もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

原因

土砂崩壊

お盆は雨とともに終わった・・・ という感じでしたね。

広島県全域で12日から雨足が強くなり15日の朝方まで続きましたが13日の朝が雨がひどくて、特別警報や避難勧告・川の氾濫があり14日晩まで続きました。


氾濫している地域の友達に援助がいるかと電話したら・・・

「水が迫ってきたから、親2人を車に積んで避難中だけど、水があふれて行き場を失っている」というよう緊迫な感じで、逃げれそうな道などのアドバイスをしたぐらいになってしまいました。


14日〜15日は地元消防団の自宅待機や巡回パトロールになりました。

他の消防団員が巡回中に異常なものを発見したのですが、

「道路のひび割れが大きくなって道路も段差ができている・・・」

と。

オイラもあとからその現場に行ったのですが、こんな感じでした。


image


(この写真は次の日、当日は夜で雨が降っていて撮影してませんでした。これより地割れが小さかったです)


誰もが不思議がるだけでしたが、オイラはこれを見て、

「地山が動いている。地すべりが起こっているから立入禁止にして」

と判断しました。

周辺を見ると濃い濁れ水が出ているところも見つけてまだ地山が動いている証拠も見えました。


次の朝ドローンを持っていって、全体を把握してみました。


image


image


ここも静岡県熱海と同じような山頂付近で、道路わきは大きな谷になっているところです。


この太陽光パネルも3年前の西日本豪雨災害後に設置されたもので、これが直接の原因なのかはわかりませんが、確実に水の流れは変わっています。

このように現状の地形を変えないのなら、パネルを設置しても排水計画をしなくても良いのですが、パネルを張ることでパネルの下には水が浸透しなくなり、水が浸透する面積が小さくなるのです。すると水はどこかに集中することになり低い方に流れ出すようになります。
すると1箇所に集中して、地山の亀裂 → 地下に浸透 → 崩壊 となります。


地形の変更が無いのなら宅地造成法では、排水計画をしなくても良いかもしれませんが、

水の流れが変わる = 再度排水計画 → 太陽光パネルを設置を許可
をしなければオイラは絶対ダメだと思っています。


自然エネルギーを使うのなら、災害を起こさないように。また公共工事でも水の流れを考えてない計画も時たまありますので、施工する会社も”水の流れがおかしい”と気づいたら、設計を変更してもらうことも大切です。


パソコンが動かなくなる要因

秋めいてきたというより、朝晩は寒くて上着を羽織らないといけなくなりましたね。

夏の暑さが続いていると・・・

「日本ってもう夏しか無いんじゃないの??」

と疑ってしまっていましたが、この夏から冬への季節変わりになると、

「日本の四季っていいな〜〜」と感じています。

でもこの”いいな〜”が危険で、仕事に没頭しているとアッという間に日時が過ぎて・・・ブログ更新が滞っていました。(先週末に知り合いから喝を入れられました)


では本日は趣味の話を。


image


「最近パソコンを買ったのですが、動かなくなることが多くどうにかしてもらえませんか?」

という相談があります。

で、本体を確認してみるとどれも記憶媒体がHDDもの。昔はHDDしかなくて通常のように稼働していましたが、最近のOS(Windows)は、プログラム容量が大きくて、HDD環境では厳しいとオイラは感じています。


このHDDモデルではWindowsが動かなくなる要因と思われることを列記してみます。


 1)Windows10のアップデートの容量が大きくインストールに時間を要する

   ーーWindowsのインストールには、CPU、メモリー、HDDの3つを使うので、パソコン

     をほとんど占領されてしまい動かなくなる。

 

 2)CPUの性能が低い

   −−CPU性能が低いものは、一つの仕事をしているとほかの作業ができなくなるので

     Windowsのアップデートやウィルスソフトが動いていると、CPUがほかの作業が

     できなくなりパソコンが固まったようになる


このあたりが新しいパソコンでも動かなくなる原因でしょう。


対処方法として

 1)記憶媒体は SSD(ソリッドステートドライブ)のPCを選ぶ

   (HDDをSSDに交換してもよい)

 2)CPU(PCの頭脳)性能を重たい仕事をしなくても、ワンランク上のものを選ぶ

    INTEL製なら Core i5 i7 i9

    AMD製なら  FX Ryzen 

   

  これを選ぶ理由は同時に作業できる性能が、4つ以上 であるため。これより下のものは2つしか同時作業ができないため、1つ、Windowsアップデート 2つ、ウィルス検索 をしていると本来のパソコン仕事ができなくなるのです。

  (ちなみにオイラのメインパソコンは Ryzen9で12同時作業が可能)

 3)ウィルスソフトが重たくない製品を選ぶ


   セキュリティーは完全に越したことはないのですが、重たいものは困ります。

   下記の写真はPCを起動した際のCPUの占用数です。


 名前で調べてもらえればわかりますが、オイラはこの製品は重たくてだいぶん昔に使うのをやめました。CPUの使用率が長時間にわたるのもこの製品の特長。


    image


でもノートパソコンはむやみに分解は避けたいものなので、少し高くてもSSDモデルを買う、買い替えて仕事の効率化することが、絶対利益につながると思います。

デジタル写真データの撮影日付と更新日付が相違 その2

最近年度末工期の現場が分散して、5月や7月末に完成する現場が増えてき感じがします。
オイラ的にはとても良い方向かな。また建設会社としても「職員の有効活用が出来る・・」ということも有るでしょうね。

で、本日は久々に電子納品ネタ。

デジタル写真のデータが撮影日付と更新日付の相違が起こってしまう

以前デジタル写真の更新日付が変わってしまい、写真管理ソフトで”確認・注意”が表示される原因について1つ書きましたが、追加原因をもう一つ。
以前の更新日付が変わる原因その1 記事

本日はデータの受け渡しの時に起こる写真のエラーを書きましょう。 ご参考にどうぞ。

CD−R、DVD−Rに書き込む方法として、
 1,ライディングソフトとを使用する方法
 2,Windowsの機能を使用して書き込む方法    が有ります。
今日は”2”の方法ではデータがどう変化するか見てみましょう。

まずマイコンピューターから DVD-RAM(CD-RAM)ドライブを選択し、写真データをドラッグアンドドロップし、CDに書き込む準備をします。
CD書き込み.jpg

書き込みを開始します。

CD書き込みウィザード.jpg → CD書き込みウィザード(書き込み).jpg

CD書き込みウィザード(完了).jpg

このようにCD−R(DVD-R)に書き込みが終わりました。
さて書き込む前のデータとCD−Rに書き込んだデータを見比べてみましょう。


元の写真データは、写真撮影日付と更新日付が同じななのですが・・・
元データ 写真元データ.jpg

  BlogPaint










CD-Rデータ

このように更新日付が変わってしまいました。
今の写真管理ソフトではこの更新日と撮影日付に相違が有った際に「なぜ相違が有ったのか?理由付けを書いてください」と表示されるものがあります。

特に協力会社から写真データを渡してもらう際にもきちんとパソコン使用方法を説明しておかないと、余計な業務が一つ増えてしまいます。

結論はデジカメからの写真取り込み・CD-Rに書き込みなどWindows のウィザードは使用しない事ですね。

メールが消える!?

みなさんはメールソフト、Outlook Express を使われていますか?
Windowsに当初から装備されているメールソフトですが、オイラはずっとこれを使っています。

しかし、ここ数年おかしな現象が起こっているので疑問・・・というより困っていました。
というのも、オイラは送信・受信したメールは何年も残しているのですが、2年ぐらい前より「送信箱」から送信したデータが数ヶ月分単位で消えてしまっていました。
「これはトロイの木馬系の仕業か・・・」とチェックをよくしていましたが他の原因があったようです。
(そんなこと知っているよ!とみんなに言われそうな・・)

時たま 「メールの最適化をしてください」と表示されるのですが、一つこれが原因のようでした。
原因その1
最適化されている時にパソコンがヒジー状態になったりするとメールファイル(.dbx)が壊れてしまう事があるそうです。
そのため最適化には事前にBackUpデータが作成されて、もしかの時にはゴミ箱から復旧出来るそうです。

原因その2(これは疑問ですが)
送信箱が2GBを超えると、データが消されていく・・・なんて記事もありました。確かにオイラの送信箱には数ヶ月分消されていてもまだ3GB超のファイルが詰まっていますからね。

何にせよ使い方を変えないとまずそうです。

対策その1
メーラーを他社の物にするか、Windows7に付いているLiveMailに変更するか。
対策その2
過去のメールデータを箱から取り除いて保管する。

何にせよ、知らないうちにデータが無くなっているのでびっくりします。
皆さん気をつけてください。

工程が遅れる

昨日は工事現場を訪問し、工事現場内を歩いてきました。

 

雨・雪が多くなるこの時期に盛土はあまり好ましくないものの、西日本

と云うこともあり、盛土作業においてもダンプが走ることが出来ていました。

 

続きを読む
月別記事
皆さんのコメント
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
QRコード
QRコード
もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
  • ライブドアブログ