もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

参議院選挙

参議院選挙 2010

多くは語らないが、本日は非常に疲れました。

早朝から晩まで、ず〜〜〜と投票所に居ました。

aDVC00203.jpg 

 aDVC00204.jpg

やらなきゃならない仕事があるというのに・・・・・、な〜んにもしないまま一日が終わってしまいました。
でもこれも大切な事なんですけれどね。

皆さん、投票に行かれましたか?

もう夏ですね

今朝事務所内をちょっと見渡してみると、ありゃ!?カレンダーがまだ6月でした。
先週は日にちを気にする仕事をしていなかったせいか、もう7月に成った言う実感がしていませんでした。

7月と言えば・・・・・・  おお、子供たちは夏休みになってしまう月では有りませんか。

何かと週末が忙しくなる2ヶ月ですが、とりあえず来週の7/11は「参議院選挙」。

いつも必ず投票には行っていますが、今年の場合は・・・・・朝から夜までずっと投票所にいなければ成りません。(泣)
辛いんだよね〜これって。じ〜としておくことが出来ないオイラにとっては地獄です。

もう夏なんですよね。

説明責任って?

昨日久間防衛相が問題発言をしたということで、辞任する過程で
オイラは「なんでこうなるの?」と思いました。

いきなり政治問題を話すような技量はオイラにはありませんが
このたびの辞任は何故起こったのかが疑問です。
勃発は「長崎に原爆が落とされて戦争が終わったことはしょうがなかったと
思っている」発言です。
ここで閣僚の発言として失敗だったことはお分かりの通りですが
辞任した理由。
「参議院選挙に影響を及ぼすことになりそうなので辞任した」

なんだ? こんな説明は国民には必要に思っていないよ!
とオイラは思った。
この問題発言にはいろんな意味の取り方がありますがオイラは
原爆を落とされ現実の光景を目の当たりにした人がこの言葉を聴いて
どう、思ったか考えれば、
「不適切な発言で○○○○○には申し訳・・・・・・・」
で良いのではと思います。

結論を云うと、問題と回答が違っていることである。

これはあるところで有った話ですが、市内の学校の実力試験が
有ったわけですが、そこの先生は自分の学校の学力レベルを上げる
ために、子供の解答を改ざんし、点数を上げていた事件がありました。

問題が明るみに出てきて、教育委員会としては市民に説明をしなくては
成らない!所まで着ました。
さて、そのときの教育委員会の対応です。
そこの生徒の保護者を集めて
「本日実力テストの改ざんした事をマスコミ関係者を呼んで陳謝しました」
と、いう答弁でした。

まてよ!! 誰に謝らなければいけないのか、わかっているのかい!

そう、教育委員会にとって一番恐ろしいのは、マスコミなのです。
だから一番にマスコミに陳謝するのです。
説明責任とよく言われていますが、誰にでも説明するのではなく、本当の
関係者にきちんと説明するところから始めるのがすじではないでしょうか?

どこかで以前話がありましたが、公共工事の顧客は誰か?

説明責任が厳しく、公共工事の施工プロセスも大変になりましたよね。

月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
QRコード
QRコード
もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
  • ライブドアブログ