朝起きて外を見ると、今朝は今季初めての霜が降りていました。

冬が近づいたな〜と思える朝です。

雪が降る地域での建設業社にとっては、大変な季節ともいえますね。

先日こんな記事が新聞で書かれていました。

『土建業不振、除雪対策に苦慮』

中国新聞 11/9の記事です。

今までは地域にある建設業者に除雪機械となる機械を持っていましたが
公共工事の激減、低入札の傾向で除雪に使用していた機械でさえ売って
しまったというお話です。

業者としては 「除雪作業はいたしません!」  と今の除雪作業業務を
受注しなければ済むこと?なのですが、一番困るのが、道路管理者である
市町村・国であることは確かです。

しかし、機械が無いのに除雪業務をするように! と半強制的に仕事を
出すこともあるのではないでしょうかね?

以前のオイラの関連記事です。

早急な単価見直しをしなければ”雪の中に埋もれる町”が続出するでしょう。