もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

もぐらくん

現場の力

2年ぶりに地域の行事が今週末にあるという事で、仕事をしつつ準備をしています。これまでは地域の行事がたくさんあったのですが、昨年から一気に無くなって・・・・実は気楽?になってはいたのですが、寂しかったというところもありましたね。週末は選挙と同時開催で”秋の集い”(文化祭)を行います。


仕事も踏ん張ってはいるのですが、月曜日に投稿した”写真測量”の結果を書いておきます。

前回投稿したいた機材で実際の現場に行き撮影したのですが・・・撃沈。何とか撮影はしていましたが、取付金具・カメラ雲台・照明等何もかも強度不足の上、レンズの選択も失敗していて、ボロボロながら撮影していました。


image


そこで2回目の撮影は改良モデルで行ってきました。


image  image


image  image

結局今回も調整不足な個所があり、現場の方の協力があってやっとこ撮影することが出来ました。

片側1車線は一般車が通行していますので、ライトには段ボールでフードを作成してつけています。


どのぐらいで精度で撮影できたかをお見せしますと・・・

image


写真でクラックが見えるぐらいになります。


image


image


しかし、中央から端っこまで、この”ガチピン”(ピントがしっかりあっている)で、1000枚超えを1枚も失敗せずに撮影するには特定の機材の準備とカメラ設定と撮影方法が必要であることは一応書いておきます。


この写真をどのような成果になるかは、企業秘密という事にしておきましょう。(笑)

現場の人が「もっと楽に仕事が出来ないか?」という気持ちが出て、「このようにできたら良いのに」という発想があって出来た仕事だと思います。そのお手伝いをオイラがしたという事になります。

これも数年前ではできなかった仕事・技術ですので、昔はコツコツしかできなかった仕事でも


”今ならこんな風にできないか?”


と思い立ち、技術の相談をするのが現場の力ですね。

出かけます

9月は早く通りすぎた感じがします。9月ってオイラ仕事したっけ?と思うぐらい。(苦笑)

でも現場の仕事はやりやすい季節になり、訪問する工事現場は最盛期の感じがします。


仕事車の改良はほぼ終わりしっかりと荷物を積み込んで仕事現場に出かけるようにするのですが、本日より700km走って遠方へ出かけることにします。


という事で本日はこのぐらいですみません。

測量機の収納

彼岸が過ぎて秋という気候になって朝晩は寝やすくなりました。でも昼間の現場は”ジリジリ”感のある日差しになって、「まだ夏じゃん!」と勝手に怒ってしまいます。

まだ昼間は暑いのですが、汗だくになって、仕事車の荷台を作成しました。


頭の中にある理想を一気に形にしてみました。 設計図なしですけど。(笑)


image image


前回ゴムマットを完成させて、市販の『ベットキッド』のパイプだけを購入して、コンパネに布を張って小段を作成。

image image

両面テープと100円ショップのタッカーを使って布を取り付けました。


で、次は大工もどきになって測量機を入れるところを作成。


image image  

棚の下に引き出し式収納箱を作成。 ネットで1mの引き出しスライドレールを9000円で購入。


ハイエースの荷台は奥行きは2mぐらいあるので奥の荷物が取りにくいので、棚の上にもスライドレールの荷台を作成。


image image

適当に黒のスプレーで塗って棚を固定。


完成したのがこんな感じになりました。

image


image  image


棚・スライド棚の1mスライドレールは、一応100kg近く耐えれます。この奥行きを生かせれるのが、三脚とプリズムポールが収納できるところですね。


これだけごちゃごちゃした部品で作っていると振動で音がするかと思いきや、今のところ問題はありませんね。

作成総時間は2日程度なのですが、ホームセンターに部材などを買いに行くので、数日に分けて仕事終わりの夕方に作っていましたので、10日はかかっていますね。

とりあえず『初代棚』が完成して荷物が詰めるようになりましたが、使っていきながら少しずつ改良ですね。

仕事車の交換

出張や現場があって記事の投稿が出来ていませんでした。お盆明けも雨が続いていましたが、今週に入って一変。曇りのようで気温が高く蒸し暑い日が続いていまして、空調服を着ていてもあんまり涼しくない感じです。


数年前から2人で仕事をしていますが、UAVや地上型レーザーやトータルステーション。どれも同時に使うことも増えて、車2台で現場に行っていましたが、思い切って大きい車に移行することを決めました。


で、お盆前に納車されたのがこれ。

 トヨタ ハイエース バン 標準ボデー ディーゼル2.8Lターボ 2WD 


image


ハイエースの中では一番小さいやつですね。


中古を探していたのですが、走行距離が20万キロ近い車両でも100万円近くして、高年式になると新車価格とあまり変わらない市場になっていているのと、3年前からは自動ブレーキもついていることで、安全面も考えて新しいのを購入しました。

”体あっての仕事” と、自分が年寄になったのと社員を持つと体のことを考えるようになりました。


お店で試乗した際に、 「足が暴れる」 という事がわかり、納車されるまでにトヨタ店で最低限の整備をしてもらうことにしていました。


そこでショックアブソーバーを自分で選んで、購入してお店でつけてもらうようにしました。


いろいろと調べていると、高圧式ショックアブソーバーが多いのですが、ちょっとガタガタするかもしれませんが、乗用車感覚で”低圧ガス式”を選んでみました。

元々貨物車なので、バネは固いのでアブソーバーだけで調整ができないかと。なので8段回で硬さを調整できるものにしてみました。ジムカーナやサーキットに行っていた時の感覚ですかな。(笑)


image


低圧ガス式は、縮むのは早く、伸びるのが遅い特性があり、段差の吸収は良いが大きな段差で縮まった足が伸びないので車がボディーが上下する感じになります。

で、もう一つ。低圧式はカーブなどで初期ロールを抑えるには有効的な部品です。

(マニアックすぎますかな)

これをトヨタさんで交換してもらうのですが、目立つのはイヤなので、マスキングをして、黒に塗ってしまいました。(笑)


image  image


これから少しづつ手を加えていかないとまともに使えない車ですので、しばらく車の話が多くなるかもしれませんがよろしくお願いします。

携帯電話ケースの事情

歳をとると日にちの経つのが早いと思っていましたが、今年の1月は長かったですね〜。

毎年ある1月の行事が全くなかったということも影響しているのですかね。


中止になったのが

・初日を迎える集い

・消防団出初式

・とんど

・新春剣道大会


などで、1月やったこととして思いつくのは仕事のことばかりで、とうとう2月になってしまいました。

じゃ、仕事ははかどったことでしょう!  と思われますが、年末からの宿題や新しいことをいろいろとやっておりまして、時間ばかり経って結果がついてこない月でしたね。


と、1月を振り返りましたが、今日はどうでもよいお話。

昨年秋に買ったスマホですが、発売されたばかりで気に入ったスマホケースがなかったのですが、前回iphoneXRの時に使っていたメーカーを検索していましたら、新しいのが出ておりまして買ってしまいました。


パソコンの周辺機器の会社、ELECOM の製品ですが、以前も個々の製品を使っていました。


image


右側のがIphone XR の時のケースですが、現場で使っていても頑丈でしたね。一番良かったのが、夏場胸ポケットにスマホを入れていると、汗で蓋が濡れて画面に当たり、知らないうちにあちこちに電話をかけてしまうのですよね。


image


それがこのケースは蓋の部分がプラスチックで微妙に画面に接触しないようになっていまして、誤操作が非常に減りました。


image


そこで個々のメーカーから発売する iphone 12 用の製品が出るのを待っておりました。


ケース裏には何やら布が付いておりまして、せっかくですので100円ショップのストラップをつけてみました。


image


スーツ姿にこの携帯電話は無いでしょう。(苦笑) なので、以前使っていたおとなしいケースは取っておくことにしましょう。

どうでもよい話で失礼いたしました。

ドコモ 高精度GNSS サービス

今日はちょっと専門的でマニアックな記事になりますが、ま、オイラも一応測量技術者として、ちょっと気になったことの実験をしてみました。


昨年夏より導入したGNSS測量器ですが、ネットワークRTKという使い方で使用しています。

全国に約1300か所に設置されている”電子基準点”(下記の写真)を使用して、観測してから数秒後には「数センチ(2cm程度)」の位置情報・高さ情報を提供してくれます。


image    image


この数センチの補正をしてもらうには、「高精度GNSS補正情報配信サービス会社」と契約して補正情報を受け取る必要があります。 これまではオイラが知っているところで3社しかありません。 そして契約金額は・・・使い放題で20,000〜25,000円/月 と、少々というよりだいぶんお高いです。 しかしオイラもこの1年使ってきましたが、UAVと基準点測量を行う際には大変お世話になり、今更手放すことができないぐらいに使用しています。


で、本日の本題は、この「高精度GNSS補正情報配信サービス」を携帯電話会社の”ドコモとソフトバンク”が始められるということで、ドコモは10月末ごろから始まりました。

まずはドコモへ相談ということなのですが、直接電話をしてみて内容を聞いてみました。


1、申し込みでIDとパスワードをもらう

2、お試し期間で自分の機器で試す

3、良ければ本契約

4、値段 3,000円/月

5、国土交通省の電子基準点1300か所+ドコモの通信アンテナで補正

6、ドコモの通信アンテナは国土交通省の電子基準点より少ない


と、今のところこのような情報です。

そこで自分が問い合わせをしたのですが、知り合いの方が先にお試しでIDとパスワードをもらわれていましたので、昨日実験をしてみました。


image   image


今回は測量機メーカー(PENTAX)のGNSS機と知り合いが数万円で作ったGNSS機2台を使用してみました。使い勝手が良いので操作機器は福井コンピューターのトレンドフィールドを使用。今年の夏から標高計算をしてくれるようになりましたので、便利となりました。


実験内容

 A機:PENTAX GNSS   B機:格安 GNSS

 高精度GNSS補正情報配信サービス会社

  A社:ジェノバ B社:NTTドコモ

  

1)A機をA社で3点観測。そしてA機をB社で3点観測

 

   結果

  image

   

   X,Y座標はGNSS誤差程度ですが、高さが最大で10cm程度誤差が出ている


2)A機とB機をそれぞれB社で2点を観測


  結果

  image


  X,Y座標はGNSS誤差程度。高さはフリーソフトアプリなので、未計測とします。


考察

 1)まだこの地域だけなので、精度を判断するには数字が少ない

 2)NTTドコモの補正サービスは、高さの誤差が大きい

 3)NTTドコモの補正サービスは X,Y はOK

 4)数万円のGNSS機でも X,Y座標はOK


と、第1回目のテスト結果を記載しておきます。


こんなことするぐらいなら、仕事をしろ! とお客さんに怒られそう・・

三江線 ラストラン

昨日はよく雨が降りましたね〜。関東地方では大荒れだったようなのですが、時たま梅の花が咲いた後でも雪が降ったりもしますので、”異常”ではなさそうなのですが、やはり春を感じているときに寒くなると”異常”と感じますね。


年度末もあと10日を切りましたが、3月で区切ることも多くあるでしょう。

その一つにこの地域を走る 「三江線」 が終わりになりますね。全線開通から43年での幕引き。割と新しい路線でしたが、道路の整備や沿線の人口減少など利用者数が減っていました。


先日、広島県安芸高田市がこんなイベントを開催することが発表されましたね。


image


先日までこの沿線の工事に携わっていましたので、列車を見ていましたが、”最後の乗車”で、通常は1両で走っていましたが、最近は3両編成走っていますね。


image


この撮影した時の列車は2両でしたが、神楽をモチーフとしたカラーリングが面白いですね。


image


真ん中にうちの測量器が座っていますが、こんな列車と近いところで仕事をしているので手を振らないわけにはいかないでしょう。(笑)


image


3月、4月は終わるものがあれば始まるものもあり。三江線沿いの道路では急ピッチで工事やバス停が作られています。


この地では保育所の統廃合があり、さみしい年度末になりました。でもどこの地域でも人口減少の波は来ていますので、もっと知恵を絞って生活地域を作らないといけないと感じる年度末になりそうです。

過去の現場

先週あるお客である会社の方からの情報で

もぐらさんの施工したあたりの山が崩壊していましたよ!

と、未確認情報が流れてきました。

 

この工事は9年前に行った防災工事ですが、工事の2年前に北海道の

豊浜トンネルでの岩盤崩落事故のあとで、国道9号道路上に

オーバーハング状態の岩盤を取り除く工事でした。

(豊浜トンネル事故のときにオイラはトンネル工事をしており

 岩盤撤去の発破を下請けさんとテレビで見ていました)

 

難関工事でしたが岩盤を取り除いたものの、土質が非常に悪く

崩壊のおそれがあるため、法面の安定計算を現場で行っていましたが

予算の関係で仮設の法面保護で工事を完了しました。

(2ヶ月かかって作った協議書なのにあっけなく終わってしまった)

 

完了2年後にいったときもまだ仮設のままで本工事が施工してなく

“もしやそのために大崩落が起こったのでは”

と心配になり、3時間掛けて現場に行ってみました。

 

現地に行くと話しとは違い、災害が起こった形跡はありませんでした。

(聞いた話とはぜんぜん違うぞ!)

 

防災工事

 

赤まるの一番上に幅15m高さ15mの

巨石が飛び出していました。

 

 

下は国道9号線 島根県津和野付近です

 

しかしホッとしたのが一番。

やっぱり自分が施工したところが崩れている姿など

見たいわけがありません。

 

しかしまだ仮設法面のままでした。

おそらく国交省としても担当者が変わり,仮設であることが

伝わってないのかも知れません。

 

この現場での裏話

 

この巨石撤去にはいろんな方の意見を聞き工法を考えて行いました。

ひとつまちがえると巨石は転がって国道9号に落ちてしまうものでした。

 

このときの国交省の副所長は

国道9号を通行止めにして、巨石を発破で落とし、国道の上で小割発破を

しろ。今の土木はビルも破壊できるぐらいの技術力はあるはずだ!

○○組はそんな技術もないのか!!

と、怒鳴りつけられました。

(とんでもない話でした)

 

オイラはその瞬間、新聞一面を飾り、その脇に四角い枠の中にオイラが

写っている光景が脳裏に浮かんできました。

 

副所長とは決裂して自社の工法で少しずつ小割して工事が完了しました。

 

しかし3時間も掛けて行ったのにこれだけで帰るのはもったいない。

おまけの話がありますので後日書きます。

我慢の活用形

建設業界の話で最近盛り上がっていますが

ちょっと違う視点で考えたことを書きます。

 

我が家では昔から

“我慢の出来る子に育てよう!”

といわれていました。オイラも同じく小さいころから

「我慢が出来なければ大人になってから苦労するぞ!」

と耳にタコに出来るくらい言われていました。

 

ほしいものはすぐに手に入れてしまう。

本当に今のご時勢ではないかと思います。

 

さて“我慢“とはどんなときに役立つのか考えて見ましょう。

自分が偉いと思うこと。威張ること。これも我慢のひとつですが今日は

別の我慢です。

 

自分の欲することに対して我慢をする。

つまりしんぼう強いことです。

 

我慢をして欲しいものを買わない。

我慢をして物事を続ける。

我慢をして嫌いなものを食べる。

 

このしんぼう強さが今の日本人には足らなくなったのではと

オイラは非常に感じています。

なぜ無くなったのか?オイラが感じる原因は

1、コンビニエンスストアーの出現

2、携帯電話の出現

3、インターネットの出現

 

この3つの共通点は “待たなくても欲しいもの(情報)が手に入る“

我慢(しんぼう)することはいりませんよね。

 

待つ = 我慢

 

今までは通常の生活にも我慢というものはたくさんありました。

しかし便利になればなるほど人間が堕落していく感じがします。

オイラは2,3番で仕事をしている人間であり、

堕落しつつあります。

 

若い子を育てるにも“待つ”ことが大切と以前書いていましたが、

育てる人間も若い子も“我慢”が出来なくなっています。

 

この“我慢(待つ)“という行為は、自分から意識していれば出来ます。

 

・若い子にこの仕事をすぐやってもらいたいけど2時間は待ってみようか。

     若い子が携帯電話を持っているからすぐに聞きたいけど、仕事中だから

事務所に帰ってきたときに聞こう。

ささいなことですがこの“上司の我慢=若い子の余裕”につながるでしょう。

 

一言で我慢とありますが、教育には大切なのではないでしょうか。

 

夏休み記念(G検

夏休みの最後の日曜日。

といえば、毎年“夏休み記念”が開催されます。

パドックを覗いて見ると、意気のよさそうな3頭が

朝からうろちょろしています。

 

レースを説明すると

 

広島 39日目レース 

 夏休み記念  G検 ヾ 8

1枠 スイープトウショウヘイ(牡 12)追

2枠 ハヤトリック     (牡 8)先

3枠 ユーキトピア     (牡 7)自

 

○トレセン情報

 

 どの馬も課題があり、見た目と口では1枠のスイープトウショウヘイ

やる気を出しています。歳も上で、課題が非常に多いもののやる気が出れば

一気に追い込みが出来る実力をもち、期待の持てる馬です。

 2枠のハヤトリックは地道に課題をクリアしており、先行しているものの

最後のスパート時にへそを曲げることが多分にあり、その日の気分が大きく

左右される馬ですが、先行している部分があるため、気分しだいでは期待の

もてる馬です。

 3枠のユーキトピア。初めて夏休み記念に出場するため、いまいち状況が把握

出来ていません。しかし、独自で機転を利かせれる実力を持ち課題をクリア

させているものの若馬なため詰めが甘く、課題が多く残っていると思われます。

しかしその課題も軽いため、いつもの調子で機転を利かすことが出来れば期待の

もてる馬です。

 

○オッズ

 3連単

  1番人気 2-3-1  予想 父

  2番人気 2-1-3  予想 母

 

夏休み記念実況中継

 

 朝の朝食が済み、いっせいにスタートしたように思われます。

先行している2枠のハヤトリック。気分も優れている様子で難関の

夏休みの工作に取り掛かりました。

1枠のスイープトウショウヘイ精神も集中している様子で、

机に着き数学と社会に取り掛かりました。

ここで調教師が様子を見たのですが、課題が非常に残っていることに気づき

レースから脱落するものと感じられました。

いっせいにスタートしたように見えましたが3枠のユーキトピア。勝手に

ほかの事を始めてしまいました。終わったはずの工作にまたもや手を加えだし、

足ふみ状態になってしまいました。

 

4時間経過

 

順調に走り続けた2枠のハヤトリックは、工作を完了してゴールしました。

 

8時間経過

 

残る2頭であるが、1枠のスイープトウショウヘイはだいぶん追い込みが出来た

様で、難関の読書感想文は明日への持越しが決定した様子です。

 

3枠のユーキトピア朝顔の絵が完了した様子で残るは毎日の足し算カード読み

が明日への持越しが決定したもようです。この馬、機転を利かしやってもいない

日にちに色を塗り始め、審判員から厳重注意される事件がありました。

 

夏休みメインレースは終わりましたが、レースは最終日まで行われそうです。

若手がこの業界に夢がもてない!その2

>若手がこの業界に夢を持てない!

 

理由その2

通勤が遠い又は出張が多い

 

すべての人には当てはまらないかもしれませんが

土木工事とは現地生産の仕事である。

その現地に物(構造物)を作って初めて仕事が終わります。

そのため工場のように一箇所に腰を据えてしまえば

会社がある限り通勤は同じとはいきません。

今頃は監理技術者で登録した場合、途中変更が出来ないため

自宅に近い人と途中交代が出来なくなっています。

まして公募型で名前を出されたに日は、本人を入院させるか

退社させなければ変えられない状態でしょう。

 

ちょっと話が飛びましたが、この現地生産

通常の工場では時間がほぼ決まっており、帰宅時間が決まっています。

土木工事においては、就業時間があってないものと同じく

10時に終わって1時間かけ自宅に帰る。

朝礼があるため朝は630分には自宅を出なければならなく

なる状態が多いのではないかと思います。

特に今頃は訳の分からない書類(電子納品も含めて)があるため

残業が増えているところが多いでしょう。

 

昔は“家庭のことはかみさんに任せていけばいいんだ!”

で済んでいましたが、今は夫婦で家庭を見る良い傾向となっています。

(その割りに離婚が多いのはなぜ?)

そこで単身赴任させられた日には、短くて半年以上家族を置いて

出張となるわけです。

“オレはこんな生活は一生続けられない!”

と考えている若者(オイラも含めて)が増えたのだと思います。

 

このような方でUターン組になり地元で建設会社に入っている

人も多く見かけます。

 

若いときには学校卒業後どうしても大手に入りたいものです。

自分が結婚して子どもがどのように育てられるか、若いときに

考えることは無いと思います。

 

結婚して子どもが出来初めて家庭のありがたみや大切さが

分かるものでしょう。

で、現地生産の建設業がイヤになり、夢がもてない人が出て

いるのではないでしょうか。

 

ここから建設業に夢が持てる方法を考えるのはほぼ無理でしょう。

(建設業から足を洗うように進めてるのか!)

 

いやいやもう少し話させていただき

目先のことがいやで仕事をやめても次の職場でも同じ現象に

なるでしょう。

 

まず自分の10年後、20年後、30年後を考えて(じっくりとですよ)

本当に自分がやりたいことや家族のためにどの道がいいか

決めればいいのではないかと思います。

 

最初に建設業の道を選んだわけですから、一度は夢を描いていたわけです。

まず、その夢で102030年先を考えて見られては?

 

過去の関連ブログ 

会社の中間パイプ(直管)

>若手がこの業界に夢を持てない!

 

理由その1

>所長が管理側からぎゅーぎゅーやられているのに、それを見て
>いる若手は、いつかはあんな風になるのかと、思っちゃいます

 

どぼんさんからのコメントでありました。

 

これも大きな問題のひとつでしょう。

 

オイラの所長に対する気持ちの変化は、

新入社員時所長とは

仕事上何もかもお見通しなんだ!すごい = 尊敬

3,4年して所長とは

先を見通して、工事を終わらせる!すごい = 尊敬

5,6年して所長とは

何億円ものお金を使い、何千万円も儲けるすごい = 尊敬

の式が成り立っていました。

 

しかしお金の管理は会社。所長の権限はほとんど無し。

所長は会社の言いなりという会社が結構あるのではないでしょうか。

こんな所長を見ていても若者は尊敬という目で見れるものでしょうか?

 

オイラは組織的な会社の管理者側にはなったことがないけど、

今は中間のパイプ役がどうしても必要となっています。

 

これは課長・係長というわけではないのですが

若者同士の飲み会で出た裏話についても少し言葉を

やわらかくして、管理者に話が出来る人がその会社に

いるかが重要ではないかと思います。

 

昔みたいなワンマンな会社では社員にストレスが

たまってきます。

もちろん経営者・管理者においてもすぐとは行かないでも

若者の意見を取り入れて改善しなければなりません。

 

しかし若者の愚痴というのは人間関係が非常に多く、

簡単には改善できないことが多いと思います。

 

オイラも古い人間なので、

アルコールを充填しながら話をするようにしていました。

 

安全大会ということで1ヶ月に1度は下請けさんと事務所で

焼肉等を行っていましたが、これまたいいんです。

現場の良し悪しをはっきりといってくれるんです。

 

人間ですから言われなければ気づかないことが多分にあり

その気づかないことをどのようにして聞き入れ、考えて

いくことが今からの経営者の課題ではないでしょうか。

 

なにやらまじめなことばかりになってしまった。
月別記事
皆さんのコメント
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
QRコード
QRコード
もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
  • ライブドアブログ