もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

きれいに

夜間撮影

 暖かくなりましたね〜。現場を歩いていると夏服がいるようになりました。

なので桜も例年より早いのかもしれませんね。昨日も南側の現場に行きましたが、3分咲きかなと思いました。

 暖かくなって先週の夜勤も少し薄着でよくなって動きやすかったです。

趣味の写真ですが、今月も2箇所の現場から撮影の依頼があり、機材をかき集めて出かけました。

 どちらも夜勤なのですが、一応大きなセンサーサイズが大きいカメラを持っていますので、バルーン照明程度の明るさでフラッシュを使わなくても撮影できます。フラッシュを使うと反射チョッキなどに明るさが調整されて “写真が暗くなってしまう” こともあります。


image

(工事現場には看板など反射物が多いので)


今回は「120tクレーンで30tの機械を吊る状況写真」を撮る依頼。手持ちカメラと定点カメラでタイムラプスを作ることにしました。ちなみに今回の記事の写真は色・明るさ調整は全くしておりません。


image


120tクレーンは、現地には腰下とブームはバラバラでやってきて、現場で組み立てられます。


image


今回吊られるものは、『推進機』 下水などの地下トンネルを作る機材なのですが、ここのは直径3mもあり巨大なものでした。


image



image    image


工事現場で使用しているCALS対応デジカメのセンサーサイズは通常 1/2.3型(6.2×4.6mm)。今回使用しているセンサーサイズはフルサイズ(36×24mm)というもの。センサー面積の差が約30倍あります。


image


なので、暗闇の時はより多くの光を取り込めるのです。

でも最近のスマートフォンなどでは暗いところでも比較的明るく撮ることができますよね。

工事用コンパクトデジカメは、暗いところではシャッタースピードが長くなり、”手振れ”で写真がきれいに撮れないのですが、スマートフォンはシャッタースピードがそこそこのスピードで撮影し、数枚の写真を重ねるて1枚の写真にするHDR機能が普通に使っているのです。

これはiphone12で撮影した写真。 これでも工事写真はOKなのですが、ちょっと色が抜けきっていない感じです。

image


 近年工事写真は「電子小黒板」というアプリをスマートフォンで使い、工事写真撮る現場が多くなりましたが、夜間工事こそスマートフォン・タブレットをつかったほうが、きれいな写真が撮れます。


ちなみに最近の工事用カメラでもHDR機能はついていますので、少し練習をして使うのも手です。


image

本当はこのぐらいのカメラで工事写真を撮ればいつもきれいな写真が撮れるのですが・・・デカすぎて本来の現場監督の仕事ができなくなりますね。(笑)

工事写真

最近ちょっと変わったお仕事を開始しました。
「現場の記録を!」と題して、工事現場の写真を撮りに行っています。

「工事現場の写真なんていつも撮っているし自分でも撮れるじゃん!」

と、思われるでしょうが、撮りたくても撮れない・・・ということもあります。


それは夜間工事など、光が足らなくてフラッシュを使うような写真ですね。

-20140407_832

たとえばこのような現場全体を夜間工事で撮影したいとき。現場で使っているコンパクトカメラではちときびいしいですね。ちなみにこれはフラッシュは全く使わずに撮影していました。

それと工事用の照明。これが一番難しい撮影となります。カメラって明るい方向に向けて撮影すると、人物などは真っ暗となってしまいます。

-20140407_1018 -20140407_986
じゃ、写真屋さんにお願いすれば・・・・となるわけなのですが、おそらく工事現場を知らない人を立ち入らせると・・・とても危険ですね。(危険は誰にでもあるのですが、ところかまわず撮影していたら素人の撮鉄さんになってしまいますね:笑)

-20140202_0421

この現場はJR関係ですが、例の少ない工事方法をされていまして、初回はオイラが提案させていただいて、撮影に行きました。それを施主さんや会社へ見せたところ好評だったということで、先日は第2回目の撮影に行ってきました。


最近のデジタル一眼レフは高感度にも耐えれるようになりだしましたので、こんな写真も撮れるようになりました。ちなみにこの上の写真はコンパクトカメラでは設定できない方法で撮っています。

昔から写真が趣味でしたけど、以前の会社で工事表彰する提出する写真は、自分のカメラを持って行って撮影していましたが、割と入賞していましたね。

まとめますと今日の話は「適正な機材を使いましょう」です。決してオイラの腕という話ではありません。(笑)

でもお仕事のお申し込みはブログHPの右側メールより承ります。(爆)

月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
QRコード
QRコード
もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
  • ライブドアブログ