり、人口の割には多くの人が感染してしまいました。


「おとなしく自宅に居ましょう」


というのが、今の掛け声であるのでしょうが、関東や西日本豪雨でまだまだ復旧が終わっていない地域があり、建設業は


「仕事を止めたいけど梅雨の前には復旧工事を前に進めたい!」


といジレンマを持ちながら多くの土木技術者は仕事をしていることでしょう。


もちろん公共インフラ(鉄道・バスなど)は止めれないし、日々のメンテナンスをする建設業の人も仕事を止めることができないでしょう。

オイラも今朝インフラ整備の夜勤明けでブログを書いていますが、マスク、消毒等を行いながら元請けさんに付いていかないといけないのも確かです。


各仕事・生活でいろいろと悩みがあると思いますが、今の日本の情勢において

「これが正解!」

という本当の答えは見えていないと思いますし、強制的ではない規制が出ていますが、”各自の判断で”と、各自の行動はゆだねられていますからね。


ということで、オイラは自分の立ち位置をその時その時に判断して、周辺環境と家族、そして仕事を守る行動になっています。つまり優柔不断の生活が続いています:(苦笑)

何でも屋さん

あれよあれよといっている間に週末が来ちゃいました。


今週は緊急の夜勤測量が2日も入って、「あれ、今日は何曜日?」というように夜昼仕事をしているとわからなくなってしまうものですね。でも夜勤明けにあまり寝ずに仕事をしていると・・・「仕事時間が増えて、溜まっていた書類が出来た〜」という喜びもあるのですよね。

と、これを書いているのも夜勤が終わり、2時間かけて帰宅した状態です。


昔は子供やかみさんにオイラがやっている仕事を聞いても・・・・

「いろんな事をしているから、さっぱりわかりませ〜ん」

と言われていましたが、最近は測量業務が多くなり、

「おとうさんの仕事は何をしてるかようやくわかりだした!」

と言われる状態です。

でも今週は、オリジナル工事看板の作成も緊急で入ってきて、図面と航空写真などを融合して看板を作っていました。またパソコンの作成や購入相談も数件。(こちらは趣味ですけど)

それと3Dプリンターで、レーシング車の部品つくりの依頼も。


けれど ”何でも屋” って飽きないから楽しく仕事をしているのですからいんですけどもね。(笑)


来週から2件、形の決まっていないお仕事が入ってきましたので、どうやってやるか試行錯誤となることでしょう。

いろいろと相談をしてもらえるうちが花ですかな。(笑)

サンタクロース

クリスマスも過ぎ、あとは年の瀬を迎える準備に世間は変わる日ですね。スーパーなどでは昨夜は”模様変え”で忙しかったことでしょう。 で、大人ばかりのオイラの家ではお店のお付き合いでケーキを買って22日には食べてしまいましたので、昨日も一昨日も通常の生活になっていました。


先日土木現場の測量立会にうちの機械を持っていき立ち会ったのですが、現場の人もお役所さんもみんな若くて子育て時期。

「うちの子はまだサンタさんを待っているんですよ〜」 

とそんな話で盛り上がられていました。(いいですねこんな話ができるのも)


我が家にサンタクロースが来なくなって6,7年が過ぎました。その頃はどうやってサンタさんにプレゼントを頼ませるか。どこからサンタさんが来るのか。 ある意味大変な時期だったんですよね。


我が家のサンタクロースさんが一番近代的になったのは、宅急便でプレゼントを持ってくるという設定。宅急便の伝票にローマ字で書いて玄関口においておくことでしたかね。


「おお、今年のサンタさんは国際宅急便で送って来たか〜」


なんてことで、サンタさんを疑っている子供に信用させ、存在を延命させたこともありました。


そんなオイラにも

「これ紅白歌合戦をみながらこの図面をやっておいてくださいね」

とサンタさんがお仕事をくれました。

毎年この手のお仕事が何個かやってくるのですよね。(苦笑)

陶器

どうでもよい話なのですが、オイラがうれしいものを購入したので記事に。


先週出先の道の駅で、個人の陶器市をされていたところで見つけ、購入したマグカップ。


image


備前焼ですが、形といい色もいいですね〜。(鑑定団の中島誠之助風)

窯に入れて焼いているときに変形して商品にならなかったものらしいけど、このバラバラなのが気に入りました。


image


でも、どう見ても作るのがへたくそなだけですね。窯で変形したとは思えないです。(笑)

ま、底に穴は開いていないので使えるでしょう。


5個買って1個おまけ。


いかん、陶器も始めたくなってしまいました。(笑)

日曜土木

めっきり秋になって過ごしやすく、山間部に行くと「そろそろ紅葉が見れるな〜」というときになってきました。でも山間部はちょっとしても雨雲が被る季節ともなりますので、青空が見えるときはとてもうれしい気分となりますね。


さてこの週末は、最近急に体を悪くして子供さんたちは遠方にいて一人生活をしているおばあさんの家のメンテナンスをやっていました。


というのは、足が悪くなり、古い家なので家の中でも段差が多くあり、歩くのが大変になっておられたのです。

そこで金曜日の晩にそのことを知り、

「手すりを付けに行きますよ」

ということで、土曜日はホームセンターで資材を購入して数か所に取付を行っていました。


よく「介護の申請をすれば補助筋が出るのですよ」と言われますが、以前かみさんの親の時に申請をしましたが・・・何日も打合せや段取にかかるので、オイラが行うことにしました。

という前に、業者に頼むとそれなりに補助金が出てもそれ以上に本人の持ち出しは多かったですね。

(全部で7か所に設置したのですが写真を撮り忘れていました)(ブロガー失格・・・)


で追加の手すりも言われたので日曜日も取付に行ったのですが、今後シルバーカーを使うには玄関の段差が問題となるので、ご近所のおじさんと”日曜土木”をやってきました。


資材はセメントはホームセンター、砂・砂利は・・・近くの川で。自宅の道具を持って作業開始。


まずは床堀。棒切れで地面にケガキ床堀り開始。 図面は頭の中に。


image


コンクリートを練りまずは入り口にスロープを。


image  image


次に土間に型わくを設置。

image


あ、手抜き工事がばれてしまいました。


川砂が思ったほど無くて、急遽石でかさ増ししました。^^;)


image


ほうき目で仕上げで完了。


コンクリート仕事ですが、資材費はセメント1袋の380円。


こんなことを地域でやってあげると喜ばれると思うんだけどもな〜。

暑さがもどって

9月になりましたが、まだ1回も記事を書いておりませんでした。というのも先週末からメインパソコンをフォーマットしてソフトなどを再セットアップしておりまして、ブログを書くソフトがまだ入っていないので、「ちょっと書こうか・・・」ということにならない状態となっています。

Windowsのどんどん変わっていくにあたり、ブログを書くソフトが使えなくなっているのが現状です。今朝も以前まで使っていたソフトが現在のWindows10にはインストールできなくなっているのがわかりました。
ちょっと時間を作って簡単かつ早くブログ執筆できるソフトを探してみようと思っています。
今日はブログのHPより直接打ち込んでいますが、写真などを張り付けるのに手間がかかるので嫌なんですよね。

今週からちょっと暑さが戻ってきて、ちょっと炎天下で仕事を夜エアコンをつけずに寝ていたら・・・熱中症みたいになったようで、めまいと筋肉痛・吐き気が続いています。
みなさんも注意してくださいね。

夏だなー

夏真っ盛りの天気で、「クーラーの効いた部屋に閉じこもっていたい」気分の日々です。

そんなことばかりじゃ、仕事にはならないものでして、先週も現場に出ては汗びっしょりになって仕事はしています。


では先週の出来事の写真を少々アップしてみます。


≪某日≫

標高800m近い現場に行きますと、やはりちょっとは涼しいのですが・・・太陽に近い感じがしてじりじり焼かれている感は有りますね。(笑)


image


避暑地でハイキングやジョギングをしている人を良く見かけました。


≪某日≫

今月も2つの会社さんが、「3次元測量の勉強」ということで、わが社に訪れてきました。ドローンやデータ処理方法を同業者さんに教えるのですが、途中で???になって、頭の中が飽和状態で帰られました。そんな途中に消防団の出動が来て、野焼きの消火活動に出かけました。

image


この写真は線路付近の火事。このほかにも水タンクを背負って山に登っていました。もちろん汗だくです。


≪某日≫

バックホウのマシーンコントロール3次元データを使い始めている現場に様子を見に行ってきました。

image


土木の完成形の3次元データをバックホウに入れて人工衛星の位置を確かめて丁張が無でも山切・盛土ができる技術です。ここのデータはオイラが作っているのですが、1,2cmの精度で動いているので安心しました。

ちなみに現在オイラが作っている3次元データで、6現場でバックホウが稼働しています。


≪某日≫

”暑さでかなわない〜” と、声が聞こえたのでしょうか。北海道からアイスクリームが届きました。

image  image  


お礼の連絡前に、味見を少々。

感想:とんでもなくおいしい。ここまで濃厚なアイスクリームは初めてす。


そんなこんなで、8月が始まりましたが、今週も期日に追われた測量やCAD講習会(講師で)もあるので全力疾走となりそうです。

暑い夏が到来

暑い夏が本格的になってしまいました。先週末はボランティアの草刈りがあちこちで有り、オイラの体は一つなので、1っカ所に絞らせてもらいました。


「田舎は自然がたくさんでいいですね〜」


というのは、町に住んでいる人の言葉。夏は野菜が育つのと同時に、草もグングン伸びてくるのですよね。


稲もこのように穂が出始めました。


image


稲の花も咲いてきました。


image


稲にはこの暑さが大切なのですが、人間にはあまりうれしくないです。



この暑さの中測量に出かけていたのですが、帰ってみるとこんなお土産が届いていました。


image

なんと、広島から三重県鈴鹿市に行かれて「8時間耐久ロードレース」に見に行かれたいた このお方たち からです。
レースを見るのも暑かったでしょうね。
車のレースはちょっとやっていたのですが、自分で「バイクに乗ると死ぬ」と思って、あえて大型バイクの免許は取りませんでしたので、バイクのレースを見に行くことはなかったです。


今度ありがたく着させていただきます。

スポーツ活動

”旅” が終わり現実の週間となりましたが。週開けから全開ではあります。

もちろん仕事はやっていますが、ニュースなどにも耳を傾けながらやっていますが、ちょっと気になったことがありますので、夜投稿を。

(夜投稿は一杯やっていますのでヤバイ言語がありましたら失礼します。)


image


某国が優勝トロフィーに足を置いてポーズをとったということ。


某国ではスポーツができる人は通常の学校生活ではなく、できる人はスポーツ中心の学校生活となり、友達との交流や二の次になり、日常の常識が習得できないということが報道でありました。


「日本じゃー考えられないよー」と思うかもしれませんが今の日本の教育というかクラブ活動も同じことが起こっていると思います。

塾・クラブで友達との会話も決まったことになったり、休日の遊びも試合やテストなどになり、今の子供は大人以上にスケジュールに追われているのではと思います。


そこで子供たちが得ることは・・・「ある環境での偏った日常常識」。


昔のことを言えばきりがないのですが、今の子供たちの環境において

「なにをやっても良い自由時間を続ける生活」

が不足していることだと思います。


今日もある職人との会話で・・・

 「今の若い子は事がわからなくても行動にうつし失敗をする」

 中身はスポーツをしている人など指導者が厳しくしていると、言われればすぐに行動しなければならないことが身に付き、常識不足でも何か行動して失敗する。


でも”自由時間”を多く持った人は、一度立ち止まって行動を考えるようになっていることが多いかと。でも企業とするとこんな人は受け入れがたいことにもなります。


これは大人でも同じことが言えますが、会社の仕事だけをしていて、定年になって自宅にいてもなにもできない。もちろん会社はこんな人を求めていますが、その人の人生は成功したかどうかは、老後の生活で結論が出るでしょう。


話は初めに戻りますが、偏ったスポーツ活動にさせないことが学校でのクラブ活動ではないかと思った夜でございます。

月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
QRコード
QRコード
もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
  • ライブドアブログ