もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

データ共有

yahoo マイボックス

インターネットの社会になり、「数年前までは○○○が有ったのに今はないの?」と、
数年前は最新の技術だなーと思っていたことが、古くなりそして消えていることがよくあります。
2006年。メールもまだ3MBぐらいしか送れない時代でした。その際少しでも大きなデータを送れ
保存できることで紹介していた”yahoo ブリーフケース”。オイラの以前の記事でも紹介していました。

いやー、懐かしいですわ。(笑)
で最近タブレット、スマホで使っているデータを共有できる”Dropbox”を便利に使っていますがこちらは
個人で使用して、会社では別なところでデータ管理したい。という人もいるだろう。
MicrosoftのSkydriveなどがこれから勢力を上げてくることかと思われますが、「初めてのところは怖い・・・」
と思われる方も多いかと。
で、おなじみのyahooも進化して「マイボックス」で、使いやすくなっていましたね。

image

ファイルをアップロードしてWebのフォルダーに登録することや、Dropboxのようにデスクトップ上に
ショートカットを作って普通のパソコン操作でデータを入れることもできます。
image
そして、”共有フォルダー”を使えば会社内でデータを共有することもできます。

そして驚くのは無料で50GBまで使えると。 使い方によれば現場データのBackUp場所にも使えますよね。

いいものがいくらでも無料で使える世の中なのですが、「知らなければ使えない」。もったいない世の中だ。

LAN HDDの活用

皆さんお仕事環境はよろしいでしょうか?
と、言っても本日は上司の問題を言っているものではありません。
もし上司のことや部下での問題はこちらで相談してください。(笑)

本日はPCのデータ整理の環境です。
数人でデータを共有しなければならないときにはネットワーク上で
一つのフォルダーを”共有”にすれば、各パソコンからそのフォルダーに
アクセス(見に行く)ことができます。
(事前にネットワークを設定してしておきます)

そのほか、LANタイプの外つけHDD(ハードディスク)を使えば他の
人のPCを起動していなくても、外つけHDDでデータを共有できます。

よく、現場にサポートで行ったときに、数人いても誰かのPCのフォルダ
と共有にしていますが、外付けのHDDの方がPCに無理がかからないので
スムーズにいきます。

そんなLANタイプのHDDの容量が一杯になってどうしよう?と悩まれている
方は一度試していただきたいことがあります。

     20081007736-.jpg

オイラはIO-DATAのLANHDDを使用していますが、250GBが一杯になり
上のUSBHDDを買い、LANHDDに接続しますとそれも共有になり
増設が完了します。

HDD増設-.jpg
このようにネットワークを見ると2つのフォルダーにはなりますが、皆さんで
共有できます。

今は1TB(約1テラバイト=1000GB)の大容量のHDDも発売されており、
データ保存が楽になってきました。

ちなみにLANHDDの中身を大容量に交換することにチャレンジしてみましたが
挫折してしまいました・・・・・(泣)

現場事務所にはLANタイプの外つけHDDをお勧めしますよ。

月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
QRコード
QRコード
もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
  • ライブドアブログ