もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

電気柵

田んぼの管理

連休明け、仕事をバンバンに入れていましたが、週末の雨のせいで、内業を2日間行いましたが、事務所にいますとご近所さんが・・

「もぐらさん今日は事務所にいるんですね。パソコンをちょっと見て!」「地域の行事予定は・・・」などと別なお仕事もやってきまして本業が、そっちのけになってしまいます。でも ”頭の切り替え” ということで長い目で見た際には体調管理にも必要なことですね。


ということで農業もやっておりまして、今朝は田んぼの草刈りをして、これから2現場の測量に出かけてきます。


”草刈り” といいますと皆さんは長くなった草を想像されるかもしれませんが、田んぼを作っている際の草刈りは小さな草から刈らないといけないのです。


原因は・・・ イノシシ!!


昔はイノシシなど田んぼに出てくることは稀だったのですが、いまではこのように電気柵や金網を田んぼの周辺に張っておかないと田んぼ内を荒らして、田植えをしたのも台無しです。


image


このように支柱(オレンジ色の棒)に黒のガイシを取り付けて配線をします。そして我が家では夜間のみこれに電気を通すのですが、この線に草が当たると電気柵に使う電池があっという間になくなってしまうのです。(アースになってしまいますので)


image


そこでいつもこの電気柵の下だけは草刈りか除草剤を散布して線に草が当たらないようにしなければならないのです。


じゃ、草刈り機で・・・と思われますが、通常の草刈り機ではちょっとミスをすると、このオレンジ色のポールも切り倒してしまうんですよね。(苦笑)


そこでオイラはこれを使っています。


image


充電式ポールヘッジトリマ 


高枝や垣根の高いところの枝を刈り取るものですが、このようにヘッドが自由に角度をつけれますので、線の下にヘッドをおいて歩くだけで草が刈れます。そしてポールにあたっても切れないのですよね。

100mぐらいの草刈りも15分ぐらいですかね。ちょっと仕事の前に草刈りを・・・(田舎の人しかしないか)にも便利です。


これからが草との戦いは本番。でも今後は、草刈らないようにイノシシを狩るようにしてみるかな。(笑)

電気柵+α

ついにやってきました、いのししくん。我家の畑を荒らしてくれました。
好物の芋類を早速荒らしてくれまして、毎年お歳暮に使っている”山の芋”の収穫が危ぶまれています。

実はホンの数百メートル離れたところには出没していたのですが、こっちまでは来ていなかったので、「よしよしいい子だ、こっちに近づくなよ!」と思っていましたがダメでした。

急きょこんな施設を設置することに。
  電気柵.jpg
電気柵

畑をぐるりと回しています。
ホームセンターで売っているものですが、結構高いんですよね。(今回数十万円分を購入)
「これを買うぐらいなら今年の作物はあきらめようや!収穫するお金にすると割が合わん!」
と云う言葉に
「獣に負けたとあっては百姓の名がすたれる!」

こんなことで全面闘争の構えとなってしまった訳です。
ちなみにこれを触る勇気はオイラには有りません。(笑)


話は変わり、昨日息子3号が自転車でしまなみ海道を渡りながら四国に向かいました。
今年は付添い人としてブロガーが着いて言ってくれていますので、逐次写真をアップしてくれています。
良ければどんな風に向かっているか見てください。

からくさブログ   (全身からくさタイツを着た”からくさマン”のブログです)

月別記事
皆さんのコメント
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
QRコード
QRコード
もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
  • ライブドアブログ