もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

設計照査

設計図書の照査は必要か?

毎年この時期になれば悩んでしまう、公共工事における照査のこと。

発注図面があっても、それを作る際にはきちんと照査(チェック)をしたのちに、施工しましょうという、ということになっています。

確かに、構造物を作ってしまってから「間違っていました!」となってはいけませんからね。

設計段階では木々が密集しているところや、掘ってみなければわからない土質など、施工が始まらないと、きちんとした設計図が引けない時もあります。このような場合、「契約書第18条(条件変更)」に基づいて請負者と発注者の間で変更契約手続きが行われることとなっています。

?「設計図書と工事現場の不一致、設計図書の誤診又は脱漏、予期し得ない施工条件等が認められた場合。」
?「発注者の意図による事情変更により設計図書が変更又は訂正された場合」

について、必要に応じ工期又は請負代金額を変更する必要があります。

このために請負者には「設計図書の照査」が義務付けられています。
しかし、この照査とは請負業者がどこまでするものなのか? また受け負け状態で発注者の言われるがままになっていることが無いか?
この照査が始まりだして、よく受発注者の相違があって、トラブルがあったことも記憶にあります。

以前にこんな話がありました。
「この橋梁の設計がおかしいから、施工請負業者の方で、もう一度設計をやり直してくれ!」
など、平気で言っている発注者もあったほどです。
ちょっと、橋の設計などは、生半端な知恵では出来そうもありませんよね。(笑)

しかし、照査をして、もう一度発注者の方で設計をやり変えてもらっては、工期が押し詰まってにっちもさっちも行かなくなることが多分にあり、現場代理人さんの考えににもよりますが、「協議書」にして自社による設計変更を申し立てる方が、スムーズにいくこともあります。

オイラはどっちかっていうと、後者を選び、工事を進める方を優先したつもりでしたね。

オイラのブログへ「照査」を探してきてくださる方が日に何人かいますが、あまり参考になることは書いていませんけれどね。(笑)

はっきりと設計照査のガイドラインを作られている行政もありますので参考にリンクをつけておきます。

「設計図書の照査ガイドライン」  (平成17年3月改正版) 中部地方整備局 技術管理課 

現場を把握するには?

リアルなお話。

「工事を受注しました!」
(いや、オイラが受注したわけではありませんよ(笑))

では現場の方は何から手をつければいいの??

と、工事を受注して担当者に受け渡された時に感じることではないでしょうか。

設計図書(図面)・設計数量・現場説明事項・・・・等を”どっど〜ん”と営業・会社
から預けられてうれしいやら、何をすればいいのかと。

よく、「設計図書をしっかりと把握すること!」
と言われています。  もちろんそうですが、その前にやっておかなければ
いけないこと。

工事現場を歩いてみること ですかね。(当り前か・・・)

その次は設計書の製本及び図面が確認できるように印刷すること!

と、オイラは感じています。(これも当り前か・・・・)

しかし、きちんと製本などをしておかないと、見にくいまま図面を見ている人が
います。
工事を受注してA1図面をそのまま使っている人や、CAD図面でも線幅が適正で
ないものを印刷してみている人など、非常に能率が悪いですよね。

横断図がたくさんある場合は、確認しやすいA3サイズで印刷し、綴じて見るとか
平面図ならA1で確認しやすいものに印刷する。連続している場合は、貼り付け
をしてでも、確認できるようにすることも大切ですね。
    s-20080827495.jpg(平面図貼り付け例)

それともうひとつ。
この工事で行うところは”色付け”をするにあたり、旗揚げ(設計延長)と
地物位置が確認できたところを色付け
をして、未確定な旗揚げは詳細を調べる。

ここまでやれば工事現場の全体像が見えてくると思われます。

「一番最初に施工計画書を作らなければ・・・・」と言われますが、現場を把握
していないのに書けませんよね(笑)

いろんな現場があるから、当てはまらないこともありますが、図面と現場を確認
する時間は惜しまない方が賢明ですね。


設計照査の提出

最近設計照査の提出方法に変化が起こっています。

以前は
○○○の設計図書がおかしいので再度確認をお願いします。

と協議すればよかったのですが、だんだんとエスカレートして行き

○○○の設計図書がおかしいので当社としてこの様に施工をします。

と、きっちりと設計をやり直して協議書を作らなくては成らないところが
増えています。しかし業者によっては始めっからこの様に提出していた
といわれる人もいると思います。発注者に協議した後、もう一度コンサルタント
会社に設計を注文し、修正図面が帰ってきていたら、大幅に工程が
遅れる恐れがあるからです。

でもこのたびの発注者からの注文は厳しかったですよ。
この工事での問題点をすべて照査し、対策もすべて列記して工事開始前に
提出しなさい!
との事です。もちろんCAD図面の修正もです。

たしかに!発注者が言うことはもっともである。この工事で何がいけないか
スタート時点できっちりと照査しておかないと手戻りに成りかねないのです。

でもね、工事は早くスタートしたいのは代理人として当たり前ですよね。

技術継承の土壌

昨日書いた建設技術の継承であるが

以前書いた“若い子が勉強不足なのか?”と同じことかなと

今日になって感じて(にぶいなオイラは)書くことにしました。

 

以前は部下を教える名将が少なくなったのでは と問題を提起

していましたが、このたびは部下を育てる土壌を考えて見たいと思います。

昨日お客さんの現場から

「工事の照査が間に合わなくなる予感がするので、施工屋

さん(オイラ)の立場で排水関係の再計画を行ってもらいたい。」との依頼が来ました。その現場場は道路改良工事であり

測量や施工管理に追われ、職員4人でも厳しい現場と思いました。

 

その所長は以前から良く知っている人で、「若い子に設計の

チャンスを与えてみては?」

とオイラは所長に話してみました。

すると「ダメ。能力無いもん。それに他の業務で多分手一杯

に成っているから。それと失敗の責任は私に来るのだから」

 

うむ。確かに。今の現場の状況をしっかり把握していないから

はっきりは分からないけど今を乗り切るためには外注したほうが

確実に排水計画図面は出来るでしょう。でも排水の設計を

しなければならないチャンスも今しか無いのです。

 

その所長は40歳前ですが照査・設計もすべて出来る人です。

しかしお金・発注者との摂政(ここの発注者は監理技術者

でないと技術面の打合せをしてくれません)・全体の管理を

しているため自分では出来ないのです。

 

何事も本気になったときに技術力が一番身に付くものです。

このチャンスを逃すとこの先いつ計画業務があるか分からないものです。

少しハードルが高くてもチャレンジさせてみる方が先々では

会社のため、いや個人のためになるのではと感じます。

 

実はオイラも忙しい設計変更時期に部下に構造計算をずっと

(2週間ぐらいですかね)やらせたことがあります。

これはハードルが非常に高すぎ失敗しました。

(床版の設計で配筋図から応力計算の協議書。時間が掛かり

過ぎて設計変更が大変になりました)

しかし本人には難しいことにチャレンジしたことが自信に成ったようです。

 

 

早くから技術をしっかりとつなげる土壌を作っておかなければ

種をまくことが事は出来ません。

種をまいてもすぐには芽を出すものでもありません。

また肥料をやりすぎても途中で枯れてしまう。

もちろん種ごとに肥料は違っているので良く見極めて使い

分けなければ成りません。

 

まず次につなげる土壌作りが大切なのではとオイラは感じてます。

月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
QRコード
QRコード
もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
  • ライブドアブログ